ベトナム料理ってひとつごとの量が少ないので、ちょこちょこ食べ歩いたりするのが楽しい。どれも、さっぱりしているけれど、豊かな風味があって安心できるし、なんといっても「何を食べてもやたらとうまい」というのはベトナムだけな気がする。

だいたいはちょっと外れたりすることもあるのだけど、ベトナムではそれがないんだよなあ・・。運がいいとかいう話とはまた別に質が高いのだと思っている。

ということで、ハノイの屋台で食べてきたもの紹介。裏通りを歩いていると、本当にちょっとした街角に椅子を並べて商売しているところがあるのだが、これがまた美味しい店だったりするんだよな。やたらと食べてしまった。

ハノイ大聖堂の周りにも屋台が多い
フォー
フォー

僕のなかでは、鶏はホーチミン・シティで牛肉はハノイというイメージがあったのだが、僕が食べたのは鶏の方。

牛肉を切らしていたとかなんとかで食べられなかった。手早くささっと作られて出てくるので、ちょっと朝食に食べるにはすごくいい。

少し酸味のあるスープもまた格別。日本にもこういう手軽に少し食べられるフォーのスタンドとかあればいいのにって思ったりする。

ベトナム式のお粥
屋台でごはんを楽しむ

中華料理の影響を感じさせるお粥。

日本みたいに、お米の粒がはっきりしているのではなく、お米を溶いたスープがメインになっているので、舌触りがなめらか。

上に中華料理で見かける揚げパンみたいなのと、さきいか?みたいなものがアクセントにのっていて、これがよくあう。

ほんと、ちょっとした街角で作っているだけなのにこんなに美味いとは。

ハノイ式レモンティー

大聖堂の前の交差点にあるカフェで飲んだレモンティー。

お店の外の通りに椅子を並べていて、若い子たちがレモンティー飲みながら時間をつぶしている。

さっぱりした風味が湿気のあるねっとりとした暑い空気を和らげてくれる。

エアコンなんかなくても、こういうのを飲んだりして涼んでいると、なんだかわくわくしてくる。

ブンチャー

ハノイといえばこれ!っていうくらい好きな料理。

ベトナム式のつけ麺料理で、米麺をちょっと甘辛い濃いめのつけダレにいれて食べる。店先では炭火で豚バラ肉をあぶっていて、タレにそえられてくるのだが、これがまたちょっと甘辛く味付けされていて美味しい。

炭火であぶられた風味がタレにあって香ばしい感じなのもまた好き。ハノイならば、フォーよりもブンチャーを食べる方が美味しい店にあたる確率が高いかも。そして、ハノイならではの料理なのでおすすめ。

保存

Related Post

台湾最大の夜市な花園夜市に行ってきた... 台湾で夜市は前もっての期待と実際の落胆のはざまで揺れ動くことになるから、あまり積極的に行かないのだが、新農街ですっかり楽しくなっちゃってたし、台湾最大級の規模だときいたのでちょっくら行ってみることに。 新農街からは3〜4キロは離れていてタクシーを利用。 新農街でタクシーを拾うのはちょっと...
金峰魯肉飯で朝から魯肉飯 台北週末旅の最終日、というか二日目。朝食に悩んでいたのだが、ホテルからそれほど離れてなかったので、金峰魯肉飯に行ってみることにした。ひさびさの訪問なのだが、ここの魯肉飯は本当に美味しい。 過去の訪問:金峰魯肉飯は魯肉飯的世界の最高峰 金峰魯肉飯へのアクセス MRT中正記念堂駅のすぐ...
長白小館の酸菜白肉鍋は台北に来ないと食べられない味... 台湾らしい料理といえば、小籠包とか最近では現代的な料理も増えてきているけれど、旅情があるなあって思うのは鍋料理。地元の人が集まるような蛍光灯の光の店内でわいわいと食べるのが楽しい。そして美味しい。 旅の同行者は僕以上に辛いものが苦手なので、それじゃあと行ってみたのは長白小館。週末の土曜日に予約...
ベンタイン市場に行ってきた 入口 ホーチミン シティの中心であり、バスターミナルもあるのでこの街を旅するものであれば誰でも一度は来るんじゃないかというところ。 観光客向けだけでなく、いろいろなものがあるので、客引きをあしらえる気持ちがあれば是非ともうろうろしてみて欲しい。 腕つかまれるほどの客引きはちょっと...
昭和軒(信濃大町)のソースかつ丼を食べる... 呑み歩きでさんざん日本酒を飲んだあとの夕食。去年は、わちがいの古民家のお座敷でちょっと優雅な食事だったのだけど、どうやらちょっと閉店間際だったみたいでちょっと心苦しいなってところもあり、今年は別のところで。 信濃大町の駅からもほど近くて、呑み歩きの市野屋商店(金蘭黒部)からも近い昭和軒という古...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です