ベトナム料理ってひとつごとの量が少ないので、ちょこちょこ食べ歩いたりするのが楽しい。どれも、さっぱりしているけれど、豊かな風味があって安心できるし、なんといっても「何を食べてもやたらとうまい」というのはベトナムだけな気がする。

だいたいはちょっと外れたりすることもあるのだけど、ベトナムではそれがないんだよなあ・・。運がいいとかいう話とはまた別に質が高いのだと思っている。

ということで、ハノイの屋台で食べてきたもの紹介。裏通りを歩いていると、本当にちょっとした街角に椅子を並べて商売しているところがあるのだが、これがまた美味しい店だったりするんだよな。やたらと食べてしまった。

ハノイ大聖堂の周りにも屋台が多い
フォー
フォー

僕のなかでは、鶏はホーチミン・シティで牛肉はハノイというイメージがあったのだが、僕が食べたのは鶏の方。

牛肉を切らしていたとかなんとかで食べられなかった。手早くささっと作られて出てくるので、ちょっと朝食に食べるにはすごくいい。

少し酸味のあるスープもまた格別。日本にもこういう手軽に少し食べられるフォーのスタンドとかあればいいのにって思ったりする。

ベトナム式のお粥
屋台でごはんを楽しむ

中華料理の影響を感じさせるお粥。

日本みたいに、お米の粒がはっきりしているのではなく、お米を溶いたスープがメインになっているので、舌触りがなめらか。

上に中華料理で見かける揚げパンみたいなのと、さきいか?みたいなものがアクセントにのっていて、これがよくあう。

ほんと、ちょっとした街角で作っているだけなのにこんなに美味いとは。

ハノイ式レモンティー

大聖堂の前の交差点にあるカフェで飲んだレモンティー。

お店の外の通りに椅子を並べていて、若い子たちがレモンティー飲みながら時間をつぶしている。

さっぱりした風味が湿気のあるねっとりとした暑い空気を和らげてくれる。

エアコンなんかなくても、こういうのを飲んだりして涼んでいると、なんだかわくわくしてくる。

ブンチャー

ハノイといえばこれ!っていうくらい好きな料理。

ベトナム式のつけ麺料理で、米麺をちょっと甘辛い濃いめのつけダレにいれて食べる。店先では炭火で豚バラ肉をあぶっていて、タレにそえられてくるのだが、これがまたちょっと甘辛く味付けされていて美味しい。

炭火であぶられた風味がタレにあって香ばしい感じなのもまた好き。ハノイならば、フォーよりもブンチャーを食べる方が美味しい店にあたる確率が高いかも。そして、ハノイならではの料理なのでおすすめ。

保存

Related Post

金峰魯肉飯で朝食のつづきを食べる 早朝に起きて阜杭豆漿で朝食を食べたこともあり、台北の朝はまだ7時半くらい。7月の台北では、そろそろ暑くなってくる時間だけど天気もいいし、気持ちがいい日曜日の朝だ。 というところで、旅の同行者から「台湾といえば魯肉飯が有名だけど、まだ食べていない」といわれたこともあり、腹ごなしの散歩をしながら金...
台北の度小月にも行ってみた お店の外観 永康街を歩いていたら度小月に遭遇。ちょうど小腹も空いていたので立ち寄ってみた。 店内は台南で行った本店にそっくり。全体的にアンティーク調なインテリア、入口に担仔麺を作るところがあるところとか共通している。結構高級そうな雰囲気なのに、出てくる料理が手頃なのがいい。 とい...
歴史を感じる台北純喫茶の「蜂大珈琲」... 西門での街歩きで一休みするのにオススメのカフェというか喫茶店。 お店の雰囲気は日本風にいえば「昭和なノスタルジー」な感じ。1956年創業で、きちんと本格的なコーヒーをいただけます。 おすすめとしては、地元ならではの台湾珈琲。ちょっと濃いめで酸味を感じるうまさ。 台湾...
【閉店】ナーンベー サブローのカオソイは値段なり... どうもクチコミで人気なカオソイのお店があったので行ってみた。場所は旧市街から少し離れたワット・ビスンナラートの目の前。 ラオスのカオソイはタイのものとは名前は一緒だけれど全然違うもので、たっぷりとした野菜がつけ合わされてくるところとか、透明なスープとかベトナムのフォーみたいな感じがする。 ...
饒河街観光夜市は面白かった 以前に行った士林夜市はいまいちだったのだが、ほかにやることもないのと「銀河観光夜市は面白いから行ってみ」という友人の提案もあり、ちょっと行ってみた。 MRT後山埤駅で降りて、五分埔を通り抜けながらのんびりとアクセス。20:00前くらいかなあ・・に着いたのだけど、週末だったこともありすっかりお祭...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください