ルアンパバンへの旅のついでにトランジットでハノイをちょこっと旅してきた。

朝について深夜に出発するようなスケジュールなので、本当にちょこっとした旅だったのだが、ひさびさのハノイはホーチミン・シティに比べて落ち着いたいい街だなあというところ。

ただし、空港から街までは遠いのが難点。そして、ノイバイ空港は入国も出国も混雑がかなりひどい。出国の際にはオンラインチェックインをしておかないと、ひどく待たされると思う。

大混雑のノイバイ空港
中国旧正月の休みであちこち国旗が掲げられていた
ラグジュアリーホテル

ノイバイ空港でSIMカードを手に入れて、ハノイの街中へタクシーにて移動。1時間くらいかかるんだよなあ・・。

宿泊したのはラグジュアリーホテルという名前のホテル。クラス的にはバジェットホテルの類いだが、ホスピタリティは高級ホテルにも劣らないものだった。しかしまあ、名前はすごい。

午前中の到着だったので部屋に入ることができず、近くのホアンキエム湖へと散歩。途中で屋台料理をつまんでみたりしたが、ハノイは美味しい屋台料理が結構あって、いろいろ目移りしてしまう。ひさびさにベトナムでフォーを食べたけれど、やはり本場のが美味しい。

屋台でごはんを楽しむ
ハノイ式レモンティー
ハノイ大聖堂の周りにも屋台が多い

ハノイ大聖堂近くの路上カフェでのんびり一休みして、ホアンキエム湖へ。湖を半周くらいまわってみたけれど、中国の旧正月休みのせいか休日を楽しむ人が多く出てきていて賑わっていた。

日本でいうと日比谷公園と千鳥ヶ淵があわさったような感じだろうか。

ランチにはホイアン名物料理のチキンライスを出しているCOMGA Café & Barにて。シンプルながらもハーブがいいアクセントになった料理はシンガポールのものよりも好きだなって思う。

ホイアン式チキンライスのコムガー
ホアンキエム湖
Chả Cá Lã Vọng(チャーカーラボン)の偽物レストラン

部屋でひと休みしていたら、すっかり夕方近くになる。1日のトランジット旅行で部屋を確保するのもどうかと思っていたのだが、横になって休んだりできるスペースがあるのはやはり楽ちん。料金も安かったしとっておいてよかった。

夕食にはChả Cá Lã Vọng(チャーカーラボン)の魚料理を食べに行こうとしたら、まさかの偽物のレストランに遭遇してしまった。食べているときは、ずいぶん寂れた不思議な雰囲気のレストランだと思っていたのだが、まさか偽物だったとはね。写真で店名確認して気づくレベル。そして、偽物レストランなのに料理は美味しいという。本物はどれだけ美味しいのかってすごい気になってくる。

太陽が沈む夕暮れ時にはふたたびホアンキエム湖へ。湖をのぞむところにあるHighlands Coffeeのテラス席でベトナムコーヒーを飲んで過ごしていた。広場になっているロータリーを見渡すことができるのだけど、ハノイの街の勢いと、生活感を感じさせる風景はいつまで見ていても飽きることがない。

また、しばらくして訪れるハノイは違う風景になっているのかなって思ったりするのだが、今度はもっとのんびりと訪れたいところだなと思った。

この旅の記録:ハノイ トランジット旅 2015年2月

保存

Related Post

マレーシア、ペナンで過ごす休日旅 羽田-クアラルンプールはエアアジア。クワイエットゾーンは空いていた。 エアアジアのセールでマレーシアまで激安のチケットがあったので、ちょっと休日を過ごしにマレーシアまで。 とくに予定をなにも考えていなくて、ペナンに行くことも直前に決めたこの旅。 なんだか行き当たりばったりで、旅を...
COMGA Café & Bar(コムガー カフェ)で食べるベトナム風チキンライス... コムガーというベトナム中部(ダナンとかホイアン)で食べられているベトナム風チキンライスが美味しいお店。 ここのチキンライスはハノイのランチ〜ディナーでおすすめできる。本当においしい。お店の雰囲気もおしゃれで面白い。すぐ外では屋台料理のお店があって、このレストランとの境界線があいまいなので座ると...
ルアンパバンお寺巡り ルアンパバンの観光となると、朝の托鉢がおわれば自転車を借りて市内のお寺を巡ってみるのがいいと思う。なにせ80あまりもあるので、名前を覚えきれないくらいたくさんある。 王宮 寺院によっては、僧侶と結構気さくに話せたりするところもあったり、雰囲気も異なるので、自分が好きだなって思う場所を探...
薩摩温泉めぐりの旅 ジェットスターで鹿児島まで 2016年のゴールデンウィークは久々の薩摩への旅。直前には熊本で地震もあったけれど、鹿児島市内をふくめて南九州はとくに被害もなく普通に旅を楽しむことができた。 地震は厄介な災害だし、その被害が直撃したところは大変ではあるけれど、周辺では普通の生活が続いている...
雨の九分は美しい もう来ることはないだろうなあと思っていた九分へふたたび行くことになった。同行者たちの強い希望により行くことになったわけです。 地下鉄で忠孝復興駅に行って九分行きのバス乗り場へ。しかし、今回は人数多いし最初はタクシーに分乗しようかと思って交渉していたのだが、丁度いいタイミングでバスがやってきたの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください