日本にオープンすると知ってから、そして清澄白河!というところから気になっていたブルーボトル。オープン時の喧噪もそろそろ落ち着いたんじゃないだろうかと訪れてみることにした。

はじめて行ってみたのは平日の朝イチ。つぎに訪れたのは休日のやはり朝イチ。朝の時間帯だと、曜日に関わらずお店はのんびりとしていて、心配していた混雑もなく、のんびりとコーヒーを楽しむことができた。

清澄白河の駅からだとのんびり歩いて10分くらいといったところか。近くにはコインパーキングもたくさんあるので、クルマで来てもいいと思う。

まわりは普通の住宅地というか、下町っぽいところで、よくいえば落ち着いた下町っていう感じ。店内はなにかの工場をほぼ居抜きでつかっているのか開放感がある。座席はスツールっぽいものがあって、コーヒーを気軽に楽しむというスタイル。

ブレンドとシングルオリジンから選べるのだけど、とりあえずはシングルオリジンのホットコーヒーで面白さを味わってみるのがおすすめ。ブルーボトルでは普通のホットコーヒーの面白さを味わうところじゃないかなって思う。

コーヒー自体は、いままで飲んできたものとはまったく違う感じ。酸味がつよくて、時間が経つとさらに増すので、さらっと飲んだ方がいいと思う。浅煎りの豆をさっと淹れているせいなのか独特の風合いがある。豆自体にはそんな特徴があるわけではなく、買ってきたものを家で淹れたら普通のコーヒーだったので、淹れ方に違いがあるのだろうな。

このコーヒー自体には賛否両論あると思うが、僕はこれはこれでありだと思う。コーヒーを一杯ずつハンドドリップでいれるというストーリーとか店員さんとのコミュニケーションとか、さっと朝の一杯を楽しめるところとか、いろんなスタイルがあっていいと思うので。

ブルーボトルには日本で成功してもらって、新しいスタイルをいれてほしいなというところ。僕は近くにあれば通うと思う。

ブルーボトルコーヒー 清澄白河
住所:東京都江東区平野 1-4-8
時間:8:00 – 19:00

保存

Related Post

【閉店】クリスマスのCafe Junkies、地下鉄が開通してアクセスが便利に!... 台北でもっともお気に入りのカフェのひとつであるCafe Junkiesにふたたび。(前回の訪問、その前の訪問) 2014年11月に台北のMRT新線(松山線)が開通して、その台北小巨蛋站(Taipei Arena Station)から歩いてほんの数分の位置にあるので、地下鉄開通に伴ってアクセスが...
凰商號でパイナップルざんまい 台南で台湾産の質の高いパイナップルをつかったスイーツやお茶を楽しめるお店。暑い昼下がりにいくのがおすすめ。生き返る爽やかな甘みはいま思い出してもじわじわと幸せな気分になるくらい。 凰商號へのアクセス 杏本善と同様に正興街のすぐ側の西門市場にはいっている。杏本善からもすぐそばのところ。休日...
にゃおしま cat cafe と直島の猫たち 直島の本村地区で南寺をみるために整理券をもらったのだが、待ち時間をつぶすために近くにあった雰囲気のいい古民家カフェに入ってみたら、それが猫カフェだった。 店内は普通の民家のダイニング部分をカフェにしたような感じでかなりアットホーム。猫たちは間仕切りされたリビングエリアにいて、彼らとたわむれるた...
広尾のMAX BRENNER CHOCOLATE BARに甘くないランチが登場していた... ひさびさの広尾のマックスブレナー行ってみたら、甘くないランチが登場していた。しかし、甘いものあってのマックスブレナー。両方楽しんでみた。 アクセス 広尾駅から20秒くらい。明治屋が入っているのと同じ建物にあり、広尾まで来ればアクセスは簡単。とはいえ、広尾という街自体がちょっとマイナーとい...
茶湯會 Teapateaで手軽に中国茶 台湾の人ってよく大きめの容器に入ったお茶を飲んでいるイメージがあって、あれいいなと思っていたのです。で、福州胡椒餅を買ってホテルへの帰り道にちょっとシックな雰囲気のお茶スタンド的なものがあったので買ってみた。 あとで知ったのだが春水堂の系列で、ここはなんていうか廉価版でカジュアルスタイルといっ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください