ニュージーランドからやってきたコーヒー豆の焙煎をふくめたアンテナショップ的な存在。ニュージーランドつながりでいうと神楽坂のMojo Coffeeを思い出すのだが、こちらのオールプレスも食事含めてバリスタが丁寧にいれたエスプレッソとか美しいデザインがかかれたフラットホワイトを飲むことができる。

ブルーボトルアライズ コーヒーとはまた異なるエスプレッソマシンを使ったラテなんかが美味しいのが特徴。材木倉庫を改造した店舗も開放感があっていい。清澄白河の町はすっかりカフェ文化が根付いたんだなあって思う。

ここでは、ちょっと値段は高いけれど朝食を食べるのがおすすめ。

ミックスプレートは質の高い野菜とチーズが出てくるのでオープンサンドみたいな食べ方でいただける。グラノーラもあるのだが、ミックスプレートの方がまだ料金体系的にマシだと思う。食事は高いのだが、コーヒー含めて考えるとやはり美味しい。

コーヒーに関してはここではニュージーランドスタイルなフラットホワイトがおすすめ。

表面のデザインも美しい、ラテとも違うキメの細やかなコーヒーは抜群に美味しい。ブルーボトルやアライズ コーヒーと比べると店内の席数がちょっと少ないのだけど、賑わっているのはオールプレスだったかも。カジュアルに気取らずコーヒーを楽しむというのはこのお店ならではの雰囲気かなあって思う。

オールプレス エスプレッソ(ALLPRESS ROASTERY & CAFE TOKYO)
住所:東京都江東区平野3-7-2
時間:8:00-17:00(月〜金)、9:00-18:00(土,日,祝)
休み:なし

 

Related Post

阿憨鹹粥にふたたび行ってきた 魚のお粥ってなんだよって思いつつ訪れてみて、はじめて食べたサバヒーのお粥の美味しさに感動した前回。ちょっと旧市街から離れていることもあり、遠いなあと思うところはある。でも、街中で阿堂鹹粥に行って食べるよりこっちの阿憨鹹粥で食べるお粥の方が美味しいのは事実としてある。早朝のお粥を楽しみにふたたび訪れる...
In Love Bar & Restaurantは地元向けThe Deckという感じ... The Deckがロケーション含めて高級版とするならば、このIn Loveはそれをスケールダウンして、すっかりカジュアルにした「地元向け」という感じ。 見えるロケーションもワットアルンじゃなくて、ラーマ8世橋だし。 しかし、このレストランはそのネーミングのかっこ悪さをのぞけば本物で美味し...
Seiffener Tippel(ザイフェナー ティッペル)で本場のバームクーヘンを発見... 山小屋な外観 阿蘇をドライブしているときに「バームクーヘン」という文字につられて立ち寄ったお店。そう、僕はバームクーヘンが大好きなのです。 お店はなんていうかかわいいヨーロッパの家という感じで阿蘇にこれは・・と思わなくもないけれど、なかにはいってみるとかなりドイツっぽい感じに作られてい...
「Sunset Coffee (サンセットコーヒー)」テイクアウト専門のコーヒースタンド。... 自由が丘の駅周辺にあるカフェで、Alpha Beta Coffee Clubよりもカジュアルで肩ひじ張らず良質なコーヒーを楽しめるお店。 カフェというよりコーヒースタンドなのだが、お店の前にはベンチがあり、路地をはさんだところにもベンチがあるので天気のいい日にはテイクアウトしたコーヒーをのんび...
林家魚皮でサバヒーの皮スープ、イメージよくないが味は絶品... 友人がここで朝食を食べている写真をinstagramにアップしていて、魚の皮ってそれ本当に美味しいのかよと疑心暗鬼にもなりつつ行ってみることにした。 台南の旧市街にある保安路からすこし入ったところにある屋台のようや小さなお店。店先に大きな魚の切り身があって、これが魚の皮かと思う。どうやら台南で...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください