オスカーニーマイヤー展清澄白河の東京都現代美術館に行って、オスカー・ニーマイヤー展をみてきた。

建築家の回顧展ってどんな風な展示になるんだろうと思っていたのだが、模型があったりインタビュー映像があったりと結構盛りだくさんで面白い内容だった。

とくに、インタビュー映像は貴重なんじゃないだろうか。ニテロイ現代美術館はやっぱり不時着した宇宙船だったんだ!とか。僕としては年末年始のリオデジャネイロ旅でみてきたこの美術館の話はかなり興味深い。

オスカーニーマイヤー展

インタビューを受けながら、紙にさらさらとスケッチを描いていくのだけど、この人はあたまのなかに空間があって、そのイメージが紙に投射されているんだろうなっていうくらい自然にスケッチが出来上がるさまは驚く。これが本物の建築家なんだろうなあっていうところ。

落書きのようなのに立体感がしっかりあったりする。まあ、ちょこちょこ下ネタを挟んでくるところなんかはいかにもブラジル人でさらに好きになってしまうところだが。

オスカーニーマイヤー展オスカーニーマイヤー展オスカーニーマイヤー展

もうひとつのメインである首都ブラジリアの建築についてもかなり興味深い。今回の旅ではイグアスの滝を観に行ってしまったが、ブラジリアをみるというのもかなり楽しそうだなあ・・と思ってしまった。次回の旅ではブラジリアも行ってみなくてはと強く思うくらい。

この人の自然と融合したようなモダニズム建築って斬新だけど、なんか暖かみがあるような感覚は、オスカー・ニーマイヤーのインタビューを聞いてて人が好きだからなんだろうなって思ったりした。

オスカーニーマイヤー展

そんなことを考えているとラストにさらに面白いしかけが。サンパウロにあるイビラプエラ公園をGoogle Mapから印刷した縮尺模型が!すごい行きたかったところなんだよなあ。まさか、ここでこんな風にして体験できるとは。靴をぬいで入ることができるのだけど、結構細かいところまで作り込んでいて、地面に顔をつけるようにしてのぞき込んでみたりと、いろいろ楽しめる。

そしてなにより、写真撮影が一部可能なのもいいな。建築家の展覧会ってちょっと不思議な感じがあったけれど、こういうのは楽しめるし、まさに現代美術を実感できるいい展覧会を体験できたなって思う。

オスカーニーマイヤー展

オスカー・ニーマイヤー展 ブラジルの世界遺産をつくった男
会期:2015年7月18日(土)−10月12日(月・祝)
会場:東京都現代美術館
時間:10:00-18:00

Related Post

世界で二番目に美しい地下鉄駅、美麗島駅の光之穹頂 The Dome of Lightは必見のアート... 高雄で最大の見どころのひとつであり、必見なのは美麗島駅の光之穹頂 The Dome of Lightだと思う。「Bootsn All」が2011年に"15 of the Most Beautiful Subway Stops in the World(世界でもっとも美しい地下鉄駅トップ15)"の二番...
FLOWERS BY NAKEDをみてきた 日本橋室町のCOREDOで開催中のFLOWERS BY NAKEDをみてきた。 なかなか時間がとれないところ訪れたのだけど(しかも僕ひとりで)、すごい美しくて洗練されていて、お酒も美味しかった。そして、どこまでもフォトジェニック。なんかもう会場入ったときからいい匂いしているものな。期間中にもう...
赤崁樓は台南観光ハイライトのひとつ... グルメな台南の街だけど、それ以外にも見どころがある。観光地としてのみどころのひとつは、古い城砦のひとつである赤崁樓。旧市街のなかにあるので行きやすい観光地のひとつだと思う。 赤崁樓へのアクセス 台南駅からまっすぐにのびている民族路の通り沿いにある。台南駅からは歩いて20分くらい。旧市街の...
まつだい農舞台と里山食堂のカフェ 越後妻有に来るとだいたい立ち寄るのが松代駅のすぐ横にある農舞台という施設。正式名称は「まつだい雪国農耕文化村センター」というところで、なかにはお土産物屋さんとか小さな美術館、カフェレストランなどがある。 農舞台のまわりにも見所が多く、草間彌生の屋外展示作品「花咲ける妻有」もここにあるの...
TOKYO DESIGN WEEK 2016をみてきた すごい久々にTOKYO DESIGN WEEKへ行ってみることにした。何年ぶりだろうか。外苑の絵画館の前にひろがる芝生の広場が会場になっている。普通に散歩したって気持ちのよい秋の日曜日、素晴らしく晴れた午後に訪れた。 外苑の銀杏並木はまだ緑 最近、地方でも開催されるようになったアートイ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です