オスカーニーマイヤー展清澄白河の東京都現代美術館に行って、オスカー・ニーマイヤー展をみてきた。

建築家の回顧展ってどんな風な展示になるんだろうと思っていたのだが、模型があったりインタビュー映像があったりと結構盛りだくさんで面白い内容だった。

とくに、インタビュー映像は貴重なんじゃないだろうか。ニテロイ現代美術館はやっぱり不時着した宇宙船だったんだ!とか。僕としては年末年始のリオデジャネイロ旅でみてきたこの美術館の話はかなり興味深い。

オスカーニーマイヤー展

インタビューを受けながら、紙にさらさらとスケッチを描いていくのだけど、この人はあたまのなかに空間があって、そのイメージが紙に投射されているんだろうなっていうくらい自然にスケッチが出来上がるさまは驚く。これが本物の建築家なんだろうなあっていうところ。

落書きのようなのに立体感がしっかりあったりする。まあ、ちょこちょこ下ネタを挟んでくるところなんかはいかにもブラジル人でさらに好きになってしまうところだが。

オスカーニーマイヤー展オスカーニーマイヤー展オスカーニーマイヤー展

もうひとつのメインである首都ブラジリアの建築についてもかなり興味深い。今回の旅ではイグアスの滝を観に行ってしまったが、ブラジリアをみるというのもかなり楽しそうだなあ・・と思ってしまった。次回の旅ではブラジリアも行ってみなくてはと強く思うくらい。

この人の自然と融合したようなモダニズム建築って斬新だけど、なんか暖かみがあるような感覚は、オスカー・ニーマイヤーのインタビューを聞いてて人が好きだからなんだろうなって思ったりした。

オスカーニーマイヤー展

そんなことを考えているとラストにさらに面白いしかけが。サンパウロにあるイビラプエラ公園をGoogle Mapから印刷した縮尺模型が!すごい行きたかったところなんだよなあ。まさか、ここでこんな風にして体験できるとは。靴をぬいで入ることができるのだけど、結構細かいところまで作り込んでいて、地面に顔をつけるようにしてのぞき込んでみたりと、いろいろ楽しめる。

そしてなにより、写真撮影が一部可能なのもいいな。建築家の展覧会ってちょっと不思議な感じがあったけれど、こういうのは楽しめるし、まさに現代美術を実感できるいい展覧会を体験できたなって思う。

オスカーニーマイヤー展

オスカー・ニーマイヤー展 ブラジルの世界遺産をつくった男
会期:2015年7月18日(土)−10月12日(月・祝)
会場:東京都現代美術館
時間:10:00-18:00

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です