名古屋土産はなににしようかなあって悩んで結局買ってみたのは、名鉄百貨店の地下に入っている覚王山 吉芋の芋けんぴ。

パックに入っていてあまり日持ちしないので、お土産にはどうかと思ったのだが、あまりの美味しさにあっという間になくなってしまいお土産には最適だった。

この芋けんぴは、商品名を吉芋花火というのだが、たしかに細く切られたさつまいもがあちこちに直線的な感じで入っているさまは花火のようにもみえて、おしゃれな名前な感じ。

生のさつまいもを菜種油で揚げて、蜜でコーティングしたものだそうで、スティック状の大学芋を食べているような感じもある。今回は普通のものを買ったのだけど、塩味もあってそれも気になった・・というか買えばよかったと後悔している。

名古屋の人に聞いたけれど、知らない人もいたのでマイナーなものなのだろうか。とはいえ、この芋けんぴは万人受けして喜ばれるのでお土産には最適だと思う。

覚王山 吉芋 名鉄店
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-2-1 名鉄百貨店本店 B1F
時間:10:00~20:00

Related Post

Le Café Ban Vat Sene はルアンパバンでもっとも居心地いいカフェ... 今回のルアンパバン旅で一番の発見だったのは、このカフェを見つけたことだなって思う。フレンチコロニアルな建物は雰囲気あるし、デザートは美味しいし、なにより朝から深夜まで営業時間が長いのがいい。 托鉢をみたあとに朝食をとるのもいいし、夜寝る前に少しここでクールダウンして一日の旅を振り返るのもまたい...
呼きつね(西麻布)の上品ないなり寿司... 西麻布から六本木あたりでちょっとした手土産買うのであれば、呼きつね(こきつね)のいなり寿司がいいかなって思うし、天気のいい日にこのあたりで外ランチするのにもいいんじゃないかと思う。 とても上品で日本酒の風味がきいている。そんな洗練されたいなり寿司は独創的ですらあって話しのネタにもいい。 ...
一保堂茶舗で麦茶を買ってみたらすごい美味しかった... 京都に行くと立ち寄る一保堂茶舗。東京にもお店は出ているけれど、京都のお店の雰囲気が好き。きっと江戸時代からこんな感じに店頭で用をきいたり、すこし世間話したりみたいな感じでやってきたのかなあとか思ったりする。 今回は併設されている喫茶室には行っていないのだが、お店で買い物だけしてきた。 ...
ちりめん山椒で最も好きなのは「はれま」のなのです... 京都土産の代表格であるチリメン山椒の発祥である「はれま」。やはりここのが一番好きだなあって思う。 場所は四条にある南座のすぐ近く。挟んで反対側を少し八坂神社の方へいったところにある。小さな路面店なので、見落としてしまいそうなくらい。 ちりめん山椒も美味しいのだけど、同じくらいすごいのが野...
合成帆布行 – 手頃な帆布バッグならここ... 台南で帆布バッグ巡りの旅をしてきた。 台南といえば、帆布バッグが有名らしく半径500mくらいの狭い範囲に、いずれも個性的な帆布バッグのお店が三軒あり、まず行ってみたのはこちらの「合成帆布行」。 場所は市内中心部ともいえる場所だと思う。国鉄台南駅とロータリーの間に小さな店舗があって、そこで...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください