大口屋名古屋に住んでいた友人から大口屋の麩まんじゅうが美味しいから買ってきてといわれ、名古屋駅のキヨスクギフトステーションで取り扱いがあったので購入。

キヨスクでは1日2回。朝イチとお昼過ぎに入荷するとのことで、週末の夕方遅い時間とかでもなければ買えると思う。

この麩まんじゅう、正式には「餡麩三喜羅」という名前。

お土産にすると確かにすごい喜ばれるのだが、弱点は要冷蔵で消費期限が2日しかないこと。美味しいものはすぐに食べなくてはいけない。

もちもちっとした生麩の食感はちょっとだけ塩味が効いていて、なかのこし餡とのバランスが絶品。よくありがちなお饅頭っぽいのだけどぜんぜん違う。これはもう生麩で包むというセンスの勝利だなって思う。

名古屋出身の人にお土産で渡すと「わかってるな」って感じの反応だし、知らない人にあげてもすごい喜ばれる。ちょっと苦労してお土産にするだけの価値がある和菓子。

大口屋
JR名古屋駅の中央コンコースにある「ギフトステーションキヨスク」で購入可能。
時間:7:00~22:00

Related Post

【閉店】AMATAK(アマタ)の刺し子バッグ... 前回の訪問 シェムリアップの中心街にあるAMATAK(アマタ)というお土産物屋さんに再訪。アマタとは永遠という意味らしい。 まあたしかに、ここにある織物たちは僕らがこの世から去っても、後世まで永遠に残るものもあるかもしれない。それくらい気合い入ったものもある。(前回の訪問) 前回...
青春18きっぷでローカル線の旅(金沢から名古屋、そして東京まで)... 夏の青春18きっぷでローカル線の乗り鉄旅。3日目となるのだが、この日で終了となる。早朝の金沢で電車に乗るときに「おれ、このまま名古屋までローカル線で行けるのかな」ってちょっと思ったのだが、案外行けてしまうものなのだな。海を眺め、深い山並みを通り抜けるルートになった。 でも、最後は東京まで戻るの...
有次京都で包丁を買う 料理をしている人であれば、誰しも「いい包丁こそが、おいしい料理を作る近道である」ということは自明のことだと思う。 もちろん、素材や味付けなどの要素も多分に影響するけれど、たとえば牛すじなんて安い包丁じゃ全然切れないし、こういうのは小さく切って煮込んだりすると絶品なわけです。 そういうときに、...
お菓子工房ヴィシー(Vichy)と南魚沼の美女旅... もともと今回の旅行は小布施で朱雀を食べて、そのあと南魚沼まで強引に抜けて美女旅をみよう!ということだったのだが、さすがに日帰りはないだろう・・と越後妻有のベルナティオに泊まるという旅になった次第。 で、その美女旅というものなのだが、これが「本当にこんなきれいな人が南魚沼にはたくさんいるのか!と...
ルアンパバンでペーパークラフトのお店といえば – Tanh Manipoun Sa Pa... ルアンパバンでお土産もの探すといえば、文具好きな人ならここかなって思う。 和紙とも違う素朴なペーパークラフトのものが多くて、スケッチブックみたいなのとか、ちょっとしたメモ帳などもあったりする。 大きめのものだと、ライティングに使うものもあったりするのだが、そこらへんはあまり売れていないの...

Feature

Summary
Review Date
Reviewed Item
大口屋
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください