大口屋名古屋に住んでいた友人から大口屋の麩まんじゅうが美味しいから買ってきてといわれ、名古屋駅のキヨスクギフトステーションで取り扱いがあったので購入。

キヨスクでは1日2回。朝イチとお昼過ぎに入荷するとのことで、週末の夕方遅い時間とかでもなければ買えると思う。

この麩まんじゅう、正式には「餡麩三喜羅」という名前。

お土産にすると確かにすごい喜ばれるのだが、弱点は要冷蔵で消費期限が2日しかないこと。美味しいものはすぐに食べなくてはいけない。

もちもちっとした生麩の食感はちょっとだけ塩味が効いていて、なかのこし餡とのバランスが絶品。よくありがちなお饅頭っぽいのだけどぜんぜん違う。これはもう生麩で包むというセンスの勝利だなって思う。

名古屋出身の人にお土産で渡すと「わかってるな」って感じの反応だし、知らない人にあげてもすごい喜ばれる。ちょっと苦労してお土産にするだけの価値がある和菓子。

大口屋
JR名古屋駅の中央コンコースにある「ギフトステーションキヨスク」で購入可能。
時間:7:00~22:00

Related Post

カフェ ドロール中目 – 落ち着いて休めるカフェ... アパレルとかも展開しているブランドがやっているカフェ。「ドロール」には「おもしろい、こっけい、ひょうきん」という意味があるみたいだが、そんな風情はお店にはなくて、いい意味でちゃんとしたカフェだと思う。 同じビルの5階にあるビストロハムサもお気に入りなのだが、混んでいることが多いので、そうしたと...
小布施 竹風堂の栗おこわは絶品 小布施というと栗が有名で、この街随一の名門である小布施堂の家紋もかわいい栗マーク。 秋になればモンブランを求めて長蛇の列なのだが、そんな小布施には他にも栗を味わえるお店がいくつもあって、今回はそのなかで竹風堂の栗おこわを買って食べてみた。 8月といえば、栗はもうシーズン外なのだけど、ここ...
5.4° Northは洗練されたアイテムがそろっているセレクトショップ... 好きなブログがあって、そこで紹介されていたお店。最近ではもうガイドブックを全然買ってないな。自分でブログを書いていることもあるが、僕にとって有益でいい情報はウェブサイトにあるような気がする。 5.4° Northについて。店名が示しているとおり、ペナンの北緯5.4度のところにあるお店。小さな間...
薑心比心の台湾発ショウガコスメはお土産にも自分用にも使える... 以前に泊まったアンバホテル台北西門のアメニティが、そのまんま生姜を固めたんじゃないかというような石けんやシャンプーですごく面白かった。 そして、使ってみると生姜の香りはジンジャーエールになったみたいな感覚があるけれど(またはショウガ焼き)、そのあとは思いのほか荒れがおさまったり、ほかほか気持ち...
蜂大珈琲で阿里山コーヒーの豆を買う... 台北に着いてバスで市内に向かい、ホテルに荷物置いてからまず最初に向かったのは西門にある蜂大珈琲(前回の訪問はこちら)。 今回はカフェとして楽しむのではなく、阿里山珈琲の豆が欲しくて訪れた。ここでは、世界中の豆を取り扱っているのだけど、なかでも阿里山珈琲はこの店でぶっちぎりの高級豆で、前日までに...

Feature

Summary
Review Date
Reviewed Item
大口屋
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください