西門のバーこの旅で一番の発見。今回泊まっていたAirbnbの宿からすぐ側にあったバー。アメリカンダイナー風の店内もいいのだが、天気のいい生暖かい夜には入口のカウンターで飲むのも楽しい。

そしてなにより週末は深夜3時過ぎまでやっているので、台北の夜にここでビールを飲んで過ごしていた。

場所的には西門の駅からも離れているし、まわりにはあまり見どころもなく、なんていうか住宅街っぽい感じのところ。小さな公園の横にあって昼間みるとぼろぼろの建物なのだが、夜にはそれがちょっと雰囲気あるような感じがしてしまう。

西門のバー

西門のバー西門のバーもうすっかり食事は済ませていたので、ここでは食事をしていないのだが食事も結構美味しそう。アメリカンダイナーっぽくてハンバーガーとか食べられるみたい。ビールについてはギネスとかもあったのだが、普通に台湾ビールが美味しい。

なにより、昼の暑さの名残がありつつちょっと生暖かい深夜の空気を感じながら、とめどなくどうしようもない話をしながら飲むビールは格別に美味しい。なにがあるってわけでもないのだが、すごい印象に残る風景と感覚。

そういや若い頃はずいぶんこんな夜を過ごしていたんだよなっていうことを思い出すような夜だった。

1398cafe
住所:台北市萬華區武昌街二段91巷10號1樓
時間:16:00-26:00(月〜木、日)、16:00-28:00(金〜土)
休み:不定休

Related Post

Asana Bar(シェムリアップ)ふたたび シェムリアップで一番好きなバーは? ごはん食べたあとまったり過ごすところは?と聞かれれば、このASANAを即答で答えたい!・・と思っている。聞かれたことないけれど。(前回の訪問) 場所はパブストリートからちょっと離れたところだが、まあ近いので徒歩圏内。深夜まで飲んでいても治安には問題ないエリア...
「吟醸酒房 油長」で伏見の日本酒を呑み比べる... 伏見で地元のお酒を手軽に呑み比べするならば油長がおすすめ。ところで、酒屋さんの店内でお酒を飲むことを関東では「角打ち」というけれど、関西では「立ち呑み」というらしい。「角打ち」の意味がよくわかっていないので、「立ち呑み」の方が直感的でいいなとか思ってしまった。 「吟醸酒房 油長」のアクセス ...
Red Sky Bar – 手頃だけど不便なロケーションのスカイバー... バンコクでのルーフトップバー(スカイバー)巡り。サイアムのちょっと外れにあるセンタラグランド・アット・セントラルワールドというホテルの屋上にあるバーに行ってみた。 ちなみに、スマートカジュアルみたいなことをいっているが、男性はドレスコードあり。かかとがない靴、ハーフパンツはNG。 今回行...
民楽旗魚米粉湯で台北の地元感ある朝食... ホテルに荷物を預けておいて、台北での朝食は迪化街にあるお店で食べることにする。週末、いきなり台北に来て屋台のようなお店で朝食を食べているのがなんだか不思議。 民楽旗魚米粉湯へのアクセス 迪化街の南側にある。MRTの北門駅、雙連駅からそれぞれ歩いて10分程度。朝は賑わっている一角で近くまで...
Beco das Garrafasとボサノヴァのライブ コパカバーナの裏通りのさらにその奥には、袋小路みたいな小さな路地裏がある。 Beco das Garrafas(ベコ・ダス・ガハーファス)と呼ばれているその一角は「酒瓶だらけの路地」という意味。しかし、このしょぼい路地が世界的に有名であり、1960年代には後にボサノヴァを作り出す人たちが集まっ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください