クラフトビールのコレクションがある
クラフトビールのコレクションがある

前に香港で泊まったAirbnbの部屋での体験がよかったこともあり、今回の台北旅でもAirbnbにしてみたのだが、サイトにある部屋の説明と現状がだいぶ異なっていてひどい目にあってしまった。

いまサイトにはshabby roomって書いてあるけれど、まあまさにその名の通り。

最初から書いておいて欲しかった。そして、現時点ではわりとちゃんと部屋の設備について書かれているけれど、僕が泊まったときはちょっと違っていて結構がっかりすることが多かった。

部屋。これまだまともな方。
部屋。これまだまともな方。

まず、部屋にシャワーがあるということだったが、行ってみたら使えなくてトイレのみ利用できた。シャワーは共同のを利用しなくてはいけない。また、部屋にエアコンがあるということだったが、全ての部屋にあるわけではなく、一部の部屋のみ。扇風機すらない部屋があったりして、これも結構しんどかった。

なので、正直なところ泊まる価値がある部屋ではないというところ。最近では台北にもAirbnbの物件が増えてきたのでまともなところが出てきたみたいだが・・まあここはひどい。

とはいえ全てが悪いわけではないことも書いておこう。共有スペースがあって、そこは結構雰囲気がいい。パーティーとかひらいたら楽しそうだ。僕は朝はそこで過ごしていて、音楽かけていたりした。

また、一階はビアバーになっていて、地下にはいろいろクラフトビールのコレクションがある。これを実費で購入できるみたい。今回は利用しなかったけれど。なので、パーティー会場として貸し切るくらいなら利用価値があると思うが、宿泊施設としては全然おすすめできない。

前に西門で泊まった変なバジェットホテルよりひどいところに遭遇してしまったぜ・・という印象。サイトが悪いわけではなく、まあ怪しい物件には泊まっちゃいけないなと思った。

Airbnb 台北西門の部屋

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です