Pepar St. CoffeeAirbnbでえらい目にあっているものの旅はつづく。

ということで、朝は朝食を食べる感じでもなかったので、華山1914の向かいにあるPaper St. Coffee Company (紙街咖啡館)にてコーヒーを飲みに来た。

友人たちは台北まで来てコーヒーなのか?というわけだが、一杯ずつ丁寧に淹れられるここのコーヒー、そして朝の台北の街を眺めながら飲むお店の雰囲気。こういう台北の朝もありなんだと気づいたみたい。そう、台北で飲む朝のコーヒーはうまい。

前に来たときよりもお店は賑やかになっていて、人気店になったんだろうなってところ。相変わらずコーヒーは見た目にも美しくて飲むのがもったいなくなる。

そして、街中の便利な場所にある紙街咖啡館は待ち合わせにも便利。他のホテルに泊まっていたメンバーとここで合流して次の場所へ向かった。

Pepar St. Coffee
Paper St. Coffee Company (紙街咖啡館)
住所:台北市中正區八德路一段28號1F
時間:10:00-20:00
休み:火曜日

Related Post

西門のAirbnbの部屋でひどい目にあう クラフトビールのコレクションがある 前に香港で泊まったAirbnbの部屋での体験がよかったこともあり、今回の台北旅でもAirbnbにしてみたのだが、サイトにある部屋の説明と現状がだいぶ異なっていてひどい目にあってしまった。 いまサイトにはshabby roomって書いてあるけれど、まあ...
Jaywalk Cafeはカオサン界隈でひと息つけるカフェ... すっかり観光地化されてしまったカオサン通りの喧噪から逃れてきた旅行者は、チャオプラヤ川に近いプラアティット通り(Phra Athit Rd.)の方に移ってきている。 このあたりは手頃そうなゲストハウスやレストランなどが並んでいて、旅行者にも便利そう。チャオプラヤエクスプレスのバンランプー(プラ...
サフランコーヒーでラオスのシングルオリジンなコーヒーを楽しむ... ラオスでオーガニックなコーヒー豆を作っている会社があって、その直営店がルアンパバンにある。ルアンパバンについて調べているときにみつけて、ちょっと気になっていたところだったので寄ってみた。 場所はメコン川沿いの道路脇にあって店内の雰囲気もよさそうだが、道路を挟んで反対側にあるメコン川を望めるテラ...
Paper St. Cafeはバリスタのいるストイックなカフェ... 華山1914のすぐ近くにある洗練されたカフェ。外見はアメリカの都会にあるカフェみたいな感じでシンプルな直線的なインテリアが印象的。椅子もいいものを使っていて気持ちがいい。 午前中のオープン直後に行ったのでお客さんはいなくてのんびりできた。バリスタの人がいて焙煎する豆を選別している。 かな...
VVG Bistro 好樣餐廳 – 悪い店じゃないけれど、通いたくなるほどでもない... 忠孝東路にある、好様本事、好様喜歓につづくVVG三兄弟(三姉妹)のひとつ。VVGレストラン版であるVVG Bistro 好樣餐廳。前回は時間なくていけなかったので、今回はランチがてらに入ってみた。 が、ここは正直なところちょっといまいちかなあ・・・。ランチは2,000円くらいするコースしかない...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください