友人がいなければ九分に来ることもなかっただろうなあ・・というのが率直な気持ち。

で、ひさびさに来た九分はやはり雨だったのだが、雨というのは雰囲気あっていいなというところ。

九分を街歩きして、ひと休みしたのは九分といえばっていう景色をつくっている阿妹茶楼の向かいにある海悦楼茶坊というところ。

よくみる風景
海悦楼茶坊にて

お茶以外にレストラン的な感じに食事もあるのだが、まあお酒飲んだりお茶できればいいやってことでお茶を飲む。

 

遮るものがなにもなく阿妹茶楼を含めた九分の風景が一望できるのだが、雨の夜に煙った古い街並みとカラフルな電灯がつくる幻想的な風景は夢をみているようなかのような気分

。傘が電灯に照らされて華みたいにゆらゆら動くのもまた美しい。九分は雨が美しいな。

店内は雨が降った夕方ということもあるのかガラガラ。貸し切りみたいな状況だった。お茶については、僕はまあ違いがわからないののだが、それなりに美味しかったと思う。ただし、九分から台北市内に戻るときにすごくトイレ行きたくなるので、お店で済ませておくこと。

海悦楼茶坊
住所:新北市瑞芳鎮豎崎路31号

保存

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です