福州世祖胡椒餅
福州世祖胡椒餅

九分からタクシーにのって訪れたのは松山にある銀河街夜市。九分にも行って、夜市にも来ることができて、なんと盛りだくさんな旅行なんだと思うわけです。

僕としてはひさびさにやって来たのだが(前回の訪問)、まずおどろいたのは地下鉄の松山線の始発駅である松山駅がすぐ横に出来ていたこと。これにより、銀河街夜市へのアクセスは圧倒的に便利になった。もはや夜市来るなら士林夜市ではなく、ここでいいじゃんって思う。

夜市の松山駅側にある福州世祖胡椒餅はこの夜市の代表的な存在で、結構並んでいてもすぐに列がすすむので並んででも食べたいところ。前に来たときも焼窯の数が増えた気がする。ここの胡椒餅は美味しいんだよな。

魯肉飯
魯肉飯
なにかのスープ、これもまたうまい
なにかのスープ、これもまたうまい

そして、夜市のなかをぷらぷらと歩いて行く。毎日つづく夏祭りみたいな雰囲気があって、この夜市は好きだなあって思う。

ちょこちょこある食事の屋台もまた楽しそう。ということで、今回は魯肉飯とかを食べてみることにする。さすがに、金峰魯肉飯と比べるとっていう感じはあるけれど、台北の夜市で食べているっていう雰囲気としては充分楽しい食事だな。みんなでわいわいやるなら、こんなのもいいと思う。

そして、デザートとか買い食いしたりして夜市探索も終了。本当に夏祭りの縁日を楽しむみたいな旅ができるので、こういうところは大人数で来るのがいいんだなと思った。

饒河街観光夜市


Related Post

川村記念美術館「絵の住処」展と大賀蓮... すごいひさびさに千葉の佐倉にある川村記念美術館へ行ってきた。2015年5月26日-2016年1月11日までやっているのは開館25周年記念となる「絵の住処」展。ずいぶん長いことやる予定になっている。 ここは常設展に観たいものがそろっているのだけど、その部分も使って美術館を再構築している感じ。だか...
Beco das Garrafasとボサノヴァのライブ コパカバーナの裏通りのさらにその奥には、袋小路みたいな小さな路地裏がある。 Beco das Garrafas(ベコ・ダス・ガハーファス)と呼ばれているその一角は「酒瓶だらけの路地」という意味。しかし、このしょぼい路地が世界的に有名であり、1960年代には後にボサノヴァを作り出す人たちが集まっ...
ウドンタニ散歩 タイの東北部、イサーン地方のウドンタニにやってきた。サンスクリット語で「北の町」と名付けられたこの地に来た目的は蓮の花だらけの湖に行くということなのだが、それがなかったらこの街に来ることはなかっただろうなと思う。 この先にあるラオスのビエンチャンに向かうときの通過点としての意味もあるが、いまの...
冬の松本を散歩する こういう路地が好き 旅をしていて好きな街ってあるものだけど、松本とはまさにそんなところで、ほどよい街の大きさや雰囲気が好き。 どの季節に訪れても楽しいのだけど、オフシーズンである冬は空気も澄んでいて、人は少ないけれど街歩きには楽しい。 今回の旅では、小淵沢からローカル線でやってき...
目黒川の桜散歩 2016年の春の話。目黒川の桜並木をみるのに、だらだらと上流へ向かって散歩をしてみた。天気はちょっと汗ばむくらいの晴れた昼下がり、まだまだ花は盛りの時期で散っているものも少ない。まさに、この世の春の中心のようなところを歩いていた気がする。 出発は恵比寿で、そこから目黒の清掃工場の方に丘を越えて...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です