鹿島の酒蔵巡りで酔っ払って、そのまま列車に乗って終点の鳥栖に到着。サガン鳥栖の試合を観に行く予定なのだけど、まだちょっと時間があったので、気になっていたカフェに行ってみることにした。

鳥栖駅からは少しまわりみちをして10分くらい。もうこんなところにレストランとか絶対ないだろうという住宅地のなかの古い家の前にお店の看板を見つけたときはちょっと宝探しみたいな気分だった。

お店も完全に古民家そのもの。居間の部分がそのままレストランのフロアになっている。なんかちょっと不思議な感じの作り。僕はひとりだったこともあり、縁側の席にしたのだけど、きれいに手入れされた庭がながめられて気持ちがいい。

お店は住宅街のなかにある
普通の家に遊びに来たみたいな店内

ここでは、パンケーキが気になっていたのだが、つくるのに時間がかかるからだと思うが提供は14:00~18:00に限られている。

だからこそ、貴重なパンケーキって感じがする。ということで、頼んでみて待つこと30分近く。ああ・・ビールも頼んでおけばよかった、とか思っている頃にやってきた。

お店のロゴでもある小鳥の絵が焼き印でついていて、かわいい作り。ふわふわっとした感じは鳥かごをイメージして作られたとのこと。

食感はスフレみたいで、しっかりしたパンケーキとは異なるけれど、これはこれで美味しい。なにより、こんなオシャレなものがこの古民家のカフェで出てくるんだっていうミスマッチな感じがまたいいな。

すっかり寛げる雰囲気の店内もまた居心地がいい。のんびりとした休日を過ごすにはこんなカフェがあるのはいいなって思うし、夜もまた雰囲気がありそうで気になるところ。

鳥栖ってあまりみるべきものがないっていう印象をうけていたのだが、ここは立ち寄る価値があるカフェだと思う。

鳥栖カフェ&ワインダイニング Lincotto – リンコット
住所:佐賀県鳥栖市曽根崎町1311
時間:11:00-17:00, 18:00-22:30
休み:月曜日

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です