リペ島で人気なのはサンライズビーチの北端にあるMountain Resortで、ここはこの島では比較的質の高いレストランと、清潔なバンガローが山の斜面に並んでいる。レストランから眺める景色も絶景なので食事だけでも行ってみる価値がある。

しかし、今回のリペ島への旅では、Mountain Resortは予約が取れず、サンライズビーチの中央に位置するCastaway Resortに宿泊した。予約はAgodaを通じて予約したのだが、ホテルのサイトをみてもほぼ同じレートだったので、安心感からいうとAgodaの予約でいいんじゃないかと思う。朝食もついているし。

このホテルは、National Geographic の”Best Trips 2012″で利用されたホテルで、いわゆる離島感のある施設。ビーチに面したチルアウトカフェでまったり酒とか飲むのが楽しい。

部屋はビーチフロントに泊まったのだが、実際にはビーチフロントというよりオン ザ ビーチといった感じで砂浜の上に2階建てで椰子の葉の屋根でできたバンガローが建っている。まさにCastawayって感じ。バンガローは1階は洗面台、シャワー、トイレといった水回りで2階に寝室がある。

ベッドルームは2階
1階の水回り設備

寝室はビーチに面して広く窓があくレイアウトになっていて、これがもう最高に気持ちいい。

滞在中、昼間は暑いので部屋でベッドに寝転がって本を読んで過ごしていた。

ただし、部屋は網戸なんていう無粋なものはなくて、ベッドを蚊帳でおおうタイプ。

そして、シャワーは当たり前のように水シャワーだし、部屋にエアコンなんてついていない。そういう不便さはある。

ベッドから身を起こして眺める風景

そう、ここでは普段の生活の便利さと引き替えに失っている圧倒的な自然に囲まれた離島の生活を楽しむべきなのです。

なお、このホテルに泊まるのであればビーチフロントの部屋に泊まるべき。逆にいうとビーチフロント以外にはあまり泊まる価値があるとは思えない。
そして、サンライズビーチにいるからには部屋から眺める夜明けを体験して欲しいと思う。静かなビーチの空が濃い碧から紫へと染まっていくさまを部屋でごろごろ眺めるのは、とてつもない贅沢だと思う。

部屋から眺める夜明け

チェックインは13:30-、チェックアウトは -10:30となっていて、チェックアウトの時間が早いのだが、ここはまあチェックアウトしてタイマッサージでもして出発までの時間をつぶすのが最適なスタイルじゃないかと思う。

ホテルのレストランは21:00まで営業なのだが、あまりうまいとはいえない料理。よって、ランチはMountain Resortで、夜はビーチの南端にあるCove Bistroで食事するのがオススメ。ホテルではバーで夕方から夜にかけてお酒飲んでまったりするのが気持ちいいはず。バーは23:00まで営業。

ホテルの価格のわりには設備も粗末だし、ちょっとどうなんだって感じがしないわけでもないが、それが逆にちょっと楽しかったりもする。そして、バンガローのフォトジェニックな感じはNational Geographicがここを選んだわけが分かるというもの。俗世から離れたcastawayな生活を楽しむにはこのくらいのホテルがいいのかもしれない。

National Geographic  “Best Trips 2012”
http://travel.nationalgeographic.com/travel/best-trips-2012/#/botw-main-gallery-thailand_41337_600x450.jpg

Castaway Resort
http://www.castaway-resorts.com/
Agoda での予約はこちら

部屋の出入り口にはハンモックがかけられていて、ここで休むのも心地よい

保存

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Related Post

直島のベネッセハウス宿泊記 一度は泊まってみたいなと思っていた直島のベネッセハウスに泊まってきた。 オーバルはすでに満室だったので、今回泊まったのは最も安くて最も新しく建てられたパーク棟に宿泊。 ロビー 部屋の目の間にはパンパグラスが風にゆれる丘があって、その向こうには瀬戸内海、そして遠く高松の町が一望でき...
小豆島への旅と瀬戸内国際芸術祭2013夏編... 豊島から小豆島の土庄港までフェリーで移動して、はじめての小豆島への上陸。いままで通ってきた島と比べてだいぶ大きな島だなあとう印象。実際、携帯ショップがあったりチェーン店があったりと普通の街という感じだった。 小豆島ではレンタカーを借りて行動することにしていたので、まずはレンタカーの受け取り。今...
AirAsiaのIsland Transferを利用してリペ島へ... バンコクからどこへ行こうかと検討しているときに知ったIsland Transferサービスなるものを利用してみました。 これは、エアアジアのフライトに加えて、島までの交通機関の手配もまとめてやってくれるというサービスでして、「フライト+港までのバスの送迎+ボート移動」を一気に手配できます。 ...
リペ島での過ごし方 リペ島への旅の記録。 リペ島ではなにをしてきたのかといえば、それは「毎日、朝陽と夕陽をみていた」ということになる。そして、それ以外の時間は部屋で本を読んで過ごしていた。外、暑いし。 島での滞在においては、一度も靴を履くことがなく(ビーチサンダルでさえも!)、常に裸足だった。 理...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の犬島編)... 瀬戸内国際芸術祭の夏編をみてきた。犬島までは直島からは途中豊島に寄港する高速艇で1時間ほどかかる。 当初の予定では、豊島にいってから犬島に行くルートを計画していたのだが、四国汽船に高速艇の混雑具合を電話で質問したときに「豊島から犬島への航路はたまに乗れないことあるから、まずは犬島まで行くべし」...

Feature

3 Comments

  1. リペ島の記事を読ませて頂きました。実は数日後にシンガポール〜ランカウイ〜リペと考えて、あれこれと記事を読み漁っていたところです。飛行機もホテルもまだ手配しておりませんが、このホテルに泊まってみたいと心から思いました。

    この記事を目に出来たのも引き合わせですね。とても楽しみです。マウンテンリゾートへのランチも絶対に行ってみたいと思いました。
    ありがとうございます!

    • JIROさま

      コメントありがとうございます!このブログがお役に立って何よりです。

      僕もちょうど1年くらい前に行ったのですが、いいところでした。
      あんなに、のんびりしたなにもしないで楽しい場所があるなんて、といった感じです。

      ランカウイからリペ島であればフェリーで直接行けるみたいですよね。ハジャイ経由だとかなり遠回りになってしまうので、直接フェリーで行けるならそれがいいかと思います。

      ホテルはマウンテンリゾートの方が人気らしく、たしかにあっちの方が居住性高そうだなと思いますが、キャストアウェイの方はより離島感があって、これはこれで面白いと思います。食事はマウンテンリゾートに行きつつ、あれこれよい旅を楽しんでください!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください