今回の旅で鳥栖に来た理由は、鳥栖スタジアム(ベストアメニティ・スタジアム)に行ってみること。25,000人規模とそこそこの大きさのサッカー専用スタジアムで、僕としてはこのくらいのスタジアムが一番サッカーが間近で楽しいよなって思っている。

前に何度か鳥栖駅を通過するときに、スタジアムが盛り上がっているのがみえて、いつか行ってみたいと思っていたのだが、ようやく来ることができた。スタジアムは鳥栖駅からは改札口が反対側にあることもあり、ちょっと回り込むようにアクセスするため10分くらいかかる。

試合のときには周辺で屋台も出ていて、とくに「イブスキ」のホットドックがおすすめ!といわれていたのだが、僕がいったときにはすでに売り切れていたのが残念過ぎる。並んでいても買う価値があるそうなのだが。

試合はカップ戦の予選試合だったこともあり、結構ユルい流れではじまったのだが、スタジアムは盛り上がっている。しかし、なんかこう「試合の勝ち負けに入れ込んでいる」というより「自分の息子とか友人の試合を観に来ている」というような感じなのか、あったかい感じのスタンドの雰囲気。よくも悪くもってところだが、平和なスタンドなのは初めてでも観戦しやすいなって思う。

サガン鳥栖サガン鳥栖サガン鳥栖サガン鳥栖の選手はあまりよく知らないのだけど、5番のディフェンダーは身体も抜群に強くて足元もうまくて「なんで日本代表じゃないんだ」って思ったら、韓国の代表選手だった。ことごとく相手の攻撃をはね返していた。そして、28番の選手もうまかったなあ、どちらかというと小柄な方だけど、終盤まで運動量も落ちないし、相手にとって嫌なところに顔を出してきたりシュートをうったりしていて、この選手もうまかった。改めて試合を自分の目でみて、いい選手がそろっているんだなと感じた。

試合は結局スコアレスドローになったのだが、まあこんな日もあるよなっていうところ。スタジアムのスタンドとピッチの距離も含めていいスタジアムだなと思った。

惜しむらくはチケット代が意外にも高いことだな・・。

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です