地元ではそこそこ有名店なのだけど、あまりにも立地が悪すぎる名店。要予約でここを予約してくれた友人からは「おなかを極限まで空かせてきて」っていわれたのだが、まさにすごい焼肉だった。

お店の場所はJR肥前山口から車で数分といったところだが、歩いてくるような道ではなさそう。夜に行ったせいかもしれないが、下町の寂れた商店街みたいな雰囲気のところにある精肉店の横にあるのが「焼肉かわの」。お店の看板の文字が一文字ずれているのはデザインなのか・・そんなわけないよなって思いながら入店。

焼肉かわの焼肉かわのお店には人の良さそうなおじいさんがいて、さっそく通される。なにが出てくるのかよくわかっていないのだが、ここから怒濤の佐賀牛のフルコース。あとで値段きいてびっくりした。都内で食べる5分の1くらいの価格じゃないだろうか。

まず出てきたのはホルモン系の部位。臭みがなくて、甘みすら感じるのはすごい。これはうまい、ホルモン嫌いでも食べられると思う。しかし、お店の人に説明されたのだけど、食べるのに夢中になっていてすっかり覚えていない。

続いては、タンとかハラミとかカルビとか。肉って美しいな・・と感じるものなのだなと自分におどろく。僕は肉食ってわけじゃないが、都内で高い金額だして食べてきた焼肉達は目先のまやかしだったんじゃないかって思う。

まずはホルモン
まずはホルモン
つづいてタンとかロースとか
つづいてタンとかロースとか
やきやき
やきやき
カルビとか・・すごい
カルビとか・・すごい
シメにカレー
シメにカレー

シメはなんとカレーライス。なんだよ、こんなに食べられないよとか思ったのだが、一瞬で食べきってしまった。危険なお店だ・・。お店のおじいさんはオーナーということで、色々話したのだが、Facebookをやっていてその日のお肉を紹介しているとのこと。

なかなか行けない店なのに、そんなものを毎日見せられるのは苦痛でしかないので遠慮しておいたが、面白い人だなあ・・・。こんなアナログな感じのお店なのに、ネットを活用しているところがすごい。

肥前山口から佐賀への終電は22:29。たとえ電車でもここまでやって来て食べる価値があるお店であることは間違えがない。

焼肉かわの
住所:佐賀県杵島郡江北町上小田1509

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です