飯山の菜の花祭り2015年のゴールデンウィークはどこに行く予定もなくて、家でのんびりと過ごす予定だったのだが、連日あまりにも天気がよくて「これはお出かけしないのが負けなんじゃないか」と思い立って、日帰りで北信州へ行ってきた。

折しも北陸新幹線の開業直後だったこともあり、混雑しているのかなと思ったのだが、飯山やそこから北上した越後妻有にかけては長閑そのもの。日帰り旅だけどリフレッシュできたなあ。

まずは朝イチで出発して関越道を北上。ポスターをみて前から気になっていた飯山の菜の花祭りへ行ってみることにした。菜の花なんてどこにでも咲いているものじゃないかって話ではあるが、圧倒的な量でまるで黄色い海にいるかのような風景は夢のなかのようだった。

飯山の菜の花祭り

千曲川を渡し船で移動
千曲川を渡し船で移動

飯山の菜の花祭り

メイン会場には屋台もある
メイン会場には屋台もある

飯山の菜の花祭り飯山の菜の花祭り飯山の菜の花祭り

サイトに書かれていた会場付近にいくと駐車場があるので、そこに車をとめて観にいけるのだけど、行ってみて分かったのは朝イチであれば千曲川を挟んで反対側にある「道の駅千曲」に車をとめて、そこでちょこっと食事を楽しんだりしたあと、千曲川へ降りていってそこから渡し船で菜の花祭りの会場へ行った方が便利だということ。

イベントのときだけ運行されている渡し船は、アルプスの雪解け水を湛えゆったりしている。そこを船ですすむときに川面を過ぎる風は気持ちがよくて、その風景には日本って美しいところだなと感動する。

菜の花の量でいうとメイン会場よりも千曲川近くの方が多いけれど、菜の花と千曲川と北アルプスの風景の美しさということであればメイン会場。屋台みたいなものも出ていて地元の料理が楽しめる。

北陸新幹線も開業して、アクセスしやすくなったし、金沢より手前の飯山あたりもおすすめ。とくに、この菜の花の美しさと量は圧倒的なので体験してみてもらいたい。

いいやま菜の花祭り

Related Post

大地の芸術祭2017年夏編。 もはや夏になると行きたくなる場所、越後妻有という感じだ。3年に一度行われるトリエンナーレとは別に毎年夏に小規模ながら大地の芸術祭を開催している。そして、この夏で「再構築」という僕の好きな作品が公開終了するということもあり、この夏も越後妻有へと行ってきた。 夜明けくらい、早朝に家を出て関越道を北...
さっぽろオータムフェスト 2015で飲み歩き... 気持ちのいい秋の札幌 9月のシルバーウィークの時期に札幌へ訪れる、さっぽろオータムフェストの存在は外せない。というか、これを目的に札幌へ来る価値があるんじゃないかとも思う。 いわゆる北海道物産展なのだけど、それが大通公園をぶち抜く広大な会場で行われている。これ、普通ならば「全国の美味し...
ふく手羽 佐賀 – 佐賀まちなかバル1軒目... 11月の連休に大雨の唐津から戻ってきた。で、佐賀市内では「佐賀市街なかバル」というイベントをやっていて、当日券で3,500円で5枚チケット(5軒巡れる)という食べ歩きができるので、ちょっと参加してみた。 佐賀駅の観光案内所でチケットを購入して、地図を眺めながらまずたどり着いたのは、「ふく手羽」...
善光寺参りをしてきた。2016年冬編。 松本から長野までやって来て、ここは外せないというところは善光寺参り。 無宗派で有名なお寺だが、その理由は「日本でその後わかれる各宗派ができる以前からあるお寺だから」だという。 長野に来ると、おやき食べつつ来ているお寺で、のんびりしたところだなとか思っていたのだが、そんな古いお寺だったのか...
赤い睡蓮の海に船を漕ぎ出す – クンパワピーのタレー・ブア・デーン... 今回のタイ旅行のメインともいえるもの。ウドンタニの郊外にあるクンパワピーという場所に「赤い睡蓮の海」というタレー・ブア・デーンという湖がある。毎年12月から2月上旬の明け方にかけて、水面を覆い尽くすように蓮の花が咲く風景は幻想的そのもの。 クンパワピーまでの行き方は、ウドンタニでバイクを借りよ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください