とんかつつまり津南の物産館の隅ある僕のなかでの人気店である「とん豚」がなんとリニューアルしていた。

場所もスタッフも、食事の内容も変わってなくて店名だけが「とんかつ つまり」に変更されている。どうやら、津南ポークから妻有ポークへとブランド変更したのかな?そんな感じ。

店名かわっても、このお店の人気は変わらず、地元の人で賑わっている。それにしても、こんなにとんかつが美味しくて、お店もとんかつを推しているのに、地元の人がカレーを注文するのか理解に苦しみ、そして「ひょっとしたら、あれすごく美味しいのか?」と考えてみるものの、やはりとんかつの味には勝てず。「ひれ」または「ロース」を注文することになる。

ヒレカツ定食
ヒレカツ定食

とんかつつまり

お米は地元南魚沼のコシヒカリ
お米は地元南魚沼のコシヒカリ

値段的には「ヒレカツ」の方が高いのだけど、ロースとの違いは好みの問題だと思う。ちなみに、特上とんかつは「ロース」の量が多いバージョンになっている。

今回はヒレカツを食べたのだが、やはりこれは絶品。こんなに柔らかくどうやって豚肉を調理できるのだろうかと思ってしまうのだが、捌いてから肉を熟成させているらしい。この旨みは熟成だったのか!と改めて感動する美味しさ。

惜しむらくは営業時間の短さで17時には閉まってしまうところなのだが、お持ち帰りも対応してくれるので、とんかつだけ買っていくというのもありだと思う。

とんかつつまり

とんかつ つまり
住所:新潟県中魚沼郡津南町大字芦ヶ崎乙203番地
時間:11:00-17:00
休み:水曜日

Related Post

築地場外の「高はし」で食べるあなご丼... 築地市場に友人がいるのだが、なかなか訪れる機会がなくようやく行くことができた。週末に訪れたのだけど、市場で働く人たちはビデオの早回しを見ているかのように動いている。市場は古い歴史をもっていることもあり、東南アジアとかの市場を彷彿とさせる賑やかさ。面白いところだよなあ。 「高はし」へのアクセス...
新橋の穴場的な名店「とんかつ 明石」でカツ丼のランチ... 新橋駅を挟んで、新橋駅前ビルと双璧をなすサラリーマン的な怪しいビルであるニュー新橋ビル。 そのなかでも、もっとも変なところにあるとんかつ屋さん。ニュー新橋ビル自体が結構独特の雰囲気なのに、その4階ともなるとシャッター街みたいになっている。その一画にあるのだが、シャッターだらけのところにとんかつ...
さかな亭 – 新橋最強ランチのひとつ... さかな亭の外観。新橋駅ビルの地下にある。 人というのは、美味しいものを出すお店に惹き寄せられるものなのだなということを実感する。 新橋でランチをしようかと思ったとき、駅前ビルの地下でみかけた行列に並んでみて入ったお店。 行列の種類っていくつかあるけれど、僕のなかでは「おじさんが並...
広尾の庶民的な洋食店ランチ「キッチンふるはし」喫煙可能なのが人を選ぶところ。... 広尾商店街のはずれにある洋食店。古くからある感じで、選ぶのが大変なくらい沢山のメニューからランチを選ぶことができる。ただ、組み合わせが多いという印象で使われている食材が沢山あるという感じではない。 場所は広尾のカレーからすぐ近くのところで、はす向かいくらいのところにある。広尾駅からの商店街を歩...
シラハマアパートメント – 南房総のまったりカフェ... 千葉を旅することと南房総を旅することはわけて考えた方がいい。それは東京観光に奥多摩を含めないのと同じことだ。 南房総とは、それくらいに十分遠い場所であり特別な場所だと思う。気候は温暖だし(本当に2月でも晴れていると春のように暖かい)、海は青いし、砂浜は白い。そして食事もうまい。エッジの効いたセ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください