とんかつつまり津南の物産館の隅ある僕のなかでの人気店である「とん豚」がなんとリニューアルしていた。

場所もスタッフも、食事の内容も変わってなくて店名だけが「とんかつ つまり」に変更されている。どうやら、津南ポークから妻有ポークへとブランド変更したのかな?そんな感じ。

店名かわっても、このお店の人気は変わらず、地元の人で賑わっている。それにしても、こんなにとんかつが美味しくて、お店もとんかつを推しているのに、地元の人がカレーを注文するのか理解に苦しみ、そして「ひょっとしたら、あれすごく美味しいのか?」と考えてみるものの、やはりとんかつの味には勝てず。「ひれ」または「ロース」を注文することになる。

ヒレカツ定食
ヒレカツ定食

とんかつつまり

お米は地元南魚沼のコシヒカリ
お米は地元南魚沼のコシヒカリ

値段的には「ヒレカツ」の方が高いのだけど、ロースとの違いは好みの問題だと思う。ちなみに、特上とんかつは「ロース」の量が多いバージョンになっている。

今回はヒレカツを食べたのだが、やはりこれは絶品。こんなに柔らかくどうやって豚肉を調理できるのだろうかと思ってしまうのだが、捌いてから肉を熟成させているらしい。この旨みは熟成だったのか!と改めて感動する美味しさ。

惜しむらくは営業時間の短さで17時には閉まってしまうところなのだが、お持ち帰りも対応してくれるので、とんかつだけ買っていくというのもありだと思う。

とんかつつまり

とんかつ つまり
住所:新潟県中魚沼郡津南町大字芦ヶ崎乙203番地
時間:11:00-17:00
休み:水曜日

Related Post

三島由紀夫が最後の晩餐をしたことでも有名な新橋の末げんは親子丼でも有名なところ... 新橋駅のSL広場からすぐのところにある鳥割烹の老舗は、三島由紀夫が自決する前に最後の晩餐をしたところとしても有名なお店となっている。三島由紀夫が食べたのは鶏鍋がついている夜のコース料理なのだけど、新橋の外の喧噪が無縁な静かな店内で食べるランチもまたいいものだ。   お店の外観...
「あづみ野ごはん 風ゆら」でランチ 穂高駅で安曇野に住んでいる友人と合流。ランチを食べようと向かったのは犀川沿いにあるレストラン。地元の人たちのなかでは有名みたいで、オープン前から人がならんでいてびっくりした。ランチは予約ができないので、オープンちょっと前に来てならぶらしい。 友人曰く、来るときには「また、"風ゆら"かあ・・って...
登起波分店「登」 – 米沢牛をお得に食べるなら... 米沢まで来たからには・・ということで、向かったのは米沢牛が食べられるレストラン。僕はどうも、旅におけるエンゲル係数が高い方だと思われる。でも、一食入魂がモットーなので、これはもう仕方がない。 とはいえ、資金には限度というものがあるので、カジュアルにお得に食べられると書いてあった登起波分店「登」...
三城(松本)への再訪 前回の初秋にひきつづき、今回の来松でも三城に立ち寄ってきた。ここはネットのクチコミでは賛否両論あるし、地元でも訪れる人は限られているのだが、僕はここはとても気に入っている蕎麦店のひとつである。 予約の電話から洗練されていて、電話番号を確認するとかいうのはこの店にとっては客を信用していない無粋な...
代官山 蚤の市 – 2015年春開催に行ってきた... 去年の晩秋に代官山蔦屋で開催された「代官山 蚤の市」。これがふたたび開催されたので行ってきた。なんといっても、僕にとって去年もっとも楽しかったイベントのひとつだし。 また、平日に開催されているので、賑わっているなって思えるくらいの混雑度合いなのがよい。 前回に引き続いて、春というか初夏を...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です