とんかつつまり津南の物産館の隅ある僕のなかでの人気店である「とん豚」がなんとリニューアルしていた。

場所もスタッフも、食事の内容も変わってなくて店名だけが「とんかつ つまり」に変更されている。どうやら、津南ポークから妻有ポークへとブランド変更したのかな?そんな感じ。

店名かわっても、このお店の人気は変わらず、地元の人で賑わっている。それにしても、こんなにとんかつが美味しくて、お店もとんかつを推しているのに、地元の人がカレーを注文するのか理解に苦しみ、そして「ひょっとしたら、あれすごく美味しいのか?」と考えてみるものの、やはりとんかつの味には勝てず。「ひれ」または「ロース」を注文することになる。

ヒレカツ定食
ヒレカツ定食

とんかつつまり

お米は地元南魚沼のコシヒカリ
お米は地元南魚沼のコシヒカリ

値段的には「ヒレカツ」の方が高いのだけど、ロースとの違いは好みの問題だと思う。ちなみに、特上とんかつは「ロース」の量が多いバージョンになっている。

今回はヒレカツを食べたのだが、やはりこれは絶品。こんなに柔らかくどうやって豚肉を調理できるのだろうかと思ってしまうのだが、捌いてから肉を熟成させているらしい。この旨みは熟成だったのか!と改めて感動する美味しさ。

惜しむらくは営業時間の短さで17時には閉まってしまうところなのだが、お持ち帰りも対応してくれるので、とんかつだけ買っていくというのもありだと思う。

とんかつつまり

とんかつ つまり
住所:新潟県中魚沼郡津南町大字芦ヶ崎乙203番地
時間:11:00-17:00
休み:水曜日

Related Post

大地の芸術祭 2015 – 松代エリア編 「新潟産ハートを射抜くお米のスープ 300円」 大地の芸術祭でみてまわった松代編。僕としては今回のトリエンナーレのなかで最も好きなエリアだし、最も印象に残ったエリア。 なにがすごかったって、スマイルズがやった「新潟産ハートを射抜くお米のスープ 300円」という作品。 スープストッ...
ラブレー(代官山)でランチ – 乙女心満載なかわいいフレンチ... 代官山にある老舗のフレンチレストラン。 前から気になっていたのだけど、なんかすごい可愛い感じの雰囲気で、行くのをためらっていたのだが、意を決して訪れてみた。 平日のランチだと1,000円くらいで一皿(お魚、お肉から選択)とパン、デザート、食後のコーヒー(または紅茶)がつくコースがあって(...
ひさびさに代官山 蚤の市の秋開催をみてきた – 2016年秋編... 代官山 T-SITEで春と秋に開催されている蚤の市。駐車場を使って開催されていて、アンティークショップを中心にお店が集まっている。 掘り出し物が見つかるというより、いつもの買い物とは目先が違うものが発見できるという楽しさがある。 平日の月・火というタイミングで開催されていることもあり、し...
カジュアルな雰囲気のなかで抜群に美味しいピザを食べられる中目黒の名店 – ピッツエリア ... 中目黒の駅からちょっと離れたところにあるのだけど、ここだけは外せないっていうくらいに美味しくて名店。 ランチも予約できるので、人数多いときなんかにもおすすめできるお店。ピザ嫌いはなかなかいないしね。 開放的というか、テラス席まであって半分屋外みたいなお店の雰囲気は東南アジアの屋台みたいで...
北海道屈指のパン工房 – bi.blé(ビブレ)でパンを買ってきた... 北海道で最も美味しい三つ星フレンチである札幌のモリエールや、美瑛にてミシュランガイドで一つ星を獲得している「アルペルジュ」など、北海道を代表するレストランを手がけているところが2014年に作った複合施設。 廃校になった小学校の敷地を活用して「北瑛小麦の丘」という名前の複合施設を作っている。敷地...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください