津南の奥の方にあるのは知っていて、その水の美味しさから気になっていた龍ヶ窪へ行ってみた。

津南の市街地からだとクルマで10分くらいだろうか。それほど奥地というわけでもない感じ。意外に開けているなっていう場所にあった。駐車場も整備されていて、協力費を支払う必要がある。

ゴールデンウィークに行ったのに歩道には雪が残っていた

なんの準備もなく訪れてしまったのだが、名水のあるところに行くときには定番として、水をくみ置きできるボトルを持っていった方がいい。管理事務所でも売っているのだけど、ちょっと割高感がある。

それにしても驚いたのは、訪れたのがゴールデンウィークの頃で暑いくらいの季候だったのに、龍ヶ窪のまわりにはいまだに積雪があったこと。名残的に残っているのではなく、遊歩道までがっつりと残っていて、気軽にスニーカーで来たことを後悔するというか笑ってしまった。こんな春の盛りにまだ雪があるのかあ、自然は厳しい。

しかし、この雪解け水こそが龍ヶ窪の源泉になっているのだろうな。どうやら、ここの湧水量は1日で池の水が入れかわってしまうくらいらしい。だから、ものすごい美しい池になっていて、絵本のなかとかでみる森の奥の泉のようだった。

この名水あってこその食事やお酒の美味しさなのだな・・と思うと納得感のある泉だなというところ。とくになにがあるというわけではないのだが、風景の美しさを含めておすすめできる価値があるなって思う。

龍ヶ窪

保存

Related Post

大地の芸術祭 2015 – 十日町エリア編... 新潟の越後妻有で3年に一度開催されているアートトリエンナーレ、大地の芸術祭をみてきた。 7月から9月にかけて行われているこのイベント。かなり広大なエリアにまたがっているので、今回3日間の滞在だったが全てを見てまわれる感じではなく、一部の有名どこの作品には行っていない。十日町エリアだと「絵本と木...
中之条ビエンナーレ2013(四万温泉編)... 芸術の秋!2年前に行ってすごい楽しかった、中之条ビエンナーレに今回も行ってきた。 六合からスタートして、初日で暮坂峠を抜けて沢渡を通り四万温泉へ向かう。この日は四万温泉にある中村屋という民宿に泊まるので、ここまで来ればもうお酒も飲めるってもんだ。 と、その前に中之条ビエンナーレをみてまわ...
鎌倉高校前の踏切は鎌倉屈指の観光スポットになっていた... 一直線の坂道が海までつづいていて、踏切を通る江ノ電とのコントラストが美しい風景。映画とかにもたまに出てきて、すごくフォトジェニックな場所になっている。スラムダンクで台湾や香港での人気が高まったみたいで、いまこの踏切に来ている旅行者って日本人よりも、台湾の旅行者が多いくらいだ。 踏切は江...
安曇野の廃線跡を歩いてみる 安曇野に住んでいる友人は、こっちの観光関連の組織に勤めているらしく、訪れてきた観光客へたまに「ハイ、こちらがおすすめですよ」とかやっているらしい。 そして、風ゆらでランチを食べながら、ランチ食べたあと軽くどこか観るところある?って話しをしていて向かったのは篠ノ井線の廃線跡。 1980年代...
台湾の古きよき雰囲気が残る四四南村... おしゃれで近代的な信義エリアの台北101ふもとに残る古い街並み。もともとは中国本土からやってきた人たちが定住して暮らしていたエリアだったのだが、再開発で移住して建物と街並みだけが残った場所。 いまでは、展示館とか「好丘 Good Cho’s」みたいなお店が入っていたりしていて、古さと新しさが混...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です