津南の奥の方にあるのは知っていて、その水の美味しさから気になっていた龍ヶ窪へ行ってみた。

津南の市街地からだとクルマで10分くらいだろうか。それほど奥地というわけでもない感じ。意外に開けているなっていう場所にあった。駐車場も整備されていて、協力費を支払う必要がある。

ゴールデンウィークに行ったのに歩道には雪が残っていた

なんの準備もなく訪れてしまったのだが、名水のあるところに行くときには定番として、水をくみ置きできるボトルを持っていった方がいい。管理事務所でも売っているのだけど、ちょっと割高感がある。

それにしても驚いたのは、訪れたのがゴールデンウィークの頃で暑いくらいの季候だったのに、龍ヶ窪のまわりにはいまだに積雪があったこと。名残的に残っているのではなく、遊歩道までがっつりと残っていて、気軽にスニーカーで来たことを後悔するというか笑ってしまった。こんな春の盛りにまだ雪があるのかあ、自然は厳しい。

しかし、この雪解け水こそが龍ヶ窪の源泉になっているのだろうな。どうやら、ここの湧水量は1日で池の水が入れかわってしまうくらいらしい。だから、ものすごい美しい池になっていて、絵本のなかとかでみる森の奥の泉のようだった。

この名水あってこその食事やお酒の美味しさなのだな・・と思うと納得感のある泉だなというところ。とくになにがあるというわけではないのだが、風景の美しさを含めておすすめできる価値があるなって思う。

龍ヶ窪

保存

Related Post

とんかつ つまりへの再訪、やっぱり抜群に美味しい... 前回の訪問から3ヶ月ちょっと経って再び、とんかつ つまりへ訪問。近所のお店より来ている気がするな。 店名が変わっても食事の品質に変わりはなく、豚肉の美味しさを楽しむことができる。僕としては越後妻有エリアのなかで由屋とともにおすすめしたい地元のお店。 津南産の妻有ポークを熟成させたものは、...
中之条ビエンナーレ2015 – 六合エリア編... 2年前に引き続き中之条ビエンナーレの旅。今年は越後妻有の大地の芸術祭に加えて、中之条のビエンナーレもあるという6年に一度の忙しい年。 前回の中之条ビエンナーレのときにはブログをはじめていたのでこちらにて(中之条ビエンナーレ2013)。 2年ぶりの中之条は変わらずきれいな田舎だった。とくに...
御射鹿池 – 絵になる風景 松本へ行く途中にちょこっと寄り道して、蓼科の御射鹿池をみてきた。みてきたというくらいの小さな農業用のため池で、普通に考えればただのきれいな池でしかないのだが、東山魁夷の「緑響く」のモチーフとして有名になり、またその絵画をつかったシャープのアクオスのCMでさらに有名になったという経緯がある。 ...
阿蘇にあるラピュタの道に行ってみた... 熊本旅行では、阿蘇あたりに行けばなにかあるんだろうなという軽い気持ちで来てみてしまった。 それはそれで楽しいのだが、しかし、空港の売店でみたガイドブックで「ラピュタの道」というのがあると知って探してきてみた。 熊本空港からは阿蘇方面に向かう途中のミルクロードという牧場が点在する地域にある...
庄内の豊かさを実感する「山居倉庫」... 酒田市における観光スポットの目玉のひとつが、この山居倉庫。江戸末期から20世紀初頭にかけて建てられていて、いまだに現役で使われている。倉庫のうち西日があたる部分にはケヤキが植えられていて、そのケヤキ並木はフォトジェニックな散歩コースとなっている。ちなみに、この並木道で倉庫と反対側は普通の住宅地なんだ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください