今回の旅の締めくくりは大地の芸術祭の作品で「たくさんの失われた窓のために」にしてみた。

いつも真夏とか、秋口くらいに来ることが多くて春に訪れるのははじめて。里山の風景は長い冬がようやく終わってひと息ついた感じ、これから本格的に春になるのだろうなという風景だった。

鉄枠にカーテンがかけられているだけのこの作品なのだが、僕はどうにもこれが心に残っていて、このカーテンとカーテン越しの風景をみるとなんだか無性に懐かしくなったり、寂しかったり、前に見に来たときのことを思い出したりしている。前に来たのは2013年の夏でその時に書いたのはこれ

通年で展示されている作品なので、芸術祭とは関係なく、このあたりに来たら立ち寄ってみて欲しいところ。

僕としては、今年は3年に1度開催される芸術祭の年でもあり、たぶんこのあとまた見に来るんだろうなと思っている。

たくさんの失われた窓たちのため

Related Post

大地の芸術祭への旅 2015年 この夏にもっとも長い旅。新潟の越後妻有で3年に一度開催されている大地の芸術祭へ行ってきた。なんだかんだと毎年のように来ているので、だんたんなじみ深い地域になっているのだが、それでもこのトリエンナーレの時期は特別な雰囲気。 今回の旅ではいつも泊まっているベルナティオを拠点に2泊3日まるまる全部、...
Meta Houseのギャラリーはプノンペンのいまを知ることができる... カンボジアにある美術館や博物館は既に死んじゃった過去の人の作品ばかり。 それはそれで美しい作品も多いけれど、いまの人たちはどういう考えがあって、どういう感覚なのだろうっていうことは美術館や博物館ではよく分からない。 ちょっと前までは内戦でそれどころではないという話しもあったのかもしれない...
旧朝倉家住宅で紅葉を楽しむ 都心で紅葉を楽しむということで、穴場的な存在なのが代官山にある旧朝倉家住宅。 もう去年のことになるけれど・・行ってきたので記録しておく。訪れたのは12月初旬で、紅葉は終わりかけていたのだけど、それでも平日は静かで人も少ないし、もともと静かな代官山の街の中でもひときわ落ち着いている。 &n...
アンコール遺跡巡り(ベンメリア編)... アンコール遺跡巡りで時間があれば言ってみるのがいいかなと思っているところ。シェムリアップの街からは結構離れいて、アンコール遺跡群を巡るのとは別の日程を組む必要がある。見学料金も別に必要となっているので注意が必要。 入口には警備員とか、自称ガイドみたいなのがいて、僕はこの人たちを雇ってガ...
アートアクアリウム2016へ行ってきた。... このブログをはじめるより前から、夏になると行っていたアートアクアリウム。2016年で10周年らしい。そんなにやっていたのか。 金魚をアート作品として宝石を眺めるようにみせるというのはすごく斬新でおもしろい。 過去のアートアクアリウム アートアクアリウム 2014ナイトアクアリウムをみて...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください