今回の旅の締めくくりは大地の芸術祭の作品で「たくさんの失われた窓のために」にしてみた。

いつも真夏とか、秋口くらいに来ることが多くて春に訪れるのははじめて。里山の風景は長い冬がようやく終わってひと息ついた感じ、これから本格的に春になるのだろうなという風景だった。

鉄枠にカーテンがかけられているだけのこの作品なのだが、僕はどうにもこれが心に残っていて、このカーテンとカーテン越しの風景をみるとなんだか無性に懐かしくなったり、寂しかったり、前に見に来たときのことを思い出したりしている。前に来たのは2013年の夏でその時に書いたのはこれ

通年で展示されている作品なので、芸術祭とは関係なく、このあたりに来たら立ち寄ってみて欲しいところ。

僕としては、今年は3年に1度開催される芸術祭の年でもあり、たぶんこのあとまた見に来るんだろうなと思っている。

たくさんの失われた窓たちのため

Related Post

いちはらアート×ミックス2014「与市郎桜のレジャーシート」編... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた記録なのです。 ということで、桜の咲くシーズンに里見駅近くにある与市郎桜と、そこに展示されていた「レジャーシート」という作品をみてきた。里見駅近くの無料駐車場に車を停めて、そこから徒歩10分くらいのところ。 一般住宅の敷地...
スイティエン公園は強烈な体験だった・・... 世界でトップクラスに有名で、「狂ったディズニーランド」ともいわれているスイティエン公園にいってきた。 場所はホーチミン シティの北東9区にあって、ベンタイン市場のバスターミナルから19番のバスに揺られること60~90分ほど。バスの車掌に「スイティエン」っていうとバス料金教えてくれるのでそのまま...
霧島アートの森は絶対おすすめのスポット... 薩摩川内から鹿児島空港に向かったのだけど時間もあるしと立ち寄ってみた美術館。山の上にあってアクセスがちょっと面倒なのだが、ここはすごい楽しかったしおすすめできる場所。 なんていうか、箱根彫刻の森美術館とかクレマチスの丘とかアートと自然が融合していて、そこにいるだけでとても居心地よくて気持ちがい...
目黒川の桜散歩 2016年の春の話。目黒川の桜並木をみるのに、だらだらと上流へ向かって散歩をしてみた。天気はちょっと汗ばむくらいの晴れた昼下がり、まだまだ花は盛りの時期で散っているものも少ない。まさに、この世の春の中心のようなところを歩いていた気がする。 出発は恵比寿で、そこから目黒の清掃工場の方に丘を越えて...
福島 夜の森にある桜のトンネル 福島の原発事故があってから立ち入ることができなかった福島県富岡町にある夜ノ森地区にある桜並木。樹齢100年を越える桜の並木道は圧巻の風景で観に行ってみたいと思いつつも、当分いけないんじゃないかと思っていたのだが2017年から一部が開放されて立ち入りができるようになったこともあり、花見山から向かうこと...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください