今回の旅の締めくくりは大地の芸術祭の作品で「たくさんの失われた窓のために」にしてみた。

いつも真夏とか、秋口くらいに来ることが多くて春に訪れるのははじめて。里山の風景は長い冬がようやく終わってひと息ついた感じ、これから本格的に春になるのだろうなという風景だった。

鉄枠にカーテンがかけられているだけのこの作品なのだが、僕はどうにもこれが心に残っていて、このカーテンとカーテン越しの風景をみるとなんだか無性に懐かしくなったり、寂しかったり、前に見に来たときのことを思い出したりしている。前に来たのは2013年の夏でその時に書いたのはこれ

通年で展示されている作品なので、芸術祭とは関係なく、このあたりに来たら立ち寄ってみて欲しいところ。

僕としては、今年は3年に1度開催される芸術祭の年でもあり、たぶんこのあとまた見に来るんだろうなと思っている。

たくさんの失われた窓たちのためたくさんの失われた窓たちのためたくさんの失われた窓たちのため

Related Post

林百貨の屋上から眺める景色について... 1932年に創業、1945年に一度つぶれてそれから紆余曲折を経て長いこと廃墟のようになっていたけれど、2014年に復活していまでは台南のランドマークのひとつになっている林百貨。 屋上から眺める景色が美しいらしく、前回は行きそびれていたので改めて行ってみることにした。 前回の訪問:林百貨で...
源光庵のふたつの窓「迷いの窓」「悟りの窓」をみてきた... 京都で紅葉となると寺院になることもあり、今回の旅では、ひさびさに寺院をめぐる旅をしている。ここ数年の京都旅では「寺院めぐりなんて修学旅行っぽい」とあまり見てまわらなかったのだが、ひさびさに来てみると新しい発見があったり、思いがけず美しい風景にめぐり会ったりと楽しめるものだなと改めて実感する。 ...
花よりビリヤニな千鳥ヶ淵の桜とインド大使館のフェスティバル... 千鳥ヶ淵の桜を観に行ったら、まだあまり咲いていなかった。しかし、九段下のインド大使館では「さくらフェスティバル2016」をやっていたので、これはいかなくては!と訪問。 これってまさに花より団子みたいな状態。とはいえ、インド大使館のこのイベントは面白いので外せない。都内のインド料理の名店が大使館...
美瑛の絶景「青い池」はお昼くらいに行くのもいいかと思う。... 美瑛にある奇跡のように美しい「青い池」。前にいったときには全然人がいなくて、こんな狭いところ入っていくのかよと思ったのだが、いまではカーナビに場所が示されているし、観光バスが止まれるような駐車場まで整備されている。すっかり美瑛の観光地として定着している。 今回ひさびさに訪れたけれど、みやすいよ...
「リビングルームⅡ」ミシェル・ブラジー展をみてきた... 銀座エルメスの8階にあるギャラリーでミシェル・ブラジー展をみてきた。エルメスに入るなんてイベントホールくらいしか用がないのだが、一階で売っているApple Watchのエルメスバージョンは気になっている(しかし2年で価値が消滅しかかるアクセサリーはちょっと高いなあ)。 エルメスのイベントホール...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です