エアアジアのBIGセールでものすごい前にチケットを買っていたのだが、すっかり忘れていて危うく行き忘れるくらいだった。

詳細をみたらほとんど1年前に購入していたのだが、よくまあ1年前の僕は、先のことも考えずにチケットを買ったものだ。それくらい安かったわけだが。

フライトのスケジュールとしては、羽田を23時くらいに出発してクアラルンプールには翌朝に到着、帰りはクアラルンプールを15時過ぎくらいに出て羽田は23時前に到着するので僕としては理想的なフライト。羽田の国際線ターミナルは駐車場が近いので僕はクルマで行ってしまうのだが、このエアアジアのフライトだと公共交通機関も動いているので便利だと思う。

クアラルンプール空港にて
羽田でのチェックインカウンターはK

エアアジアのチェックインカウンターはKカウンターなのでちょっと端の方。とはいえ、それほど大きなターミナルではないので混まない。チェックインが済んでいて預け入れの荷物がなくても、いったんカウンターに立ち寄る必要があるみたいで、そこで手荷物の重さをはかられる。結構厳しくやっていたなという感じ。バッグについては、最近はフランス軍のパラシュート部隊が使っていたダッフルバッグを愛用している。

手続きすませて出国。羽田では六厘舎が出店していて、うわさのつけ麺を食べてみたかったのだが、出てくるまで20分はかかるといわれて断念。普通のラーメンにしてみたが、それでも美味しかった。羽田空港は待ち時間も楽しめるのがいい。

六厘舎のラーメンが羽田に出店していた

今回のフライトではクワイエットゾーンというちょっと高めの料金を払って静かなエリアを選択したのだが、普通の飛行機だとビジネスクラスにあたるエリアだったのでたしかに機内も静かだったし、なにより空いていたので座席を独占して寝転がっていけたのは楽ちんだった。ただし、機内の空調は相当に冷え込むのでジャケットとか持っていった方がいい。

羽田-クアラルンプールはエアアジア。クワイエットゾーンは空いていた。
帰りのフライトでは機内食を頼んでみた。うまい。

クアラルンプールには翌朝早朝に到着。去年新しく出来たklia2ターミナルになって混雑が緩和されたのか、とくに並ぶこともなく入国手続きが出来たし、帰りの便も非常にスムーズに出国ができた。

帰りのフライトでは機内食も頼んでいたのだが、これが結構美味しくてこの値段だったら頼むよなってところ。

クアラルンプールまで往復2万円台で行けるとかいうのであれば、旅のスタイルを自分で選べるエアアジアのフライトを選択する価値は高いと思う。

チケットはエアアジアのサイトから直接購入した。

帰りのフライトは窓際もおすすめ

エアアジア

保存

Related Post

エアアジア X(成田-バンコク)搭乗記... 2016年6月はインドシナ半島を旅してきた。まずは、エアアジアでバンコクまで。 思えばこのチケットはなにするか決めていなくて一年前のセールで買ったものだった。去年も似たような状況でうっかりマレーシアに行くことを忘れかけていた。あまりにも早くからエアチケット買っておくのも考えものだよな。 ...
ペトロナス ツインタワーは圧巻の風景... クアラルンプール観光のハイライト。ペトロナスタワーに来てみた。 写真で見る限りは夜の風景が美しい感じがしていたのだが、夜はもう疲れて宿で寝てしまっていたので昼間の風景のみ。そして、タワーには上ることも出来るのだが、そもそも高いところに興味がないので(というか好きではない)今回はパス。 ...
イスラム美術の美しさに魅了される!クアラルンプールの「イスラム美術博物館」に行ってきた... よく読んでいるWagamama Travelで紹介されていて、クアラルンプールに来たら訪れたいと思っていた美術館。イスラム文化の芸術の圧倒的な存在感を体験することができる。心残りといえば、ラマダンの時期だったのでレストランがクローズしていたのは本当に残念。 気づかず行ったのだが、あわせて訪れた...
LCC機内持ち込みバッグに最適 Karrimor – Airport pro 40R... LCCって自分で受けるサービスの範囲を決められるところがIKEAに似ていると思う。そんななかで、一番重要な要素のひとつとなるのが持ち込み荷物の制限になると思うのだが、僕はいまのところKarrimor - Airport pro 40Rを愛用中。このバッグのいいところは以下の点。 サイズ的にL...
チャイナエアライン搭乗記(成田~台北桃園)... 2014年12月の飛び石連休を利用して台北に行ってきた。前回のスクートがさんざん(というほどのことじゃないかもしれないが、面倒)だったので、今回はチャイナエアラインを利用。 結論としては、値段の差があまりないのでチャイナエアラインでいいんじゃないだろうか、というところ。 やはり、レガシー...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください