ペナン博物館ペナンについてはプラナカン文化くらいしか知らずにやってきたのだが、観光的な見どころは結構あって、僕としてはこのペナン博物館も面白かった。

この島の成り立ちが展示物とともに説明されている。華僑による文化の形成や、第二次世界大戦には日本軍が駐留したことなどが資料とともにかかれている。僕としては第二次世界大戦にここまで来た日本人がいたのかと感慨深いものがある。きっと、大多数の日本人にとっては、第二次世界大戦が海外へのはじめての渡航で、外国とのはじめての接触だったのだろうな。どういう感想をもっていたのだろうか。自分が望んでいないものもあったかと思うけれど。

ペナン博物館ペナン博物館ペナン博物館ペナン博物館

ペナン博物館それより前の時代の展示は豪華で美しい。華僑がつくってきたプラカノン文化だが、中華圏の影響がありつつ、タイでよく見かけるようなグリーン系の色とか、ちょっと独自の感覚があるなって思える。

展示に書かれているのは英語だけど、写真や衣装など目で見てもわかる資料が沢山展示されているので楽しめると思う。建物も歴史がある感じだし、廊下とかなかの雰囲気も美しい。

朝イチで訪れたのだが、人も少なくてじっくり見られたのがよかった。それほど大きな博物館でもないので、じっくりみても1時間かからないくらいだし、ちょっと立ち寄ってみてもらいたいところ。

ちなみに、Google Mapだとペナン美術館の位置が複数出てきたり間違えていたりするのだが、正しくは下の地図の通り。

ペナン博物館 (Penang Museum)
住所:Farquhar Street, Georgetown, Penang
時間:9:00-17:00
休み:金、祝日

Related Post

市原湖畔美術館で「ロマネコンティ・ピクニック」をみてきた... 市原湖畔美術館 市原湖畔美術館で開催されているEAT&ART TAROの「ロマネコンティ・ピクニック-美味しいの探し方-」という展覧会をみに行ってきた。 市原湖畔美術館といえば、去年の「いちはらアートミックス」の会場だったのだけど、駐車場が高くてスルーしたところ。 しかし...
川村記念美術館「絵の住処」展と大賀蓮... すごいひさびさに千葉の佐倉にある川村記念美術館へ行ってきた。2015年5月26日-2016年1月11日までやっているのは開館25周年記念となる「絵の住処」展。ずいぶん長いことやる予定になっている。 ここは常設展に観たいものがそろっているのだけど、その部分も使って美術館を再構築している感じ。だか...
会津若松城(鶴ヶ城)は歴史のないビルだが新選組ゆかりの展示は必見... 2016年夏の旅、まずは東北への日帰り旅。友人が運転する車に乗っていったので久々に気楽な旅をしてきた。 東北道を北上して向かったのは会津。ずっと昔に来たことがあったのだが、最近は通りすぎてばかりだったので気になるエリアだったのです。ここのところ、明治維新の時代小説を読むことが多く興味深い。戊辰...
金沢21世紀美術館の無料エリアを散策してきた... 早朝に大阪を出て快速電車で福知山まで、そこから列車を乗り継いで夜には金沢までやってきた。すごい非日常で旅行している感じがある。乗り鉄旅、移動ばかりだけど、その移動自体が楽しい。 金沢駅では駅前のアパホテルに泊まっていて(やはり翌朝早いので)、チェックインしてたらすっかり夜になってしまった。金沢...
松本市美術館のメアリー・ブレア展と草間彌生の常設展... 今回の信州への旅では、サイトウキネンフェスティバルを聴きに来るために松本へ来たのだけど、いつも立ち寄っている松本市美術館でメアリー・ブレア展をやっていたので、ちょっと観てきた。 松本市美術館は駐車場が建物横に併設されていてアクセスも便利だし、なにより常設展が面白い。日本国内の地方美術館でもトッ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください