ペナン博物館ペナンについてはプラナカン文化くらいしか知らずにやってきたのだが、観光的な見どころは結構あって、僕としてはこのペナン博物館も面白かった。

この島の成り立ちが展示物とともに説明されている。華僑による文化の形成や、第二次世界大戦には日本軍が駐留したことなどが資料とともにかかれている。僕としては第二次世界大戦にここまで来た日本人がいたのかと感慨深いものがある。きっと、大多数の日本人にとっては、第二次世界大戦が海外へのはじめての渡航で、外国とのはじめての接触だったのだろうな。どういう感想をもっていたのだろうか。自分が望んでいないものもあったかと思うけれど。

ペナン博物館ペナン博物館ペナン博物館ペナン博物館

ペナン博物館それより前の時代の展示は豪華で美しい。華僑がつくってきたプラカノン文化だが、中華圏の影響がありつつ、タイでよく見かけるようなグリーン系の色とか、ちょっと独自の感覚があるなって思える。

展示に書かれているのは英語だけど、写真や衣装など目で見てもわかる資料が沢山展示されているので楽しめると思う。建物も歴史がある感じだし、廊下とかなかの雰囲気も美しい。

朝イチで訪れたのだが、人も少なくてじっくり見られたのがよかった。それほど大きな博物館でもないので、じっくりみても1時間かからないくらいだし、ちょっと立ち寄ってみてもらいたいところ。

ちなみに、Google Mapだとペナン美術館の位置が複数出てきたり間違えていたりするのだが、正しくは下の地図の通り。

ペナン博物館 (Penang Museum)
住所:Farquhar Street, Georgetown, Penang
時間:9:00-17:00
休み:金、祝日

Related Post

夏の碌山美術館にも来てみることにした... 萩原碌山の作品をメインにした個人美術館である碌山美術館。冬の時期に訪れて美術館のエントランスで炊かれていた薪ストーブの様子や、雪に覆われた様子の雰囲気が絵本の世界のようでとても美しく、季節を変えてまた来たいと思っていた。ということで、夏の終わりのこのタイミングで再びの訪問。 冬の訪問:安曇野の...
六本木でやっていたスヌーピー展をみてきた... ふるいチャーリー・ブラウンの人形 2013年10月12日(土)~ 2014年1月5日(日)の期間、六本木の森アーツセンターで開催されていた、「スヌーピー展 しあわせはきみをもっと知ること」というピーナッツのコミック原画展をみてきた。 このブログがアップされる頃にはとっくに終...
KLIA2から市内まで、市内の交通 以前のクアラルンプール国際空港のLCCターミナルはまず、普通のターミナルまでバスで移動してそこから鉄道とか面倒そうだという話を聞いていたのだが、新しいLCCターミナルであるKLIA2は鉄道が直接乗り入れているので市内までの移動は普通に楽だった。 KLIA2からクアラルンプール市街であるKL C...
ペナンで本格的なインド料理を楽しめる KAPITAN... マレーシアに来てインド料理かって思っていたけれど、すごい美味しい。 そして、ペナンのミックスカルチャーな感じを体験しているなっていうくらいに本場の雰囲気と味は面白い。 店員もお客も、店の周りの雰囲気もインドみたいだものな。 ジョージタウンでも人気のインド料理レストランであるカピタン...
ペナンならではの屋台料理はキンバリーストリートで!... キンバリーストリート ペナンのことをなにも知らないままに来てしまい、泊まっていたAirbnbの部屋でブログとか読んでいて、キンバリーストリート(Kimberley St.)あたりに美味しい屋台のお店がたくさんあるという情報を入手。さっそく、夕食時に向かってみた。 ペナンの市街地のなかに...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください