ペナン博物館ペナンについてはプラナカン文化くらいしか知らずにやってきたのだが、観光的な見どころは結構あって、僕としてはこのペナン博物館も面白かった。

この島の成り立ちが展示物とともに説明されている。華僑による文化の形成や、第二次世界大戦には日本軍が駐留したことなどが資料とともにかかれている。僕としては第二次世界大戦にここまで来た日本人がいたのかと感慨深いものがある。きっと、大多数の日本人にとっては、第二次世界大戦が海外へのはじめての渡航で、外国とのはじめての接触だったのだろうな。どういう感想をもっていたのだろうか。自分が望んでいないものもあったかと思うけれど。

ペナン博物館ペナン博物館ペナン博物館ペナン博物館

ペナン博物館それより前の時代の展示は豪華で美しい。華僑がつくってきたプラカノン文化だが、中華圏の影響がありつつ、タイでよく見かけるようなグリーン系の色とか、ちょっと独自の感覚があるなって思える。

展示に書かれているのは英語だけど、写真や衣装など目で見てもわかる資料が沢山展示されているので楽しめると思う。建物も歴史がある感じだし、廊下とかなかの雰囲気も美しい。

朝イチで訪れたのだが、人も少なくてじっくり見られたのがよかった。それほど大きな博物館でもないので、じっくりみても1時間かからないくらいだし、ちょっと立ち寄ってみてもらいたいところ。

ちなみに、Google Mapだとペナン美術館の位置が複数出てきたり間違えていたりするのだが、正しくは下の地図の通り。

ペナン博物館 (Penang Museum)
住所:Farquhar Street, Georgetown, Penang
時間:9:00-17:00
休み:金、祝日

Related Post

台北ビエンナーレをみてきた 台北市立美術館 2014年9月~2015年1月にかけて行われていた台北ビエンナーレをみてきた。 会場となっていたのは台北市立美術館で、基本的にはここでだけビエンナーレが開催されている。複数会場とかでやっていてもう少し盛り上がっているのかと思っていたが、そんな感じもなさそう。というところ...
SYARIKAT PEKING ARTS&CRAFTS(昌勝)はペナンの本格的アンティーク... お店の外観 このアンティークショップも、気に入っているブログで紹介されていて行ってみたところ。 なかなか見つからなくてどこにあるのかって悩んでいたのだが、なんと今回泊まっているAirbnbの部屋から歩いて1分くらいのところだった。 最寄りのセブンイレブンに行くより、このお店行った...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の犬島編)... 瀬戸内国際芸術祭の夏編をみてきた。犬島までは直島からは途中豊島に寄港する高速艇で1時間ほどかかる。 当初の予定では、豊島にいってから犬島に行くルートを計画していたのだが、四国汽船に高速艇の混雑具合を電話で質問したときに「豊島から犬島への航路はたまに乗れないことあるから、まずは犬島まで行くべし」...
松本市美術館のメアリー・ブレア展と草間彌生の常設展... 今回の信州への旅では、サイトウキネンフェスティバルを聴きに来るために松本へ来たのだけど、いつも立ち寄っている松本市美術館でメアリー・ブレア展をやっていたので、ちょっと観てきた。 松本市美術館は駐車場が建物横に併設されていてアクセスも便利だし、なにより常設展が面白い。日本国内の地方美術館でもトッ...
藤沢周平記念館、好きな人にはたまらないマニアックな個人文学館... 鶴岡で洋館めぐりの散歩をしたあと、前から気になっていた藤沢周平記念館に行ってみた。「蝉しぐれ」など時代小説の作家として有名な藤沢周平は鶴岡の出身なのです。 そして、直筆の原稿や資料や書斎の再現、なんなら昔済んでいた家の庭木までも移植していて藤沢周平の世界観を感じることができる。 これは...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください