エスニックな感覚をもった印象派の絵画を観ているみたいに青が美しい建物。この建物をみることはペナン旅行のハイライトだと思う。それくらい印象深い。

ペナンのジョージタウンの中心地にある「チョン・ファッ・ツィー・マンション(Cheong Fatt Tze Mansion)」は、その建物の外観からブルー・マンションと呼ばれている。

ブルーマンションブルーマンションマレーシアで成功した中国人実業家チョン・ファッ・ツィーが暮らした場所であり、中国スタイルの邸宅になっているのだが、タイルやステンドグラスなどヨーロッパ風なところも融合されている。

装飾は中国のスタイルなのだが、建物の青さはヨーロピアンな感じ。まさにプラナカン文化の最高傑作じゃないかと思う。

ブルーマンションブルーマンションブルーマンション現在はホテルとして営業しているのだが、メインホールとその奥は1日2回(11:00,15:00)のツアーで一般にも開放されていて見学することができる。ツアーの時間は1時間ほどになるのだが、日本人の観光客は途中で抜け出している人たちもいた。もったいない。

邸宅のなかにある吹き抜けは細部まで美しく、展示されている備品やタイルも美しい。外は暑いのに吹き抜けには風が通って気持ちがいいのが印象的だったなあ。

ブルーマンションブルーマンションブルーマンション宿泊者のスペースには入ることはできないのだが、ここもきれいな感じがする。

僕はペナンに来るまでここに泊まれることを知らなかったのだが、一泊1.5万円くらいと手軽に泊まることができるので、部屋が空いていれば泊まってみるのもよさそうだなと思うところ。てか、泊まってみたい。

ちなみに、見学コースの最後には定番ともいえるお土産物コーナーがあるのだが、そこではびっくりするくらい見どころがなかった。それ以外は完璧に美しい。外観の青さと屋根にまで装飾されているアートは必見。

ブルーマンションブルーマンションブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)
住所:14, Lebuh Leith, 10200 George Town, Pulau Pinang
ツアーの時間:11:00 / 15:00(15分前にチケット販売)

Related Post

シャンハイマンション(バンコク)宿泊記... 今回の旅において、新しいホテルに泊まってみるかと利用してみたところ。 バンコク中央駅ともいえるフアランポーン駅からは徒歩10分くらいの場所にあって、ヤワラートという中華街のど真ん中にあるチャイニーズスタイルなホテル。 正直、バンコクの中華街に用事がなければ立地がいいとは言いがたいのだが、...
マドゥジホテル (Maduzi Hotel)バンコク宿泊記... プラナコーン ノーンレンでの宿泊はすごく印象に残るもので楽しいのだけど、それでもちょっと便利なところに移動したいなということで、スクンビットエリアに宿を移してきた。 場所はアソーク駅のそばで、常宿にしているシタディン スクンビット 16の近くにある小さなホテル。 高い壁に囲まれたレジデン...
リオデジャネイロ現代建築の見所のひとつ – カテドラル・メトロポリターナをみてきた... 遠くからみるとピラミッドのよう リオデジャネイロには大聖堂がふたつあって、古くからあるのはリオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)と呼ばれていて、もうひとつのこちらは1976年に建てられた現代的な大聖堂。 ちょっと古さを感じるモダンアートっぽいデザインは一見奇抜なのだけど、厳かな...
エアアジアX(羽田〜クアラルンプール)搭乗記... エアアジアのBIGセールでものすごい前にチケットを買っていたのだが、すっかり忘れていて危うく行き忘れるくらいだった。 詳細をみたらほとんど1年前に購入していたのだが、よくまあ1年前の僕は、先のことも考えずにチケットを買ったものだ。それくらい安かったわけだが。 フライトのスケジュールとして...
まるでコッツウォルズの風景みたい!美瑛の「スプウン谷のザワザワ村」に泊まってきた。... 去年の北海道旅行でも泊まりたかったのだが、予約がいっぱいで宿泊できず今回ひさびさに泊まることができた。ここに来ると、時間の流れが違う感じでのんびりと外の風景を眺めながら本を読んで過ごしたりしている。 今回の旅では星野道夫の「ノーザンライツ」をもっていったのだけど、この場所で読んでいてよかったな...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です