エスニックな感覚をもった印象派の絵画を観ているみたいに青が美しい建物。この建物をみることはペナン旅行のハイライトだと思う。それくらい印象深い。

ペナンのジョージタウンの中心地にある「チョン・ファッ・ツィー・マンション(Cheong Fatt Tze Mansion)」は、その建物の外観からブルー・マンションと呼ばれている。

ブルーマンションブルーマンションマレーシアで成功した中国人実業家チョン・ファッ・ツィーが暮らした場所であり、中国スタイルの邸宅になっているのだが、タイルやステンドグラスなどヨーロッパ風なところも融合されている。

装飾は中国のスタイルなのだが、建物の青さはヨーロピアンな感じ。まさにプラナカン文化の最高傑作じゃないかと思う。

ブルーマンションブルーマンションブルーマンション現在はホテルとして営業しているのだが、メインホールとその奥は1日2回(11:00,15:00)のツアーで一般にも開放されていて見学することができる。ツアーの時間は1時間ほどになるのだが、日本人の観光客は途中で抜け出している人たちもいた。もったいない。

邸宅のなかにある吹き抜けは細部まで美しく、展示されている備品やタイルも美しい。外は暑いのに吹き抜けには風が通って気持ちがいいのが印象的だったなあ。

ブルーマンションブルーマンションブルーマンション宿泊者のスペースには入ることはできないのだが、ここもきれいな感じがする。

僕はペナンに来るまでここに泊まれることを知らなかったのだが、一泊1.5万円くらいと手軽に泊まることができるので、部屋が空いていれば泊まってみるのもよさそうだなと思うところ。てか、泊まってみたい。

ちなみに、見学コースの最後には定番ともいえるお土産物コーナーがあるのだが、そこではびっくりするくらい見どころがなかった。それ以外は完璧に美しい。外観の青さと屋根にまで装飾されているアートは必見。

ブルーマンションブルーマンションブルーマンション(Cheong Fatt Tze Mansion)
住所:14, Lebuh Leith, 10200 George Town, Pulau Pinang
ツアーの時間:11:00 / 15:00(15分前にチケット販売)

Related Post

ふたたびのプラナコーン ノーンレン ホテル宿泊... ウドンタニから夜行列車で戻ってきて、バンコクの宿は下町エリアのドゥシットにあるPhranakorn-Nornlen (プラナコーン ノーンレン)にしたみた。もう何度もリピートしているホテルですごく好きなところ。 過去の宿泊記はこちら おしゃれだけれどおすすめする人を選ぶホテル「プラナコーン ...
ニテロイ現代美術館へ行ってきた リオデジャネイロでもっとも来てみたかったところのひとつ。現代美術とか現代建築が好きな人にはたまらないところ。 リオデジャネイロの市街地からはちょっと遠いけれど、公共交通機関を使って手軽に行くことができる。 美術館はリオデジャネイロ郊外のニテロイ市にあるため、行き方としてはセントロからグア...
ペナンで本格的なインド料理を楽しめる KAPITAN... マレーシアに来てインド料理かって思っていたけれど、すごい美味しい。 そして、ペナンのミックスカルチャーな感じを体験しているなっていうくらいに本場の雰囲気と味は面白い。 店員もお客も、店の周りの雰囲気もインドみたいだものな。 ジョージタウンでも人気のインド料理レストランであるカピタン...
建築的に見ていて楽しい高雄の地下鉄駅紹介「中央公園駅」... 高雄の地下鉄といえば、オフィシャルキャラクターが萌えキャラでなんかすげえなと思ってしまうのだが、それ以外にも現代建築として面白いところがある。 有名なのはターミナル駅である美麗島(フォルモサ)駅の建物と改札のステンドグラスだけど、今回行ってみた中央公園駅もまたのどかでいいところだった。 ...
オールドグリーンハウスのホーカーズは地元感があっておすすめ... ホーカーズとは屋台村フードコートみたいなもので、ちょっとした開放的な建物のなかの中心に椅子とテーブルがある。そして、そのまわりと各種屋台がぐるりと取り囲んでいるスタイルのお店。ドリンク類はホーカーズの店舗が仕切っているところが多くて別注文になっていることが多い。 このスタイルだと、まず屋根があ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください