ペナンで有名なスイーツといえばチェンドルというかき氷。なかでもペナン通り(Jalan Penang)にある屋台みたいなお店が有名で賑わっている。

というか、狭い路地みたいなところでみんな立ち食いでかき氷をすすっている光景がすごい不思議。

チェンドルとは、ココナッツミルクのなかに寒天みたいなゼリーが入っていて、下の方に黒糖の味がするかき氷が沈んでいるといういかにも南国な雰囲気のかき氷。

アイスカチャンとチェンドルしかし、見た目は「なんで、どうして、こんなことに」というくらいに食欲をそそられないし、これ大丈夫なのか?と思うことは確実。「水色の器に白いココナッツミルクの海に沈む緑色の虫」にみえる。または顕微鏡でみたウィルス。

この絶妙に最悪な色の配色と緑虫・・ではなく寒天みたいなゼリーの形状はなんなのだろう。文化によって人の価値観は変わるのだなと、しみじみと思う。

アイスカチャンとチェンドルしかし、味については世界共通なのかすごく美味しい。とにかく、暑いさなかに食べるかき氷は生き返る。とくに、下にあるかき氷がうまい。

それほど冷えてもいないココナッツミルクとあわせると、さらに両者を高め合うようなよさがある。そして、値段も空気のように安い。あとから知ったのだが、少し別料金を払えば店内に座って食べることもできるみたい。立ち食いすることもなかったのか。

ペナンのかき氷は見た目に騙されることなく、勇気をもって食べてみることをおすすめする。

Penang Road Famous Teochew Chendul
時間:10:30-19:00

Related Post

小島屋製菓店の志ん子餅はお土産に最適... 志ん子餅という和菓子。外側の皮はコシがあってモチモチしている。中の餡子は甘さ控えめで上品な感じ。 白い宝石みたいに美しい見た目もいいな。なにより地元十日町のコシヒカリの上新粉を使った餅は絶品。甘いものがそんな得意じゃなくても、いくらでも食べられる。 このお土産。越後妻有のお土産として有名...
築地「茂助だんご」の三兄弟を食す 築地にある老舗の団子屋さん。創業が明治31年(1898年)というから、100年以上の歴史がある。いまでは場外にも支店がいくつか出来ているけれど、行ってみたのは水神社のすぐ近くで創業当時の面影を残している、昔から営業しているお店。 お店の軒先でお団子を販売していて、店内にはテーブル席がいくつかあ...
お菓子工房ヴィシー(Vichy)と南魚沼の美女旅... もともと今回の旅行は小布施で朱雀を食べて、そのあと南魚沼まで強引に抜けて美女旅をみよう!ということだったのだが、さすがに日帰りはないだろう・・と越後妻有のベルナティオに泊まるという旅になった次第。 で、その美女旅というものなのだが、これが「本当にこんなきれいな人が南魚沼にはたくさんいるのか!と...
papabubble taipeiは台北土産のおすすめ 台湾のお土産ってパイナップルケーキとかくらいしか思い浮かばなかったのだが、パパバブレの台北店があると知って訪れてみた。 パパバブレ自体はバルセロナにあるキャンディ屋さんで、日本だと中野にあるところ。すごく細工のこまかいアートな金太郎飴をつくるという感じで、台北限定のキャンディがあると知りきてみ...
アクイーユ(恵比寿)でランチにパンケーキ、そして夜はケーキバイキング... 恵比寿から代官山へ抜けていく通り沿いにあるおしゃれなカフェで、前から気になっていたのだが予約をしてようやく訪問できた。ランチも夜も予約しないと入るのは困難な人気店。 ここの名物はスノッブな店内とおしゃれなパンケーキ。ランチにパンケーキとか正気の沙汰か、て思うところはあったのだが、実際にきてみる...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です