ペナンで有名なスイーツといえばチェンドルというかき氷。なかでもペナン通り(Jalan Penang)にある屋台みたいなお店が有名で賑わっている。

というか、狭い路地みたいなところでみんな立ち食いでかき氷をすすっている光景がすごい不思議。

チェンドルとは、ココナッツミルクのなかに寒天みたいなゼリーが入っていて、下の方に黒糖の味がするかき氷が沈んでいるといういかにも南国な雰囲気のかき氷。

アイスカチャンとチェンドルしかし、見た目は「なんで、どうして、こんなことに」というくらいに食欲をそそられないし、これ大丈夫なのか?と思うことは確実。「水色の器に白いココナッツミルクの海に沈む緑色の虫」にみえる。または顕微鏡でみたウィルス。

この絶妙に最悪な色の配色と緑虫・・ではなく寒天みたいなゼリーの形状はなんなのだろう。文化によって人の価値観は変わるのだなと、しみじみと思う。

アイスカチャンとチェンドルしかし、味については世界共通なのかすごく美味しい。とにかく、暑いさなかに食べるかき氷は生き返る。とくに、下にあるかき氷がうまい。

それほど冷えてもいないココナッツミルクとあわせると、さらに両者を高め合うようなよさがある。そして、値段も空気のように安い。あとから知ったのだが、少し別料金を払えば店内に座って食べることもできるみたい。立ち食いすることもなかったのか。

ペナンのかき氷は見た目に騙されることなく、勇気をもって食べてみることをおすすめする。

Penang Road Famous Teochew Chendul
時間:10:30-19:00

Related Post

三軒茶屋で台南の味「蜷尾家(二ナオ)」でのソフトクリーム... 台南で人気の蜷尾家が東京に進出するというニュースを聞いてびっくりした。たしかに台湾でも人気のお店だけど、あの台南の街角でやっている小さなお店のソフトクリームが日本でも、しかも東京で食べられるとは。なんという幸運なのだろうか。 台南のお店はこんな感じ 蜷尾家甘味處のソフトクリームふたたび 蜷...
ペナン街歩き クアラルンプールからペナンまでは飛行機で40分くらい。すぐのところにある。 マレーシアのペナンはクアラルンプールから飛行機で40分くらい。結構大きな島でクアラルンプールに次いで第二の都市になっている。200年くらい前はジャングルだったとか信じられないが、島の東側はまだまだ緑が多い。 リ...
みたらし団子発祥の地「加茂みたらし茶屋」で食べる。... 森見登美彦の小説でもたびたび登場する下鴨神社と糺の森、2月はさすがに閑散としていて森も寂しい感じなのだが、ちょうど散歩をしていたときは春の気配を感じるような眠たげな光があって森を散歩していて気持ちよかった。どこかで狸に出会わないかなって思いながら歩いていたが会えず。 みたらし団子って下鴨神社が...
エアアジア(クアラルンプール – ペナン)搭乗記... klia2の国内線ターミナルにある唯一まともなレストラン 長距離便のエアアジアXで羽田からクアラルンプールに到着、いったん入国してSIMカードとかを購入して、今度は国内線でペナンまで移動。エアアジアでのクアラルンプールにおける乗り継ぎはklia2のオープンでだいぶ便利になったんだと思う。普通...
松之助 NYのパンケーキ 代官山界隈でランチあとにお茶するならってことで、立ち寄ってみた。おしゃれなカフェなのだが、ニューヨークスタイルのカフェらしく、それで店名が「松之助N.Y.」なんだろうな。 ここは、もともとは平野顕子のアップルパイが有名なお店なのだけど、いまはフォトジェニックで美味しいパンケーキも有名になってい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください