Regalia Residence、ややくたびれた外観
Regalia Residence、ややくたびれた外観

どうやってこの部屋をみつけて、そしてなにを間違えてここを予約したのかよく覚えていない。

しかし、ひとつだけはっきりしているのは、今回クアラルンプールで僕が泊まったベスト KL シティビュー スタジオ アット レガリアはホテルではないし、あえてここに泊まる必要もないということだ。

部屋としては悪くないんだけれど、そして立地も・・よくはないが落ち着いたいい街だと思うので、僕はそれほど嫌いじゃない。

でも、重要なのはBooking.comでホテルとして登録されているのに、じつはホテルじゃなかったということ。まさか、僕はマレーシアでペナンにつづいてクアラルンプールでも民泊をすることになるとは。

レジデンスとなり住んでいる人も多数
レジデンスとなり住んでいる人も多数

なお、さきほどから繰り返している通り、ここがホテルではないデメリットは以下の通りで結構ある。

  • フロント、ロビーがない。
  • チェックアウトしたらもう部屋に入れない。
  • 鍵の受け渡しにWhatsappのアプリが必須。
  • クレジットカードが使えない、現金決済のみ。

ということで、下手なAirbnbの物件よりも面倒。

部屋は広くてきれい
部屋は広くてきれい
キッチンもあったりしてゆっくりできる
キッチンもあったりしてゆっくりできる
水回りもまあ普通
水回りもまあ普通
最寄りであるPutra駅
最寄りであるPutra駅

一番気になったのは、直前になって「掃除台が必要だから」ということで、予約時の金額よりも高い請求になったこと。

しかも現金で。

それなら最初から掃除代とか含まれるAirbnbの方がマシだろうと思う。

また、鍵の受け渡しもWhatsappというトークアプリを使って、レジデンスの下の階で待ち合わせて、そのあと一緒に部屋にいきハウスルールなどをレクチャーされるので、フレキシブルさみたいなものは全くない。かなり面倒。

Putra駅からレジデンスへの近道。スーツケースとか持ってたらまず移動できなさそう。
Putra駅からレジデンスへの近道。スーツケースとか持ってたらまず移動できなさそう。

一番びっくりしたのは、チェックアウト時は内扉を半開きにした状態で扉の外側の鉄格子の鍵をしめて、鍵を部屋のなかに投げ込んだあと内扉のオートロックをしめるという方法。

これ・・扉しめた後に「あ、忘れ物した」とかなってもどうにもならない可能性が高いので、案外プレッシャーがかかる。

しかし、それ以外の部屋の設備とかに関しては、僕はそんなに嫌いではない。空港からの鉄道の発着駅であるKL Sentralから郊外路線に乗ってみっつほど郊外に行ったPutraの駅は代々木八幡駅みたいでのどかで面白かったし、部屋はまあちょっとくたびれているもののわりとしっかりしていて広々としている。Wi-Fiつながらないのはどうかと思うが、自分の携帯あったので僕は問題なし。

とはいえ、まあ僕はもう泊まらないだろうな。Booking.comも変なところ取り扱っているよなあって思ってしまった。

ベスト KL シティビュー スタジオ アット レガリア(BEST KL City View Studio at Regalia)
住所:Regalia Residence, 2 Jalan Anjung Putra, Off Jalan Sultan, Kuala Lumpur

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です