20130713-2013-57-01000以前に行った士林夜市はいまいちだったのだが、ほかにやることもないのと「銀河観光夜市は面白いから行ってみ」という友人の提案もあり、ちょっと行ってみた。

MRT後山埤駅で降りて、五分埔を通り抜けながらのんびりとアクセス。20:00前くらいかなあ・・に着いたのだけど、週末だったこともありすっかりお祭りの賑わい。

士林夜市と比べると規模は小さいけれど、その分凝縮されたおもしろさがある。観光夜市とかいう名前がついているけれど、ピンボールみたいなゲームをけだるげに女の子がプレイしていたりするのがちょっと地元のお祭りって感がある。そして、ちょっとまがまがしいところが面白い。香港の廟街夜市から少し怪しさと不潔さを取り除いた感じ。

20130713-2046-11-01025

20130713-2018-48-01013ここでは福州胡椒餅のお店が一番有名で、松山駅からアクセスしたときの夜市入口あたりにお店を出している。お餅が竈から取り出されるところをみたけれど、なんだかインドのナンを焼くかのような方法でみていて面白い。思わず買ってしまったが、かなり熱いので食べるときには最新の注意をはらって食べてください。ゴミ箱は夜市の両端にある門のすぐ近くにあります。

それ以外にも屋台料理がさまざま出ていて、焼牡蠣が100元とかいう張り紙に呼び寄せられてうっかり食べてしまった。こぶりな牡蠣なのだけど、まあ100元だしね。でも、うまかった。海外まで来て牡蠣食うのもどうなんだって思うが、うまいし僕が好きなのだから仕方ない。そこはオウンリスクでやっています。

それ以外にもキッチュな小物を売っているお店があったり、フルーツジュースのお店があったり、手巻き寿司のお店まで出ていて大人気。夜市だったら、こっちの饒河街観光夜市の方がローカルフードも美味しいし、地元感もあっておすすめだなあと思った次第。士林行くならこちらの方が面白いです。

饒河街観光夜市

Related Post

五反田でジビエを堪能する「ジビエバル Umagoya」... 五反田で手軽にジビエが食べられるレストランができたということで、いってみた。たしかに雰囲気も値段もジビエにしては手頃だし、ビストロっていう雰囲気のお店は楽しい。 なんとなく、和食とか居酒屋っていう選択をしてしまう五反田に新しいスタイルが出来たなあって思う。シメにはすぐそばに「おにやんま」のうど...
999 Shan Noodle House はヤンゴンでおすすめのローカルフードのレストラン... 店の外観 ヤンゴン旧市街、スーレーパゴダの近くにあってランチにおすすめなシャン料理のお店。香港のお店みたく小さなローカルフードのレストランといった趣。 うっかりしていると通り過ぎて見失ってしまうので、看板を注意深くみておくこと。 店内は地元のおっちゃんやら観光客で賑わっているが、...
クラフトビアマーケットは日本のクラフトビールを手頃な価格で楽しめる... 都内に何店舗かあって、カジュアルな雰囲気でビールの種類が豊富なだけでなく、料理も結構美味しいので贔屓にしているところ。 神保町のお店は駅からすぐのところで、ちょっと静かな裏通りにある。お店の外にもテーブルがあって、外で飲むこともできそう。店内はクラフトビアマーケットならではというか、カジュアル...
サムージャイのこってりカオソイ サムージャイの店舗外観 カオソーイ ラムドゥアンから歩いて数分のところにあるので、カオソイ食べ歩きができる。店名はタイ語でしか書かれていないけれど、店内にはお客さんがたくさんいるので、すぐ分かると思う。 店の雰囲気はラムドゥアンとよく似た感じだけど、メニュー表がでっかく写真付きで壁に貼...
恵比寿焼肉 kintanは「大人の焼肉スタイル」が楽しめる場所... 重量級の焼肉激戦区である恵比寿において、洗練された雰囲気で一線を画している焼肉店。金舌という店名は「kintan」になっただけでちょっと毒気が抜けた感じすらする。 僕としては焼肉はもうがっつり七輪で食べまくればいいじゃんと思っているのだが、たとえばデートとか仕事の会食とかに使うというシチュエー...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.