正直なところ、僕が滞在した限りにおいて、リペ島ではちゃんとしたタイ料理を出すお店は存在しない。それはこの島が限りなくマレーシアに近いということも影響しているのかもしれない。

まともなレストランというのもあまりなくて、「まあ・・ここはいいかも」と思ったのは、サンライズビーチの南端にある The Cove Bistroというレストラン。ここの売りはタイ料理ではなく、シーフードとイタリアンになります。僕はタイ料理に心酔するほどの興味もなく(自分で作るタイ料理は好き)、おいしいシーフードを食べるならここだなと思った次第。

店内はモダンな感じでプールとかもあったりしますが、ドレスコードなどはなくカジュアル。たぶん子連れでも全然OK。僕はビーチからそのまま裸足で行きましたが、入り口の水道で足を洗って砂を落として行きました。

メニューはタイ料理もあるにはあるけど、オススメなのはシーフード。ロブスターを手頃な価格で食べられます。イカのフライはやや油がもたれる感じだったが。また、ピザもわりとちゃんとしたのが出てきたので、タイ料理に飽きたら、もしくは単においしい料理が食べたいならピザを頼むのもありです。

食後はちょっと時間がかかるけれど、ブラウニーを試してみるのがオススメ。エスプレッソと一緒に締めるとテンションあがります。

保存

Summary
Review Date
Author Rating
31star1star1stargraygray

Related Post

AirAsiaのIsland Transferを利用してリペ島へ... バンコクからどこへ行こうかと検討しているときに知ったIsland Transferサービスなるものを利用してみました。 これは、エアアジアのフライトに加えて、島までの交通機関の手配もまとめてやってくれるというサービスでして、「フライト+港までのバスの送迎+ボート移動」を一気に手配できます。 ...
ダ・ミケーレ – 恵比寿でピザならここがベスト... ピザはさっさと切っていく オープンしてしばらくは予約をとることもままならず、えらい大変だったのだけど、行くならいまじゃないかっていうくらい、ディナータイムでも入ることができたので、拍子抜けしてしまった。 とはいえ、料理は期待を裏切らないどころか抜群に美味しい。1870年にナポリでオープ...
井上誠耕園とカフェ忠左衛門 小豆島といえばオリーブと醤油じゃないかと思っている。今回は滞在時間が短かったので、どちらも堪能しきる!ということは難しかったのだが、オリーブ関連でいえばここ井上誠耕園と、この会社が運営しているカフェ忠左衛門は素晴らしいと感じた。 とくに、カフェ忠左衛門は小豆島での必須じゃないかと思ったのだが、...
ヴィニシウスレストランでカイピリーニャ、そしてボサノヴァのライブ... ヴィニシウス バーの外観 ガロタ デ イパネマ(Garota de Ipanema)の向かい側にあって、ボサノヴァ創始者の作詞家であるヴィニシウス・ヂ・モライスの名前を冠したレストラン。 リオデジャネイロでボッサを聴けるところって少なくなっているのだけど、ここのライブハウスでは毎晩ずっ...
モダンガストロノミーを手軽に!セララバアド、2017年冬メニューを体験してきた。... 2016年秋の訪問から数ヶ月経ち、2017年の冬メニューを楽しんで来た。去年の冬メニューより値段が上がっていることもあるが、それ以上により手間のかかった驚きと美味しさが体験できる。 新しい料理のジャンルとしてすごい面白いモダンガストロノミーと日本の食材をいかした組み合わせが好きなレストランだ。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です