あらきそば前に書いたブログの記事では、一回でいいかなとか書いていたのだけれど、あらきそばに再び来てみた。

今回の旅では友人と一緒で、わかりやすい山形の蕎麦を食べようかなと思って訪れた。

開店してから程なく訪れたのだが、ちょうどお客さんの入れ替わりのタイミングだったみたいで並ぶことなく入れた。

農家の居間につくられたようなお店は親戚の家に来たみたいで落ちつくというか、旅行しているなあって感じになる。いまは、初夏の観光シーズンだけれど、これが冬とかになるとまた趣があってよさそう。

田舎の農家みたいな趣のお店
入口には囲炉裏がある部屋がある
店内は親戚の家にきたみたいだ

山形の村山あたりのエリアでは板そばという板の上にのったお蕎麦が有名。なかでも、あらきそばは板そばのみという潔さ。そば粉は地元のものを使っていて、極太麺なのでかなりコシがあって食べ応えがある。

前に来たときは、この蕎麦はちょっとなあと思っていたのだが、今回改めて食べるとこれはこれで結構美味しいって思えるようになった。僕の価値観が変わったのかもしれない。これは、美味しいです。

見た目はほぼ鰹節みたいな「にしんの煮付け」もまたこの濃い味がさっぱりした蕎麦とのコントラストがあって美味しい。なにより、開けはなたれた窓から流れてくる初夏の風も気持ちがいいし、お店の居心地がいい。

「山形の板そば」という旅行者にとってわかりやすいキーワードなので、観光客向けなところはあるかと思うけれど、このエリアでどこか一軒選んで蕎麦を食べるってことであれば、あらきそばになるのは間違えがないと思う。

あらきそばの板そば
にしんの煮付け

あらきそば
住所:山形県村山市大久保甲65
時間:11:00-17:00
休み:水曜日

Related Post

フアンペン(Huen Phen) – チェンマイの名店で定番のレストラン... 旧市街の真ん中にあってアクセスも便利。そして、ガイドブックにも書かれているみたいで、日本人もよく訪れている有名店。 でも、タイ人にも人気みたいで常に混んでいる。ランチタイムは結構席の争奪戦に近い感じになっている。 当然相席(でも、なにがおいしいかとか教えてくれるので助かるのだが)。しかし...
地元の名店「大すき茶屋」ではおでんと蕎麦... 親類に「時間あるなら大すき茶屋で蕎麦食べるのがいい」という話しがあり、行ってみることにした。目印は大きな看板で「この味にくいな」だからなと言われて、なにいってんだと思っていたのだが、実際に到着してみてわかった。 看板にある電話番号が54-2917なのだけど、その下にあて字で「この味にくいな」っ...
登起波分店「登」 – 米沢牛をお得に食べるなら... 米沢まで来たからには・・ということで、向かったのは米沢牛が食べられるレストラン。僕はどうも、旅におけるエンゲル係数が高い方だと思われる。でも、一食入魂がモットーなので、これはもう仕方がない。 とはいえ、資金には限度というものがあるので、カジュアルにお得に食べられると書いてあった登起波分店「登」...
佐賀の「花たろう」で佐賀的な地産地消を楽しむ... 佐賀の地元の人に連れて行ってもらったお店。今回で2回目なのだけど、豪華な食事といえばここっていう感じ。日本酒の種類も豊富だし、なにより佐賀の新鮮な魚を食べることができる。 食べログには全然クチコミないのだが、隠れた名店で、できればそのままにしておきたい存在であるけれど、あまりに美味しかったので...
初秋の米沢と庄内を旅行してきた 初夏に訪れた山形では、さくらんぼ狩りをして庄内の豊かな海の幸を楽しんで・・と充実した旅行ですごく印象深いものだったので、今度は収穫の秋にも来てみようと再び訪問。 そう、僕の旅行スタイルは同じところに何度もリピートしていくスタイルなのである。もう前の話だがブータンも2回行ったくらいだし。同じ場所...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です