あらきそば前に書いたブログの記事では、一回でいいかなとか書いていたのだけれど、あらきそばに再び来てみた。

今回の旅では友人と一緒で、わかりやすい山形の蕎麦を食べようかなと思って訪れた。

開店してから程なく訪れたのだが、ちょうどお客さんの入れ替わりのタイミングだったみたいで並ぶことなく入れた。

農家の居間につくられたようなお店は親戚の家に来たみたいで落ちつくというか、旅行しているなあって感じになる。いまは、初夏の観光シーズンだけれど、これが冬とかになるとまた趣があってよさそう。

田舎の農家みたいな趣のお店
入口には囲炉裏がある部屋がある
店内は親戚の家にきたみたいだ

山形の村山あたりのエリアでは板そばという板の上にのったお蕎麦が有名。なかでも、あらきそばは板そばのみという潔さ。そば粉は地元のものを使っていて、極太麺なのでかなりコシがあって食べ応えがある。

前に来たときは、この蕎麦はちょっとなあと思っていたのだが、今回改めて食べるとこれはこれで結構美味しいって思えるようになった。僕の価値観が変わったのかもしれない。これは、美味しいです。

見た目はほぼ鰹節みたいな「にしんの煮付け」もまたこの濃い味がさっぱりした蕎麦とのコントラストがあって美味しい。なにより、開けはなたれた窓から流れてくる初夏の風も気持ちがいいし、お店の居心地がいい。

「山形の板そば」という旅行者にとってわかりやすいキーワードなので、観光客向けなところはあるかと思うけれど、このエリアでどこか一軒選んで蕎麦を食べるってことであれば、あらきそばになるのは間違えがないと思う。

あらきそばの板そば
にしんの煮付け

あらきそば
住所:山形県村山市大久保甲65
時間:11:00-17:00
休み:水曜日

Related Post

へぎそば発祥の小嶋屋へ行ってきた 僕の感想としては、ふのりを使ったへぎそば発祥のお店であっても、それがすなわち美味しい店と同義にはならないんだなというところ。 店内は席数も多くてきれい 雰囲気や知名度でいえば、このお店は名店といえると思うが、それは有名店であるということと同義である。 ただ、へぎそばに辛子を添える...
広尾での和食ランチであれば「山藤」で食べるのが美味しい... お茶のカップがかわいい 広尾駅すぐのところにある和食の名店「山藤」。毎年のようにミシュランでビブグルマンを獲得していて、手頃で美味しい和食をたべることができる。なによりランチ営業してくれるのが嬉しい。 ランチではちょっと高めのコース料理しか予約できないのだが、意外と回転がはやいので予約...
【閉店】千葉の食材をつかったイタリアンが恵比寿にもあった – ピッツェリア エ トラット... 恵比寿でのランチ。ちょっと時間外したなと思ってどこに行こうかと考えていたのだが、ブラッカウズの斜め向かいにあるイタリアンにしてみた。 千葉の食材の地産地消とか、BOSSOという店名とかどこかでみたことあるなと思っていたら、市原湖畔美術館に併設されているPIZZERIA BOSSOの系列店だった...
SASA BURGERの中目黒は代官山とはちがった... 代官山にあるハンバーガー屋のSASAが、中目黒駅の前にあるGTビルの地下にもあったので行ってみた。 お店の前は小さいカフェ風な感じでいいのだけれど、質としては代官山のお店とは意外すぎるくらいちがっていた。 こんな風に見えてますが、結構高いランチなんです 僕の感覚として簡単にいうと...
味音(azito)西麻布の隠れ家的な居酒屋ラーメン... 西麻布のあたりって、西麻布の交差点あたりと大通りは賑やかだけど、南北に走る外苑西通りからちょっと奥に入ると高級住宅街や大使館があったりしてわりと静かなエリアだったりする。 外苑西通りの一本西側にある路地は小さいけれど美味しいお店が結構あって好きなエリアなのだけど、ここでラーメン屋さんってはじめ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください