土門拳美術館2年前の訪問では、ちょっと拍子抜けしたなんて書いていたけれど、本当に申し訳ないなと。それは僕の前提と美術館が提示しているものに違いがあっただけの話しだったんだなと、当たり前のことに気づいた。

今回、友人と一緒にフラットな気持ちで訪れたのだけど、小さいながらもすごい面白い美術館だった。写真家ひとりの美術館として、ここまで飽きることなくバラエティ豊かな作品が見られるのはすごいなと。

とくに、「風貌 ―昭和の文士―」という企画展は興味深く面白かった。川端康成や三島由紀夫など昭和の作家のポートレートを土門拳が撮影しているのだが、撮影時のエピソードとあわせて作品を読むと作家の表情やプライベートが垣間見えてきてまた面白い。なんていうか、物事のなかで特徴のある部分を引き出して、それを強く表現するってこういうことなのかって感じる。

写真って、それなりの機材でシャッター押せばだれでも撮れるものだけど、この作家とのエピソードをあわせてみると、やはり写真ってコミュニケーションなんだなあって思う。

土門拳美術館土門拳美術館美術館のなかにあるイサムノグチの作品や、小さな敷地だけどちょっとギミックがある建物のデザインなど美術館全体の雰囲気も好きなところ。

天気がちょっと崩れてしまったので公園を散歩することはできなかったのだが、この美術館は酒田でも来る価値があるなって思った。

土門拳記念館
住所:山形県酒田市飯森山2丁目13
時間:9:00-17:00
休み:休館日はサイトで確認してください

Related Post

アジアソサイエティーセンター香港で写真展をみてきた... 旅先でみる現代アートってその国がもっている感性の一端がみえるようでなんだか楽しい。同じものを扱っていても情報のまとめ方なんかが違っていて、ちょっと新鮮な感覚がある。それが全てなわけではないけれど、少しその国に対して理解が深まったような感じがする。 今回の旅では金鐘にあるアジアソサイエティセンタ...
水戸芸術館で開催していた石川直樹個展「この星の光の地図を写す」を観てきた。... 今回の旅における大きな目的のひとつは、水戸でやっている石川直樹の個展を観にいくこと。ちょっと意外だったのは初の大規模個展ということだ。登山家や探検家として有名になった人だけど、僕が思う印象は人を撮るカメラマンという感じ。 グラビア写真を撮るということではないけれど、各地を旅していきながら人を撮...
メニューは「もりそば」のみ。最上川沿いの名店「千利庵」でいただく蕎麦... 前に読んだ雑誌かなにかで、山形南部の長井の風景が出ていたのを見かけた。最上川の流れが作りだしたのどかな風景がすごく美しく一度は見ておきたいなと思っていた。もっとも美しいのは春のような気がするのだが、まずは思い立った初夏の季節に車を走らせてみる。 天童からだと山形市内を抜けて結構な時間がかかるた...
米沢でぶどう狩り – 我妻観光果樹園... 収穫の秋。初夏に訪れた山形へ、今度は初秋に行ってみた。早朝に家を出発して、山形の南端にある米沢に到着。 今回の旅のスタートは巨峰狩りで朝食を食べるところからのスタート。 個人的な経験則に基づくと、フルーツ狩りは土曜日の朝に行くのがもっともオススメだと思う。理由としては、お客さんの...
圧倒的な存在感の板そばが出てくる「伊勢そば」にいってきた... あらきそばの板そばをみていて「なんていうか、これは蕎麦っていうかそば粉で作ったうどんじゃね」と常々思っていた。しかし、そんなものはまだかわいいものだったなとわかった日。 それくらい、圧倒的に存在感のある極太の蕎麦が出てくる。これは蕎麦じゃなくて・・・棒だろう、みたいなのが。山形の蕎麦に対する価...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください