土門拳美術館2年前の訪問では、ちょっと拍子抜けしたなんて書いていたけれど、本当に申し訳ないなと。それは僕の前提と美術館が提示しているものに違いがあっただけの話しだったんだなと、当たり前のことに気づいた。

今回、友人と一緒にフラットな気持ちで訪れたのだけど、小さいながらもすごい面白い美術館だった。写真家ひとりの美術館として、ここまで飽きることなくバラエティ豊かな作品が見られるのはすごいなと。

とくに、「風貌 ―昭和の文士―」という企画展は興味深く面白かった。川端康成や三島由紀夫など昭和の作家のポートレートを土門拳が撮影しているのだが、撮影時のエピソードとあわせて作品を読むと作家の表情やプライベートが垣間見えてきてまた面白い。なんていうか、物事のなかで特徴のある部分を引き出して、それを強く表現するってこういうことなのかって感じる。

写真って、それなりの機材でシャッター押せばだれでも撮れるものだけど、この作家とのエピソードをあわせてみると、やはり写真ってコミュニケーションなんだなあって思う。

土門拳美術館土門拳美術館美術館のなかにあるイサムノグチの作品や、小さな敷地だけどちょっとギミックがある建物のデザインなど美術館全体の雰囲気も好きなところ。

天気がちょっと崩れてしまったので公園を散歩することはできなかったのだが、この美術館は酒田でも来る価値があるなって思った。

土門拳記念館
住所:山形県酒田市飯森山2丁目13
時間:9:00-17:00
休み:休館日はサイトで確認してください

Related Post

リナ・ボ・バルディ展「ブラジルが最も愛した建築家」をみてきた... 美術館のロゴの上の赤い部分も作品のひとつ 夏にみてきたオスカー・ニーマイヤー展につづくブラジル建築の回顧展。 自然との調和という点においてはオスカー・ニーマイヤーと共通するところもあり、人に近いデザインという部分でいうとリナ・ボ・バルディがもっている暖かみとかいいなって思える。 ...
「PARIS オートクチュール展」をみてきた... 三菱一号館美術館で開催されていた「PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服」を観てきた。 このイベントを観に行く前に成実弘至の「20世紀ファッションの文化史」を読んでいたこともあり、予習に対してそれを実物をもってして確認するというような驚きというか楽しさがあった。 このイベントで...
ワタリウム美術館「ここより北へ」展覧会をみてきた... 北青山のワタリウム美術館でやっている石川直樹と奈良美智の写真展をみてきた。カメラマンである石川直樹さんの作品は楽しみだし、奈良美智さんの写真もときたま絵の展覧会でみかけていて、独特な視点があるなって気になっていたのでまとめて観られるのはいいなと。 会期が5月24日まで延長したこともあって、ぎり...
メニューは「もりそば」のみ。最上川沿いの名店「千利庵」でいただく蕎麦... 前に読んだ雑誌かなにかで、山形南部の長井の風景が出ていたのを見かけた。最上川の流れが作りだしたのどかな風景がすごく美しく一度は見ておきたいなと思っていた。もっとも美しいのは春のような気がするのだが、まずは思い立った初夏の季節に車を走らせてみる。 天童からだと山形市内を抜けて結構な時間がかかるた...
台北ビエンナーレをみてきた 台北市立美術館 2014年9月~2015年1月にかけて行われていた台北ビエンナーレをみてきた。 会場となっていたのは台北市立美術館で、基本的にはここでだけビエンナーレが開催されている。複数会場とかでやっていてもう少し盛り上がっているのかと思っていたが、そんな感じもなさそう。というところ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です