西門にあるHave Fun Suiteにチェックインするときに「ここは渋谷っぽい街だよ」といわれて、ガイドブックとかにもそんなことが書いてあったのだけど、実際歩いてみると、たしかに歩行者道路はセンター街っぽいし、たしかにまさに渋谷の利点と欠点を備えているいる。

利点としては、狭いエリアに阿宗麺線みたいなB級グルメから、誠品書店などおしゃれショッピングスポットまで、あれこれあるという点。ユニクロまである。
そして、多数の若者が集まってきているので、街に活気がある。これは僕の勝手な印象なのだが、いまのちょっと退廃感がある活発さとは違った、もっとまともな若者の活発さがある。なので、夜遅くまで街歩きをしていてもそんなに危険な印象はない。

欠点としては、台湾人にとっても若者からイージーにお金を搾取できる観光地であるがために、一部のお店をのぞいては不当に高いと思ってしまうような飲食店や、ショッピングスポットも多数あるということ。とくに士林の夜市にあるような台湾居酒屋っぽいところで一度食事とったのだが、これはちょっと・・という残念なお店とかあった。この街の飲食に関しては直感を信じることなく、ガイドブックとかブログで紹介されているお店を外れることはしない方がよさそう(こういうところが渋谷と似ている)。

今回は宿泊地が西門だったこともあって、よく歩き回ったが、ここを宿泊地にするのはあまりメリットないかもしれないなあ・・。いつも泊まっている台北北側のリビエラホテルの周りとか、それこそ台北駅周辺とかの方が拠点とするには便利かもしれないと思った。

この街はあくまでも、B級グルメを堪能するとかちょっと立ち寄りにくるくらいでいいんじゃないかと思う。

22:00過ぎの西門

保存

Related Post

御射鹿池 – 絵になる風景 松本へ行く途中にちょこっと寄り道して、蓼科の御射鹿池をみてきた。みてきたというくらいの小さな農業用のため池で、普通に考えればただのきれいな池でしかないのだが、東山魁夷の「緑響く」のモチーフとして有名になり、またその絵画をつかったシャープのアクオスのCMでさらに有名になったという経緯がある。 ...
大地の芸術祭2013に行ってきた 大地の芸術祭って越後妻有トリエンナーレと同じ名称で3年に一回開催されるものだと思っていたのだけど、芸術祭は規模は少し小さくしているものの毎年やっていて、新しい作品の追加とかがないだけみたい。 ということを、津南のひまわりを観に行くついでに立ち寄ってみて初めて知った。 僕が好きなのは「たく...
【閉店】カフェとアンティークショップが融合した「Love Lovely 美好生活古董行」... 店内のあちこちに骨董品のような雑貨が飾られていて、ヨーロッパの蚤の市のようなカフェ。おしゃれで面白い。でも、東京にもよくある雰囲気といえばそうなる。違いといえば、店員さんがメイドさんの格好をしているくらいかな。 女子うけするだろうなあ・・というエントランスから入ると代官山とかにあるよう...
津南でひまわりをみる 一面のひまわり畑って観光スポットとしていくつかあって、山梨の明野が有名なのだけど、僕としては津南のひまわり畑の方をおすすめしたい。 理由としては、夏場の中央道ってばかみたいに渋滞しているし、まだ関越道の方がマシ。そして、津南の方が人も少ないし、全体的に暑すぎず(明野は暑い・・)、高原っぽい感じ...
VVG Chiffon 好様喜歓 – 裁縫好きにはたまらないお店... 「世界でもっとも美しい20の書店」に選ばれた「VVG Something 好様本事」の向かい側にあるお店で系列店みたい。 2013年の春にできたばかりのお店みたいで、まだあまり情報もないのだが、普通にはあまり興味のないお店かもしれない。 お店の入口に大きなボタンをイメージした飾りがついて...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください