酒田での食事の楽しみは寿司。いままでの旅では鈴政に行っていて、丁寧につくられた江戸前の寿司をいただくことができた。

今回はもうひとつ気になっていた「こい勢」への訪問。

お店の外観は質素

結論からいうと、僕には「こい勢」の方があっているし、このお店の雰囲気が好きだなというところ。そして、なんといっても驚愕のコストパフォーマンス。

場所は酒田駅から歩いて5分くらい。静かな住宅地といったところ。まわりの建物がなくて、ぽつんと一軒ある。予約して訪れたのだが、週末の19:00過ぎくらいに行くようであれば予約は必須だと思う。入れずにいた人が結構いたみたいだ。

地元の日本酒がそろっている

細長いカウンターがあり、上の階には宴会ができるようなところもあるみたい。カウンターはそれほど数は多くなくて、職人さんはてきぱき対応している。

料金は寿司については明朗会計な感じ。時価のものが多いけれど、あいまいな感じはないし、旅行者がいっても安心して食べられる。ということで、地元の日本酒を呑みながら寿司を堪能。

スタイルとしては江戸前寿司で、醤油をつけず食べていく。なんとも、洗練されている。地元のものをうまくつかっていて、見た目にもきれいだし、食べても満足だし、納得感があるな。

こい勢の寿司

いくつか追加で頼んだのだけど、それもまた美味しい。磯牡蠣の時期だったので食べたのだけど、居酒屋で出されるような値段でお得すぎる。丁寧で真摯な商売をされている素敵なお店だ。口がすごく幸せになったなあ。

酒田って小さな街にこんなにもすごい寿司屋が何軒もあるとかすごいところだなと思った夜だった。

こい勢
住所:山形県酒田市相生町1-3-25
時間:11:00-14:00,16:00-22:00
休み:月曜日

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Related Post

The Lost Roomはプノンペンの隠れ家レストラン... プノンペンの裏通りにある隠れ家的なフレンチレストラン。ボンケンコンの裏通りにあって旅行者が立ち入るような場所ではなく、あまり治安がよくない通りにある。しかも夜のみの営業。訪れるにはハードルが高いのだが、ここの料理はかなり美味しい。 治安の問題があり、おすすめするにはちょっと憚れるところがあるの...
二条食品で札幌の朝食を楽しむ 今回の旅で泊まった札幌東武ホテルは札幌市街地にある海鮮市場である、二条市場から歩いて数分のところにある。 二条市場、はっきりいって観光客向けの小さいアメ横みたいな感じなのだけど、それでも北海道に来たなあっていう海鮮を楽しむには面白いところ。なにしろ、朝からやっているのでホテルで朝食を食べている...
帯広のはげ天で豚丼はやめておいた方がいい... プチ・プレジールで幸せな時間を過ごして、このまま帯広の夜を終わらせるのももったいなあっていうのと、少し小腹がすいていたというのもあって、ちょっと豚丼でも食べてみようかと訪れたところ。帯広駅前にも有名店があるのだが、あまりにも並んでいるのでそこはパスして、はげ天へ。 結論からいうと、大人しくプチ...
船橋の名店「ばんから」で鶏の希少部位を食べる... ひさびさの船橋。とくに何があるわけでもない郊外の街で、旅行に来るようなところではないのだけど、なんてことのない街というのもまた楽しい。そして、この街はコストパフォーマンスに優れた名店がそろっている。 寿司ならば北口の吉光で立ち食い寿司、居酒屋ならば南口にある一平で刺身をつまみながらホッピーとか...
羽越線に乗ってみた、ローカル線の旅... 今回の旅では、夕食に酒田の鈴政で食事をとるに予定があったのに、僕が間違って鶴岡のホテルを予約してしまうという、ものすごい微妙なミスをしてしまった。 なので、酒田までは列車を使っての移動なのだが、これが思いのほか旅情があったというか、印象に残る旅になった。 鶴岡と酒田の間は週末の夕...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください