酒田での食事の楽しみは寿司。いままでの旅では鈴政に行っていて、丁寧につくられた江戸前の寿司をいただくことができた。

お店の外観は質素
お店の外観は質素

今回はもうひとつ気になっていた「こい勢」への訪問。

結論からいうと、僕には「こい勢」の方があっているし、このお店の雰囲気が好きだなというところ。そして、なんといっても驚愕のコストパフォーマンス。

場所は酒田駅から歩いて5分くらい。静かな住宅地といったところ。まわりの建物がなくて、ぽつんと一軒ある。予約して訪れたのだが、週末の19:00過ぎくらいに行くようであれば予約は必須だと思う。入れずにいた人が結構いたみたいだ。

地元の日本酒がそろっている
地元の日本酒がそろっている

細長いカウンターがあり、上の階には宴会ができるようなところもあるみたい。カウンターはそれほど数は多くなくて、職人さんはてきぱき対応している。

料金は寿司については明朗会計な感じ。時価のものが多いけれど、あいまいな感じはないし、旅行者がいっても安心して食べられる。ということで、地元の日本酒を呑みながら寿司を堪能。

スタイルとしては江戸前寿司で、醤油をつけず食べていく。なんとも、洗練されている。地元のものをうまくつかっていて、見た目にもきれいだし、食べても満足だし、納得感があるな。

こい勢

こい勢こい勢こい勢こい勢こい勢こい勢こい勢こい勢こい勢こい勢こい勢こい勢こい勢こい勢いくつか追加で頼んだのだけど、それもまた美味しい。磯牡蠣の時期だったので食べたのだけど、居酒屋で出されるような値段でお得すぎる。丁寧で真摯な商売をされている素敵なお店だ。口がすごく幸せになったなあ。

酒田って小さな街にこんなにもすごい寿司屋が何軒もあるとかすごいところだなと思った夜だった。

こい勢
住所:山形県酒田市相生町1-3-25
時間:11:00-14:00,16:00-22:00
休み:月曜日

Related Post

「あらきそば」で味わう極太な田舎蕎麦... 山形の蕎麦といえば、大きな木の箱に入った板蕎麦という一風変わった田舎蕎麦が有名で、都内でもたとえば恵比寿の「間人」とか食べられるところが何軒かあって結構おいしくて、今回はじめて本場の板蕎麦を食べてきた。 行ってみたのは最上川蕎麦街道の終着点である十四番点店「あらきそば」。結構有名なところみたい...
蒙古紅ではじめての蒙古火鍋体験 岡山媽媽雑貨舗でオーダーしたバッグを受け取っているとき、雑談のなかでオススメされた蒙古火鍋のお店。 「辛いよ~」といわれたのだが、結構調整もできるということで、お店にいたオーナーのお知り合いの方に案内してもらいお店に到着。地元の人でごった返していて、店内にはラブラドール犬がうろついている・・・...
フォークイン(Phở Quỳnh)で地元のフォーを食べる... ファングーラオ界隈で食事をすると考えたときに、ローカルフードということであれば迷いなくフォークインに行くのがおすすめ。 東京でいうところの下町にあるラーメンの名店みたいなものだけど、並ぶことなく美味しいフォーを食べることができる。 場所はファングーラオ通りとドークァンダウ通りの交差点。安...
白金商店街の「手打そば佶更」でランチを楽しむ... 白金商店街って山の手にある下町感があって好きなエリア。通りには車が行き交っていてやや忙しないけれど、散歩をしていて楽しいエリアだと思う。 手打そば佶更はその商店街のなかほどにあるところで、平日のランチであれば空いていてのんびりと楽しめるお店。 すぐ近くには同じく蕎麦店としてミシュランで星...
割烹の宿 美鈴(尾鷲)に泊まってきた... アドベンチャーワールドから紀伊半島をぐるっとまわって尾鷲に到着。遠かった・・。このコースを1日で巡ることはもうないな。 それはさておき、尾鷲で泊まったのは美鈴というオーベルジュ。 料理が有名な民宿で日本トップクラスとのこと。割烹料理が有名で、ご主人はか茂免出身、そしてあの祇園「丸山」のご...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください