酒田に伝説のバーテンダーが作るカクテルがあるらしい。1958年に出来たカクテルで、それを作ったバーテンダーの井山計一氏は今年で90歳。

まだ現役でお店に経っているらしいという情報をみたので、今回の旅の目的の一つとして訪問。50年前に完成されたカクテルを90歳のバーテンダーがふるまってくれる。なんだか時間の流れってすごい。

場所は酒田の旧市街の繁華街ともいえるところなのだが、夜ともなると結構静か。喫茶店のような佇まいのお店で、内装も喫茶店なのだが、お店の一角にバーカウンターがある。

20時過ぎに行ったのだが、井山氏はこれから出勤してくるとのこと。しばらくすると、杖をつきつつも矍鑠とした人が颯爽と現れてカウンターに立つと、その方が井山氏だった。たしかにもうすっかりおじいさんだけど、現役ばりばりという感じだ。

お店の外観は喫茶店

さっそく、伝説となっているカクテルの「雪国」をオーダーしてみる。がらがらの喫茶店なのだが、カウンターだけは満席。そりゃ、この雰囲気と伝説のバーテンダー。カウンターにいるのが正解だろうな。

雪国はウォッカベースのカクテルで度数は30度近くあるだろうか。ものすごい強いお酒で、見た目の優雅さとはちがって結構強烈なインパクトがあるカクテル。たぶん、アルコールを強く感じるので好みの分かれるものだろうなとは思うが、この雰囲気は好き。初夏でもちょっと冷え込む酒田の夜にはあうなあ。

伝説的なカクテル「雪国」。すごい強い。
もう一つ頼んだもの。名前忘れた・・これは口当たり優しい。

おつまみは頼んでなかったのだが、親戚の家にいったときみたいに、おかきとかが入ったお皿をくれて、好きなのをつまんでいいよってこと。このバーと喫茶店が交わったような雰囲気が面白い。

こんなすごいバーテンダーに直接振る舞ってもらったお酒を飲んだのに、料金は親切すぎるくらいのお得さ。酒田の夜は早いけれど、こういうバーで過ごす時間もすごくいいと思う。

ケルン
住所:山形県酒田市中町2-4-20
時間:10:00-22:30
休み:不定休

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Related Post

初夏の山形、庄内への旅。2017年6月編。... 2015年に行った旅行に近いのだが、初夏の天童でさくらんぼ狩りをして、そのあと酒田へ移動して寿司を食べる旅をしてきた。翌日は遊佐まで行ったり、米沢へ立ち寄ったりするのが少し違うところ。2015年の旅:初夏の山形/庄内の旅 この時期の山形/庄内地方は暑すぎもせず、寒くもなくちょうどいい感じがする...
饒河街観光夜市へのアクセスが便利になっていた... 福州世祖胡椒餅 九分からタクシーにのって訪れたのは松山にある銀河街夜市。九分にも行って、夜市にも来ることができて、なんと盛りだくさんな旅行なんだと思うわけです。 僕としてはひさびさにやって来たのだが(前回の訪問)、まずおどろいたのは地下鉄の松山線の始発駅である松山駅がすぐ横に出来ていた...
Kowloon Taproom は尖沙咀で便利な立地のクラフトビールのバー。... 香港に引っ越してきた知人と飲む約束をして、九龍半島側の尖沙咀にあるビアバーにやってきた。 池記からほんのすぐのところにあって、ちょっと裏通りだけどこんな便利な立地にあるのかって新しい発見だった。昼からやっているのもポイントが高い。僕が思う香港のいいところは、こうして昼飲みを楽しめるというところ...
プノンペンの最新スポット308通りにあるHangar 44でカクテルを楽しむ夜... 2016年夏時点においてプノンペンでもっともおもしろいエリアのひとつ。ボンケンコン地区のなかでも、ノロドム通りから308通りを200mくらい入ったところにあるBassac Laneには小さなバーが建ち並んでいてナイトエリアとしてプノンペンで注目されているところ。ちなみに、バーがあってお酒が飲めるとい...
リオ セナリウム(Rio Scenarium)でナイトライフを楽しむ... ラパ地区 リオデジャネイロのセントロの端っこにあるカリオカ駅から水道橋のあたりはラパ地区(Lapa)と呼ばれていて、ここはライブハウスやレストランなどが軒を連ねていて、表通りは比較的治安がよく深夜までナイトライフが楽しめるエリアになっている。ホテルに関しても安宿はこの辺りに集中している。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください