酒田に伝説のバーテンダーが作るカクテルがあるらしい。1958年に出来たカクテルで、それを作ったバーテンダーの井山計一氏は今年で90歳。

まだ現役でお店に経っているらしいという情報をみたので、今回の旅の目的の一つとして訪問。50年前に完成されたカクテルを90歳のバーテンダーがふるまってくれる。なんだか時間の流れってすごい。

場所は酒田の旧市街の繁華街ともいえるところなのだが、夜ともなると結構静か。喫茶店のような佇まいのお店で、内装も喫茶店なのだが、お店の一角にバーカウンターがある。

20時過ぎに行ったのだが、井山氏はこれから出勤してくるとのこと。しばらくすると、杖をつきつつも矍鑠とした人が颯爽と現れてカウンターに立つと、その方が井山氏だった。たしかにもうすっかりおじいさんだけど、現役ばりばりという感じだ。

お店の外観は喫茶店

さっそく、伝説となっているカクテルの「雪国」をオーダーしてみる。がらがらの喫茶店なのだが、カウンターだけは満席。そりゃ、この雰囲気と伝説のバーテンダー。カウンターにいるのが正解だろうな。

雪国はウォッカベースのカクテルで度数は30度近くあるだろうか。ものすごい強いお酒で、見た目の優雅さとはちがって結構強烈なインパクトがあるカクテル。たぶん、アルコールを強く感じるので好みの分かれるものだろうなとは思うが、この雰囲気は好き。初夏でもちょっと冷え込む酒田の夜にはあうなあ。

伝説的なカクテル「雪国」。すごい強い。
もう一つ頼んだもの。名前忘れた・・これは口当たり優しい。

おつまみは頼んでなかったのだが、親戚の家にいったときみたいに、おかきとかが入ったお皿をくれて、好きなのをつまんでいいよってこと。このバーと喫茶店が交わったような雰囲気が面白い。

こんなすごいバーテンダーに直接振る舞ってもらったお酒を飲んだのに、料金は親切すぎるくらいのお得さ。酒田の夜は早いけれど、こういうバーで過ごす時間もすごくいいと思う。

ケルン
住所:山形県酒田市中町2-4-20
時間:10:00-22:30
休み:不定休

Related Post

神農街の太古(TAIKOO)で夜風にふかれて飲むモヒートが美味しい... 台南でカクテルの美味しいバーといえば、新美街のTCRCに行ってしまったのでもはやここだなって思ってしまう。 でも、二階席のゆったりとした空間とか外から入り込んでくる夜風の空気とか台南らしい、ゆるい空気が気持ちのいいバーだよなあって思う。台南に来たら一度は訪れたい場所です。 過去の訪問 ...
The Common One Bar Kyotoふたたび 祇園白川にある隠れ家感のありすぎるバーに再訪問。一見すると、というか割とちゃんとよく見ても、通りに面したお店の外観は京都にある町家のひとつであり、個人邸のようにしか見えない。本当に小さく、表札のように店名がかかれたプレートが目印なのだが、最初に訪れるときには迷うと思う。 このバーを運営している...
アートアクアリウム 2013 ナイトアクアリウムを観てきた... 今年も日本橋のCOREDO室町でやっているアートアクアリウムを観てきた。夏といえば涼しげな金魚なのだが、これは金魚をプロジェクションマッピングやちょっと変わったライティングなどで展示している期間限定の水族館といったところ。でも、クラブみたいで面白い。実際にDJ入れてイベントをすることもあるみたい。...
初夏の山形、今年もさくらんぼ狩りをしてきた(高柳果樹園)... このブログが公開されるタイミングだと、もはや季節が一週してしまいそうなくらいなのだが、2015年の初夏も山形でさくらんぼ狩りをしてきていた。 訪れるのは山形の天童市にある高柳果樹園。最初に訪れたときから他へ場所を変えたことがないので、ここしか知らないのだけど、充分過ぎるくらい美味しいさくらんぼ...
Ant ‘n Bee (アントンビー) – 六本木でちょっとした時間つぶしが... メニュー、かわいい 六本木交差点のすぐ近くという便利な立地にありながら、結構手軽にクラフトビールが楽しめるバーのようなお店。 待ち合わせまでの時間つぶしにも利用できると思う。待ち合わせにほろ酔いで登場してもいいならば、だけど。 店内はカウンターのみでバーのような店内なのだけど、2...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください