酒田に来たら朝食はここ以外に考えられない。酒田港のすぐそばにある「海鮮どんや とびしま」での朝食。

朝7時からやっているのは市場直営ならではって感じがする。前の訪問はこちら

アクセスは酒田駅から2キロくらいなので、僕はホテルをチェックアウトしてそのまま向かうことにしている。とはいえ、酒田市街に泊まっていれば歩けない距離ではないので朝の散歩に来てみるのもいいかも。

7時過ぎに来ると1階の海鮮市場は営業時間前なので、まずは朝食。朝食とはいえ豪華なメニューが並んでいる。今回は、季節外れだけどどうしても美味しそうにみえてしょうがなかったので、いくら丼を選んでみた。後悔はない。そして、なんといっても刺身もあわせて頼んだので豪華な朝食にしてみたから。

いくら丼
刺身
ウマズラハギの刺身

食事をしていてみえる酒田港。そして、最上川の河口がみえる。そこから採れた魚は脂がのって美味しい。まさに地産地消のお店。初夏の時期はウマヅラハギを肝醤油でいただくのが抜群にうまい。鯛の刺身もまたあっさりしていて、食べていて幸せ。昨日のこい勢といい酒田の美味しいものを食べ尽くしている。

そして、食後は8時から開いている1階にある一般向けの海鮮市場もまた楽しい。

採れたての魚が並べられていて、もっと家が近かったら買って帰るのだけどなあって惜しい思いをしたりする。ちょうど、磯牡蠣が並べられていたので「これなら、いまここで食べられる」ってことで買って食べてみる。

朝から牡蠣とか贅沢だなと思うのだが、これでもかなり安い。日本海の豊かさを実感して、さらに美味しい朝食を食べられるので、ホテルの地味な朝食はパスしてやってくるのがおすすめ。

磯牡蠣、みつけたら食べてみてほしい

さかた海鮮市場
住所:山形県酒田市船場町2丁目5-10
時間:7:00-19:00(海鮮どんや とびしま)、8:00-18:00(さかた海鮮市場)
休み:1月1日

保存

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です