庄内映画村今回の旅では、はじめて山形に来た友人が一緒だったので僕がお気に入りなところである庄内映画村に行ってみようかと思い行ってみた。友人は藤沢周平とかよく読んでいるみたいだし。

で、やって来たのだがどうも様子がおかしい。というか、どうやら運営会社が変わったみたい。とはいえ、大きく変わりはなかったのだが、何度も来ているとやはりちょっと変わったなあ・・って気がしてしまう。

入場してすぐの案内もちがうし、建物もまあこの厳しい季節を乗り越えているからだけど、傷んできている。もしかしたら、僕が変化を好まないタイプで前と違うことに違和感を覚えているだけかもしれないけれど。

とはいえ、農村エリアの田園風景は美しい。手植えされた田園と藁葺き屋根の風景は、僕のなかでの原風景ですらないのに懐かしさを感じてしまう。この風景をみていると落ちつくというのは不思議だなと思う。

庄内映画村庄内映画村庄内映画村その奥にある、絵本から出てきたような謎の洋館は結局なんの撮影に使われたのかわからず。ここも結構傷んできていて自然に還っていきそうなくらいだった。細かいところだけど、そして修繕はしているけれど、ちょっとずつ維持が大変になってきている感じ。

とはいえ、ここにある里山の風景は人工的なものであっても美しいし、季節を問わずきてみる価値はあると思う。

不思議な家
不思議な家

庄内映画村

「おくりびと」のセットもある
「おくりびと」のセットもある

スタジオセディック 庄内オープンセット
住所:山形県鶴岡市 羽黒町川代東増川山102

Related Post

赤い睡蓮の海に船を漕ぎ出す – クンパワピーのタレー・ブア・デーン... 今回のタイ旅行のメインともいえるもの。ウドンタニの郊外にあるクンパワピーという場所に「赤い睡蓮の海」というタレー・ブア・デーンという湖がある。毎年12月から2月上旬の明け方にかけて、水面を覆い尽くすように蓮の花が咲く風景は幻想的そのもの。 クンパワピーまでの行き方は、ウドンタニでバイクを借りよ...
酒田グルメの街歩きに最適、ホテルアルファーワン酒田へ宿泊ふたたび。... 前に泊まって結構便利だったこともあり、今回の庄内旅行でもふたたびホテルアルファーワン酒田に泊まることにした。 駅に用事があるわけではないけれど、「寿司こい勢」や「ケルン」など酒田グルメを楽しみたいということになると、温泉とかに泊まるよりも街中のビジネスホテルってことになる。 そういう意味...
「藤の家」古民家カフェで実感する庄内の豊かさ... このお店をどこでどうやって知ったのか・・すっかり思い出せないのだけど、今回の旅行で印象に残るカフェになった鶴岡市にある藤の家(ふじのや)というお店。 食べログにも店舗情報ないし、どうも新しいお店らしいのだが、ちょっとこれも出会いというか、気になったので訪れてみました。ランチタイムを少し外した時...
鈴政 – 酒田で食べる洗練された江戸前寿司... 初夏に来た旅行でもっとも印象に残ったのは、鈴政の江戸前寿司のおいしさと洗練されたよそおいで、今回もまた庄内に来たのは、このお店があったから。 今回は鶴岡から列車で到着して、酒田駅からの行き帰りともにタクシーを利用。かろうじてワンメーターでは行けず720円くらいかったが、歩いててもなにもないとこ...
秋の庄内映画村オープンセットを訪れてみた... 庄内映画村への旅ふたたび。初夏に来てみて、電線のない里山の風景ってこんなに美しいものなのかと感動をしたのだが、秋もまたきれいですよっていう話を聞いたので、またもや来てみた。 庄内映画村のオープンセットまでの道のりは、カーナビだと違うところへ連れて行かれしまう可能性があるため、公式ブログ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください