2015年夏のイベントでもっとも思い出に残った旅は3年に一度開催される大地の芸術祭をみてきたこと。

このエリアは宿泊施設が少ないのだが、僕は毎回このベルナティオに泊まっている。決して安いホテルではないけれど、それでも値段に見合ったいいホテルだなあって思う。

基本的には高原リゾートのホテルで、大地の芸術祭に限らず泊まってみるのがおすすめ(前に来たときの宿泊記)。

ベルナティオベルナティオ

大地の芸術祭の期間中は予約がすぐにいっぱいになることもあるらしいので、早めに予約をしておいた方がいいと思う。ここ以外となると温泉宿とかになるのだが、自由さと快適さでいえばこのエリアでベルナティオを越えるところはない。

部屋にはお風呂がついているけれど、温泉である大浴場がおすすめ。新館のお風呂は空いていていいけれど、露天風呂がある本館のお風呂の方がゆったりしている。朝風呂とか入ってから朝食とかすごい贅沢な感じがする。

ホテルの周りはなにもないけれど、ロビー横にある売店ではエチゴビールとか種類も豊富に置いているので便利。部屋のみするのも楽しい。

ベルナティオ

部屋はごく普通のホテルなのだけど、窓からみえる風景は高原のリゾートホテルって感じがする。比較的部屋が広いのでゆったりしているのもいい。荷物置きのスペースが多いのはスキーリゾートを兼ねているからなのかもしれないが、これがなにかと便利。

そして、このホテルでは朝食を食べるのが絶対におすすめ。魚沼産のコシヒカリのごはんはもちろんのこと、安田牧場のヨーグルトとかも出てくるので、すごいコストパフォーマンスがいいと思う。ここのホテルに泊まっていて幸せだなと思う瞬間。

朝採れのトマト
朝採れのトマト
魚沼産コシヒカリの朝食
魚沼産コシヒカリの朝食
おかずも豊富
おかずも豊富
安田牧場のヨーグルト
安田牧場のヨーグルト
ワッフルもおいしかった・・朝から贅沢
ワッフルもおいしかった・・朝から贅沢

今回も予約がとれてラッキーだったが、それに限らず泊まってのんびりと過ごす価値があるホテルだと思う。

当間高原リゾート ベルナティオ

Related Post

へぎそば発祥の小嶋屋へ行ってきた 僕の感想としては、ふのりを使ったへぎそば発祥のお店であっても、それがすなわち美味しい店と同義にはならないんだなというところ。 店内は席数も多くてきれい 雰囲気や知名度でいえば、このお店は名店といえると思うが、それは有名店であるということと同義である。 ただ、へぎそばに辛子を添える...
「とんかつ つまり」で妻有ポークのとんかつを食べる... 津南の物産館の隅ある僕のなかでの人気店である「とん豚」がなんとリニューアルしていた。 場所もスタッフも、食事の内容も変わってなくて店名だけが「とんかつ つまり」に変更されている。どうやら、津南ポークから妻有ポークへとブランド変更したのかな?そんな感じ。 店名かわっても、このお店の人気は変...
まつだい「農舞台」と詩情的世界の棚田... 大地の芸術祭の拠点として最大規模の施設が、ここ松代駅に隣接している、まつだい農舞台という建物。ここには、半屋外型の劇場施設と、建物内には小さめのミュージアムとショップ、カフェが入っている。トイレも清潔でデザインも洗練されているのでおすすめ。 また、ここで有名なのは農舞台をはさんで反対側にある棚...
最後の教室 – ちょっと恐くて幻想的な世界観... 越後妻有で開催されている大地の芸術祭でオープンしている美術館。このあたりの定番である廃校を再利用した建物にさまざまな作品やインスタレーションが展示されている。 入場料金は芸術祭のパスポートを利用しない場合は1回500円。 駐車場を降りると、建物から「どんっ、どんっ」と心臓の鼓動みたいな音...
【店名変更】津南の「とん豚」で絶品トンカツを食べる... 旅においては「一食入魂」を標榜する僕なのだが、越後妻有でなにを食べるかといえば、がっつり食べるということにおいて、ここ「とん豚」が絶対的におすすめなお店。 津南でどこで食事しようと計画した場合、あなたがイスラム教徒かベジタリアンでない限りにおいては、ここでのトンカツは絶対におすすめできる逸品な...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です