僕の感想としては、ふのりを使ったへぎそば発祥のお店であっても、それがすなわち美味しい店と同義にはならないんだなというところ。

店内は席数も多くてきれい
店内は席数も多くてきれい

雰囲気や知名度でいえば、このお店は名店といえると思うが、それは有名店であるということと同義である。

ただ、へぎそばに辛子を添えるというところや、この手法での蕎麦を考え出したお店ということであれば、それはすごいことだと思うし、古民家のような雰囲気のお店は一度は訪れてもいいと思う。

席数も多いし、観光バスも乗り付けるくらいの有名店だし。

蕎麦に辛子を添えるのは、もともとは、この地域でワサビが採れなかったからの苦肉の策みたいだが、いまとなってはこのアクセントがまた面白い。ワサビで食べてもいいけれど、辛子の風合いもまた美味しいと思える。

へぎそば
へぎそば
天ぷら
天ぷら
鴨汁でへぎそばをいただく、普通のつゆでもよかったと思う
鴨汁でへぎそばをいただく、普通のつゆでもよかったと思う

そして、小嶋屋のいいところは、へぎそば以外のメニューも豊富にあるところ。

由屋だと、これがもうへぎそば一択になるのだが、小嶋屋はほかにも普通のメニューがたくさんあるので、好き嫌いがある人とか大人数で行くならばこっちの方がいいかもしれない。お店の雰囲気も、トイレなどの設備についても小嶋屋は一流というか、すごいきれい。

ただし、蕎麦の美味しさだけを考えて、一食しか食べられないということであれば、僕としては迷わず由屋をおすすめしたいところ。ここは万人受けの無難なお店っていうところかもしれない。

小嶋屋総本店
住所:新潟県十日町市中屋敷758-1
時間:11:00-20:30
休み:元旦、不定休

Related Post

新大久保の穴場レストラン「さんぱ家」で食べる韓国料理は抜群においしい... 東京で韓国料理を食べるといえば、新大久保にある梁の家が有名だと思う。たしかに、あの店の海鮮チジミはすごい美味しい。しかし、友人からチジミが好きならば新大久保では「さんぱ家」もすっごい美味しいときいたので行ってみることにした。 結論としてはすごい美味しくて、落ち着いた店内で料理を楽しめるいい店だ...
The Lord Webbレストラン – 手頃なタイ&西洋料理レストラン... ホアヒン郊外にあるレストラン。今回泊まった「Sea Harmony Eco Lodge Guesthouse」からは歩いて数分のところにあるので、もし泊まったときにはいく機会があるんじゃないかと思う。 一見すると普通のタイのリゾートによくある雰囲気のレストランなのだが、中身はタイ料理だけじゃな...
呼きつね(西麻布)の上品ないなり寿司... 西麻布から六本木あたりでちょっとした手土産買うのであれば、呼きつね(こきつね)のいなり寿司がいいかなって思うし、天気のいい日にこのあたりで外ランチするのにもいいんじゃないかと思う。 とても上品で日本酒の風味がきいている。そんな洗練されたいなり寿司は独創的ですらあって話しのネタにもいい。 ...
「あらきそば」で味わう極太な田舎蕎麦... 山形の蕎麦といえば、大きな木の箱に入った板蕎麦という一風変わった田舎蕎麦が有名で、都内でもたとえば恵比寿の「間人」とか食べられるところが何軒かあって結構おいしくて、今回はじめて本場の板蕎麦を食べてきた。 行ってみたのは最上川蕎麦街道の終着点である十四番点店「あらきそば」。結構有名なところみたい...
フランクフルトのアドルフ・ワグナーでりんご酒を堪能... フランクフルト現代美術館を訪れたあと外に出てみたら、すっかり暗くなっていた。冬のヨーロッパは陽が落ちるのが早い。 猛烈な空腹に見舞われいたので、どこか食べるところがないかなと思ってネットで調べて行ってみたのがアドルフ・ワグナーというレストラン。 年末のクリスマスシーズンだったこともあって...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です