ランチのタイミングで十日町の市街地エリアにいたのでキナーレのなかにあるカフェで食事をしてきた。ここは駐車場も広いのと拠点になっているのでトリエンナーレのタイミングで訪れることが多いと思う。

キナーレのなかにあるのは普通のカフェかと思っていたのだが、地産地消ならぬ「土産土法」というキーワードの面白いところだった。「土産土法」とはその土地の季節の旬のものを、その土地に伝わる調理法で食べるということみたい。

十日町エリア キナーレなので、地域に根ざした味を伝えていっているということ。とはいえ、現代風にアレンジされたスタイルは面白い。旬のものをいままで培ってきたやり方で食べると美味しいという当たり前の事実を知ることができる店。

ランチ時は定食みたいなセットになっていて、野菜を中心としたメニューは悩んでしまう。僕が選んだのは畑の肉丼というもの。ちょっとビーガンっぽいネーミングで大丈夫かなと思ったりしたのだが、普通に美味しく食べられた。

畑の肉丼
畑の肉丼

麩を豚肉のようにしていて、唐辛子がきいている。結構辛いなって思うが、塩味とはまた異なる辛味が山に囲まれたこの土地の味なのかなあって思ったりする。

結構ボリュームあるのでランチには満足できる量。越後妻有では食事の選択がついつい蕎麦方面かとんかつになってしまうのだが、そんななかでこのカフェの存在は貴重だと思う。目先を変えるのにもおすすめ。

越後しなのがわバル
住所:新潟県十日町市本町6 越後妻有里山現代美術館[キナーレ]内
時間:9:00-17:00
休み:水曜日

Related Post

Elephant Factory Coffeeは裏通りにある隠れ家カフェ... 村上春樹の小説のタイトルから名付けられた京都のカフェ。ちょっとびっくりするような路地裏にあって、地元の友達と行っても「こんなところにカフェあるなんて知らなかった」というくらいのところ。 でも、雰囲気がよくて僕は好きなところだな。なにしろコーヒーが美味しい。 Elephant Factory ...
まつだい農舞台の里山食堂でランチビュッフェ... 前回きたときには、上郷クローブ座でのランチがあったためここでは食事をとれなかったのだが、地元の食材をつかったランチビュッフェが気になっていたので、今回ようやく来ることができた。1年越しの訪問となる。 前回の訪問:まつだい農舞台と里山食堂のカフェ まつだい農舞台という地域の交流施設のなかに...
歴史を感じる台北純喫茶の「蜂大珈琲」... 西門での街歩きで一休みするのにオススメのカフェというか喫茶店。 お店の雰囲気は日本風にいえば「昭和なノスタルジー」な感じ。1956年創業で、きちんと本格的なコーヒーをいただけます。 おすすめとしては、地元ならではの台湾珈琲。ちょっと濃いめで酸味を感じるうまさ。 台湾...
正興珈琲館(Zhengxing Cafe)に再び泊まってきた... 去年、台南にはじめて行って泊まったホテル。今回、改めて再訪してみたが、やはり今年ベストのホテルだなあ・・って思った。(前回の訪問) 快適性とかを考えるとシャングリラがいいのだと思う。なんかすごい安く泊まれるらしいし。 でも、このカフェと宿のある正興街という街もふくめて、そんな安い宿じゃな...
MangoTangoでマンゴーづくし 以前には日本にも進出していて代官山にお店があったマンゴータンゴ。バンコクの本店に行ってみたのだが、この上質なマンゴーを食べられるのは最高に贅沢なデザートだなって改めて思った。 MangoTangoへのアクセス ラマ1世通りからSoi3の路地を入っていって進行方向の左側にある。店の入口にで...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください