ランチのタイミングで十日町の市街地エリアにいたのでキナーレのなかにあるカフェで食事をしてきた。ここは駐車場も広いのと拠点になっているのでトリエンナーレのタイミングで訪れることが多いと思う。

キナーレのなかにあるのは普通のカフェかと思っていたのだが、地産地消ならぬ「土産土法」というキーワードの面白いところだった。「土産土法」とはその土地の季節の旬のものを、その土地に伝わる調理法で食べるということみたい。

十日町エリア キナーレなので、地域に根ざした味を伝えていっているということ。とはいえ、現代風にアレンジされたスタイルは面白い。旬のものをいままで培ってきたやり方で食べると美味しいという当たり前の事実を知ることができる店。

ランチ時は定食みたいなセットになっていて、野菜を中心としたメニューは悩んでしまう。僕が選んだのは畑の肉丼というもの。ちょっとビーガンっぽいネーミングで大丈夫かなと思ったりしたのだが、普通に美味しく食べられた。

畑の肉丼
畑の肉丼

麩を豚肉のようにしていて、唐辛子がきいている。結構辛いなって思うが、塩味とはまた異なる辛味が山に囲まれたこの土地の味なのかなあって思ったりする。

結構ボリュームあるのでランチには満足できる量。越後妻有では食事の選択がついつい蕎麦方面かとんかつになってしまうのだが、そんななかでこのカフェの存在は貴重だと思う。目先を変えるのにもおすすめ。

越後しなのがわバル
住所:新潟県十日町市本町6 越後妻有里山現代美術館[キナーレ]内
時間:9:00-17:00
休み:水曜日

Related Post

かわなで食べる旬の味(穴子編) 飯田橋と九段下の間くらいにある、ちょっと風変わりな「かわな」和食屋さんでランチ。 このお店は、春は「鯛めし」、夏は「穴子」、秋は「いくら」で、冬は「あんこう」といった具合に季節ごとに提供する料理を変えていて、それがどれも美味しいのです。 7~9月くらいの夏の時期は穴子を提供していて(詳し...
昼限定のハンバーガー店、Hungry Heavenでコストパフォーマンスのいいランチ... 昼はハンバーガー店、夜は焼肉店というちょっと変わった業態のお店。店内は壁のインテリアやずらっと並んだお酒の雰囲気は焼肉店、テーブルの雰囲気はハンバーガー店という、これもまたちょっとおもしろい。 場所は目黒駅から目黒通りの坂を下って数分のところ。雑居ビルの2階のさらに奥にある。ビルの軒先について...
三島由紀夫が最後の晩餐をしたことでも有名な新橋の末げんは親子丼でも有名なところ... 新橋駅のSL広場からすぐのところにある鳥割烹の老舗は、三島由紀夫が自決する前に最後の晩餐をしたところとしても有名なお店となっている。三島由紀夫が食べたのは鶏鍋がついている夜のコース料理なのだけど、新橋の外の喧噪が無縁な静かな店内で食べるランチもまたいいものだ。   お店の外観...
よっちゃん – 駅ビルで手軽な広島風お好み焼き... 旅の帰り際、広島駅から広島空港に出るリムジンバスの待ち時間で手軽に食事しようと思って入ったお店。 本当は食べログでも人気になっている「麗ちゃん」というところにしようと思ったのだが、時間帯が悪く長蛇の列。なので、隣のとなりにあったこちらの「よっちゃん」にしてみた。 結論からいうと、...
指宿のイタリアン「フェニーチェ」で本格的な地産地消イタリアン... 薩摩料理は美味しいのだけど、たまには趣向を変えたものも食べてみたいということでランチタムにあわせて行った薩摩伝承館に併設されているイタリアンレストランへいってみた。 白水館という高級旅館に所属するレストランだけあって、スタッフの対応は素晴らしく、開放感がある窓越しには庭をみることができる。5月...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください