志ん子餅という和菓子。外側の皮はコシがあってモチモチしている。中の餡子は甘さ控えめで上品な感じ。

白い宝石みたいに美しい見た目もいいな。なにより地元十日町のコシヒカリの上新粉を使った餅は絶品。甘いものがそんな得意じゃなくても、いくらでも食べられる。

このお土産。越後妻有のお土産として有名なのか、ベルナティオの売店でも売っていて、ためしに買って食べてみたらすごい美味しくてびっくりした。

ということで、思いあまって作っているお店まで。というか、通りかかりに発見したのだけど。松之山エリアの通り沿いにあるお店は、なんていうか外観は普通の雑貨店とお菓子屋さんが混ざったかのような佇まい。なかに入っても、印象は変わらず。すごい余計なお世話だがお店のホームページからうける印象と実際のお店の雰囲気が違いすぎる。

でも、お店の人にお菓子の名前をつげると「ああ、あるよ」って感じで大量に出てきた。なんだか宝の山が気軽に出てきたみたいな感じだ。いくらでも食べられるじゃないか!

唯一に近い弱点は賞味期限。美味しいものはなぜこうも賞味期限が短いのか。この志ん子餅も製造日から3日しかもたないので、帰りがけに買うしかないってところ。

でも、このエリアでのお土産としては日本酒買うか、このお菓子かっていうくらいおすすめできるものです。

小島屋製菓店
住所:新潟県十日町市松之山新山565-1
時間:7:00-19:00
休み:第1・3水曜 冬季毎週水曜、その他不定休

Related Post

タケノコづくし転じてタケノコ地獄。大多喜の「たけのこ」は一度くらいは行ってみてもいいかも... 春の千葉はタケノコが旬の季節。房総半島をドライブしているとそこらへんでタケノコを売っている台があったりする。かなり激安でびっくりする。ちょうど桜の季節と重なるくらいなので、千葉をドライブしているなかでタケノコを楽しむべく、タケノコ料理専門店のその名も「たけのこ」という食堂に行ってみることにした。 ...
伊万里焼を買いに大川内山へ 佐賀といえば、有田焼や伊万里焼といった日本有数の陶磁器の産地であり、前から気になっていた。佐賀の人の陶磁器への興味ははんぱなくて、レストランとかでちょっと気になる器が出てくると裏側の署名をみたりする。 伊万里焼の本場は伊万里の郊外にあって、車で10分くらいの山のなか。大川内山というエリ...
季節を問わずテラス席が気持ちいい!七里ケ浜のアマルフィ カフェで夕暮れを過ごす... 鎌倉高校前の踏切から国道沿いに鎌倉方面に少し歩いてみることにする。このあたりは砂浜が狭くて江ノ電と国道と海が非常に近くにあるエリアだ。夕暮れ時が近くて江の島がシルエットでみえて美しい。 このまま鎌倉に行くのももったいないと思えたので、夕暮れまで過ごすことにする。七里ヶ浜の駅からほど近い裏通りに...
凰商號でパイナップルざんまい 台南で台湾産の質の高いパイナップルをつかったスイーツやお茶を楽しめるお店。暑い昼下がりにいくのがおすすめ。生き返る爽やかな甘みはいま思い出してもじわじわと幸せな気分になるくらい。 凰商號へのアクセス 杏本善と同様に正興街のすぐ側の西門市場にはいっている。杏本善からもすぐそばのところ。休日...
ボージョー・アウンサン・マーケットはヤンゴンのショッピング中心地... ボージョー・アウンサン・マーケット(Bogyoke Aung San Market)はヤンゴン中央駅から徒歩10分くらいで、市街地にある巨大な市場。祭日と月曜日はお休みで、それ以外の日も17:00には閉店してしまうので早めに訪れる必要がある。 現地では、「ボージョー・ゼイ」でも通じるのだが、印...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください