新潟の越後妻有で3年に一度開催されているアートトリエンナーレ、大地の芸術祭の川西エリア編。ここは信濃川の西岸にあたるエリアで河岸段丘が一望できるところ。

このエリアでは有名過ぎるくらいな、ジェームス・タレルの光の館。そして、ナカゴ・グリーンパークがあるのだが、このあたりはみたことがあるので今回はパスして2015年に新しくできた作品をみてきた。

どうやら、今回のトリエンナーレではいままで作られてきた作品よりも多い数の作品が作られたらしい。どうりで見切れないよな・・と思ったわけだ。

川西エリアでみたのは「捨てられたもの」という作品。神社の古い境内にあった土俵の跡地に破棄された陶器の欠片をあつめて作られた作品。消費社会に対するなにかのメッセージかもしれないが、それ以上に薄暗い風景の中に見える風景は不思議な感じ。

「捨てられたもの」

そして、ナカゴグリーンパーク近くのトウモロコシ畑の横をひたすら登ってたどり着いたのは「妻有絶景 LACHIKU_PENTA」という作品。広場に竹で編まれたトンネルを作っていて、そこを抜けると信濃川と河岸段丘を一望できる風景が広がっている。でもなんだかこう、ナカゴ・グリーンパークからみてもよかったな、くらいの印象。

「妻有絶景 LACHIKU_PENTA」
「妻有絶景 LACHIKU_PENTA」

印象に残ったのは高倉集落に作れた「つなぐ-還るところ-」という作品。

タイトルは僕の趣味とは全然違うのだが、山間にひっそりとある集落のあちこちに旗がつけられていて、郵便局には未来に宛てた手紙を書くことができる。文字にするとそれだけのことなのだが、なんだかこの旗の存在感がすごく印象に残っている。

なんとなく、還るところっていう意味ってこういう象徴的な存在なのだろうかとか。これが、街中ではなく、このすごく小さな集落にあるからこそ印象的なのだろうな。

夕暮れ時にそんなことを考えていた。本当に盛りだくさんのアートイベントだと思う。

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015

「つなぐ-還るところ-」

Related Post

リオデジャネイロ現代建築の見所のひとつ – カテドラル・メトロポリターナをみてきた... リオデジャネイロには大聖堂がふたつあって、古くからあるのはリオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)と呼ばれていて、もうひとつのこちらは1976年に建てられた現代的な大聖堂。 ちょっと古さを感じるモダンアートっぽいデザインは一見奇抜なのだけど、厳かな雰囲気でステンドグラスの美しい直線的なデ...
越後しなのがわバルで土産土法で地産地消なランチ... ランチのタイミングで十日町の市街地エリアにいたのでキナーレのなかにあるカフェで食事をしてきた。ここは駐車場も広いのと拠点になっているのでトリエンナーレのタイミングで訪れることが多いと思う。 キナーレのなかにあるのは普通のカフェかと思っていたのだが、地産地消ならぬ「土産土法」というキーワードの面...
草間彌生カフェ「私の大好きな私」に行ってきた【期間限定:2013年8月】... 六本木ヒルズで、2013年8月6日(火)~25日(日)の期間限定でオープンしていた草間彌生ワールドを体験できるコラボカフェに行ってきた。 カフェとしては洗練されていて、スタッフの対応もスバラシイ。でも、どこかのブログで見かけたイケメンばかりの店員というのは僕が行ったときは違っていたのかもしれな...
アートアクアリウム2016へ行ってきた。... このブログをはじめるより前から、夏になると行っていたアートアクアリウム。2016年で10周年らしい。そんなにやっていたのか。 金魚をアート作品として宝石を眺めるようにみせるというのはすごく斬新でおもしろい。 過去のアートアクアリウム アートアクアリウム 2014ナイトアクアリウムをみて...
VVG Something 好様本事 – 独特の世界観がある美しい書店... たいたた旅行をする目的って色々あると思う。そのなかでよく(まあ、あれだテレビとか雑誌のインタビューとかで)いわれているのは「世界遺産を巡る旅」だったりするのだけれど、あれってもはやスタンプラリーみたいだし、日本でいうところ「グッドデザイン賞」みたいな存在なんじゃないか?と思ってしまう。旅の目的にする...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください