新潟の越後妻有で3年に一度開催されているアートトリエンナーレ、大地の芸術祭の川西エリア編。ここは信濃川の西岸にあたるエリアで河岸段丘が一望できるところ。

このエリアでは有名過ぎるくらいな、ジェームス・タレルの光の館。そして、ナカゴ・グリーンパークがあるのだが、このあたりはみたことがあるので今回はパスして2015年に新しくできた作品をみてきた。

どうやら、今回のトリエンナーレではいままで作られてきた作品よりも多い数の作品が作られたらしい。どうりで見切れないよな・・と思ったわけだ。

川西エリアでみたのは「捨てられたもの」という作品。神社の古い境内にあった土俵の跡地に破棄された陶器の欠片をあつめて作られた作品。消費社会に対するなにかのメッセージかもしれないが、それ以上に薄暗い風景の中に見える風景は不思議な感じ。

「捨てられたもの」
「捨てられたもの」

そして、ナカゴグリーンパーク近くのトウモロコシ畑の横をひたすら登ってたどり着いたのは「妻有絶景 LACHIKU_PENTA」という作品。広場に竹で編まれたトンネルを作っていて、そこを抜けると信濃川と河岸段丘を一望できる風景が広がっている。でもなんだかこう、ナカゴ・グリーンパークからみてもよかったな、くらいの印象。

「妻有絶景 LACHIKU_PENTA」
「妻有絶景 LACHIKU_PENTA」
「妻有絶景 LACHIKU_PENTA」
「妻有絶景 LACHIKU_PENTA」

印象に残ったのは高倉集落に作れた「つなぐ-還るところ-」という作品。

タイトルは僕の趣味とは全然違うのだが、山間にひっそりとある集落のあちこちに旗がつけられていて、郵便局には未来に宛てた手紙を書くことができる。文字にするとそれだけのことなのだが、なんだかこの旗の存在感がすごく印象に残っている。

なんとなく、還るところっていう意味ってこういう象徴的な存在なのだろうかとか。これが、街中ではなく、このすごく小さな集落にあるからこそ印象的なのだろうな。

夕暮れ時にそんなことを考えていた。本当に盛りだくさんのアートイベントだと思う。

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015

「つなぐ-還るところ-」
「つなぐ-還るところ-」

川西エリア「つなぐ-還るところ-」川西エリア「つなぐ-還るところ-」川西エリア「つなぐ-還るところ-」

Related Post

いちはらアート×ミックス2014「IAAES(旧里見小学校)」編... カフェでのご飯うまかった 2014年の春にみてきた「いちはらアート×ミックス」。駐車場が有料な施設だったので当初はスルーしようと思っていたのだが、「指輪ホテル」を観に行ったついでに近所だったこともあり行ってみた。 廃校となった小学校を再利用した施設で、IAAESとは「市原芸術・スポーツ...
大地の芸術祭 2015 – 松之山エリア編 大地の芸術祭の松之山エリア編。 大地の芸術祭では最後に見てまわったところ。このエリアは僕のなかでは新しい作品ではあまり見たいと思ったものがなく、いままでみてきたものをもう一度見られればくらいの印象だった。 このエリアには大地の芸術祭の象徴的な作品であるクリスチャン・ボルタンスキーの「最後...
打ち上げ花火を真下から見た – 飯岡花火大会... みんなが隅田川の花火大会をみているときに、ぼくはといえば、岩井俊二監督の初期の名作である「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」の舞台となった千葉県の飯岡の海岸でやっている花火大会をみてきた。 これ書くにあたって、作品を少し調べたのだけど、1993年の発表で今年で20年経つのか!と驚い...
津南でひまわりをみる 一面のひまわり畑って観光スポットとしていくつかあって、山梨の明野が有名なのだけど、僕としては津南のひまわり畑の方をおすすめしたい。 理由としては、夏場の中央道ってばかみたいに渋滞しているし、まだ関越道の方がマシ。そして、津南の方が人も少ないし、全体的に暑すぎず(明野は暑い・・)、高原っぽい感じ...
いちはらアート×ミックス2014「与市郎桜のレジャーシート」編... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた記録なのです。 ということで、桜の咲くシーズンに里見駅近くにある与市郎桜と、そこに展示されていた「レジャーシート」という作品をみてきた。里見駅近くの無料駐車場に車を停めて、そこから徒歩10分くらいのところ。 一般住宅の敷地...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です