新潟の越後妻有で3年に一度開催されているアートトリエンナーレ、大地の芸術祭の川西エリア編。ここは信濃川の西岸にあたるエリアで河岸段丘が一望できるところ。

このエリアでは有名過ぎるくらいな、ジェームス・タレルの光の館。そして、ナカゴ・グリーンパークがあるのだが、このあたりはみたことがあるので今回はパスして2015年に新しくできた作品をみてきた。

どうやら、今回のトリエンナーレではいままで作られてきた作品よりも多い数の作品が作られたらしい。どうりで見切れないよな・・と思ったわけだ。

川西エリアでみたのは「捨てられたもの」という作品。神社の古い境内にあった土俵の跡地に破棄された陶器の欠片をあつめて作られた作品。消費社会に対するなにかのメッセージかもしれないが、それ以上に薄暗い風景の中に見える風景は不思議な感じ。

「捨てられたもの」

そして、ナカゴグリーンパーク近くのトウモロコシ畑の横をひたすら登ってたどり着いたのは「妻有絶景 LACHIKU_PENTA」という作品。広場に竹で編まれたトンネルを作っていて、そこを抜けると信濃川と河岸段丘を一望できる風景が広がっている。でもなんだかこう、ナカゴ・グリーンパークからみてもよかったな、くらいの印象。

「妻有絶景 LACHIKU_PENTA」
「妻有絶景 LACHIKU_PENTA」

印象に残ったのは高倉集落に作れた「つなぐ-還るところ-」という作品。

タイトルは僕の趣味とは全然違うのだが、山間にひっそりとある集落のあちこちに旗がつけられていて、郵便局には未来に宛てた手紙を書くことができる。文字にするとそれだけのことなのだが、なんだかこの旗の存在感がすごく印象に残っている。

なんとなく、還るところっていう意味ってこういう象徴的な存在なのだろうかとか。これが、街中ではなく、このすごく小さな集落にあるからこそ印象的なのだろうな。

夕暮れ時にそんなことを考えていた。本当に盛りだくさんのアートイベントだと思う。

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015

「つなぐ-還るところ-」

Related Post

2013佐賀バルーンフェスタに行ってみたら中止だった... 秋の佐賀旅行のメインイベント、いよいよ佐賀バルーンフェスタを観に行く日。昨日までの雨とはうって変わっていい天気。ひんやりとした空気が気持ちいい朝。 早朝に起きて佐賀駅から列車にのって佐賀バルーン駅へと向かう。IC乗車券が利用できるので便利。ただし、列車はかなり混んでいるので注意が必要。福岡から...
いちはらアート×ミックス2014「飯給のトイレ」編... のどかすぎる飯給駅前 実質「世界一大きなトイレ」が千葉の田舎にひっそりとあるのです。今回のアートミックスがはじまる前からあって、この壁に囲まれたものは・・トイレなのか?と思っていたのだが、今回のアートミックスの開催でこれが作品なのだと初めて分かった。 ちなみに女子トイレで男性の利用は不...
上郷クローブ座での地産地消ランチ 今回の旅で予約してまで行きたかったハイライトは津南にある上郷クローブ座でのランチ。市原湖畔美術館でみた「ロマネコンティ・ピクニック」とか、食をテーマに活動しているEAT & ART TAROの作品。 古い学校の家庭科室が会場、黒板には越後妻有の風景 今回の上郷クローブ座では、地...
中之条ビエンナーレ2013(暮坂編) 芸術の秋ってことでもないけれど、群馬の中之条で2年ごとに開催されている中之条ビエンナーレをみてきた。 暮坂峠を含む、暮坂エリア編なのだが、僕のなかではこのビエンナーレのなかで最も印象が薄いエリアというかなんというか・・。六合から中之条に抜ける道すがら通ってみたという印象。スタン・アンダソンの「...
Meta Houseのギャラリーはプノンペンのいまを知ることができる... カンボジアにある美術館や博物館は既に死んじゃった過去の人の作品ばかり。 それはそれで美しい作品も多いけれど、いまの人たちはどういう考えがあって、どういう感覚なのだろうっていうことは美術館や博物館ではよく分からない。 ちょっと前までは内戦でそれどころではないという話しもあったのかもしれない...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください