中里エリア越後妻有の大地の芸術祭 アートトリエンナーレ。津南エリアをまわってきた。十日町のエリアとともに広大な場所でみてまわるのも結構大変。

僕にとって今回の津南エリアのメインはEAT & ART TAROの「上郷クローブ座」レストランでの食事だったのだけど、それはまた別の機会に。

このエリアでは、なんだか不思議な作品が多かったなあという印象をもっている。

必見なのは瀧澤潔の「津南のためのインスタレーション‐つながり‐」という作品。Tシャツのなかにランプをいれてつるしている作品群は幻想的な風景。去年みた「いちはらアートミックス」にもあったのだが、こちらの方が規模が大きく圧倒的。

津南のためのインスタレーション‐つながり‐
津南のためのインスタレーション‐つながり‐

中里エリア中里エリア中里エリア

フラッシュをつかわなければ撮影ができるので(というかフラッシュを使うと作品の印象が伝わらない)、暗いところだが写真を撮ってみてほしい。

とはいえ、なによりもそれを実際にみていて覚えているというのが一番大事なことだと思うけれど。

津南エリア中里エリア中里エリア

それ以外の作品としては、Air for Everyone(金属職人の家)という作品が面白い。空き家の壁面とかに、アコーディオンとかの楽器がかけられていて、あちこちの紐をひっぱると楽器が鳴るという、どこかとどこかはつながってんだなということを感じられるもの。なんだか面白い。

Air for Everyone
Air for Everyone

津南エリア

そのまま、津南の山道をあがっていくといあるのがアジアインフォメイションセンター&カフェ、店員さんも中国やタイのひとたちで併設されているカフェでひと休みするのがおすすめ。

特製のジンジャーエールは強烈なインパクトがある。家に帰って作ってみたくらい。このあたりは巡回バスもまわっていたのでクルマでなくても結構楽しめるのだろうなって思う。

アジアカフェで飲んだジンジャーエール
アジアカフェで飲んだジンジャーエール

津南エリア津南エリア

そして、2015年の作品としては「土石流のモニュメント」というもの。もはやこれは、砂防ダムの迫力とセットというか、アートなのかどうかってわからないのだが、普段砂防ダムにのぼることなんてないので、これはこれで面白かった。

上郷クローブ座のパフォーマンスがメインだったこともあり、なかなか時間がとれなかったので駆け足になっていしまったのだが、津南のエリアは見応えあるところが多いと思う。

土石流のモニュメント
土石流のモニュメント

松之山エリア

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015

Related Post

「リビングルームⅡ」ミシェル・ブラジー展をみてきた... 銀座エルメスの8階にあるギャラリーでミシェル・ブラジー展をみてきた。エルメスに入るなんてイベントホールくらいしか用がないのだが、一階で売っているApple Watchのエルメスバージョンは気になっている(しかし2年で価値が消滅しかかるアクセサリーはちょっと高いなあ)。 エルメスのイベントホール...
「北アルプス 三蔵呑み歩き2013」を体験してきた... 今回の信州旅行において、サイトウキネンと並ぶハイライト。信濃大町で毎秋に開催されている三蔵呑み歩きというイベントに行ってきた。 信濃大町の商店街を中心に半径500mくらいのところに日本酒の酒蔵が三軒あって、イベントの日には参加証を兼ねた専用のおちょこを購入して、各酒蔵を巡りながら、日本酒を飲ん...
「とんかつ つまり」で妻有ポークのとんかつを食べる... 津南の物産館の隅ある僕のなかでの人気店である「とん豚」がなんとリニューアルしていた。 場所もスタッフも、食事の内容も変わってなくて店名だけが「とんかつ つまり」に変更されている。どうやら、津南ポークから妻有ポークへとブランド変更したのかな?そんな感じ。 店名かわっても、このお店の人気は変...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の直島編)... 前回の開催から3年、来てみたかった瀬戸内国際芸術祭をみてきた。宇野から直島までフェリーで移動してきた。直島ではベネッセハウスに宿泊するという優雅な感じの旅となった。 瀬戸内国際芸術祭はすでに夏編が終了しているのだが、2013年10月5日から開催される秋編に向けての参考になればいいなと思う。 ...
京都市美術館でやっていた伊藤若沖展をみてきた。「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」... ちょうど市バスに乗っていたとき、車内のチラシで若沖展をやっていること知った。伊藤若沖は京都生まれの京都育ちだし、この街でみる若沖の作品もまた楽しそうだなと、とくに予定もなかったので行ってみることにする。結構行き当たりばったりの旅なのです。 京都市美術館について 京都市美術館は平安神宮のすぐそばに...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です