再構築
再構築

越後妻有の大地の芸術祭 アートトリエンナーレ。中里エリアについて。このエリアは十日町と津南の間にあって、区分が難しい。十日町エリアで書いた「再構築」という作品は中里エリアの方がよかったかもしれない。僕が泊まったベルナティオも中里エリアにある。比較的狭いエリアだけれど、いろいろ詰まったエリアだなというところ。

ここでの新しい見どころは清津峡倉庫美術館。廃校になった小学校の体育館がリニューアルされて美術館になっている。大きな室内に前衛的な作品が数点並んでいるのは、なにをどう捉えたらいいものやらって感じはあるものの、なんだか居心地はいい空間。駐車場が狭いので、結構混雑していた。

清津峡倉庫美術館
清津峡倉庫美術館

メインの見どころは「ポチョムキン」と「たくさんの失われた窓のために」。どちらも、公園の一角になっていて、無料開放されているものなのだが、このふたつはとても深いなと思っている。

ポチョムキンは白と黒のコントラストが不思議な感覚をもっていて、全体的にみると戦艦のような形をしているようにも思える。川に面した空間からのんびりと越後妻有の風景を眺めるのは時間を忘れてしまいそうな体験。

ポチョムキン
ポチョムキン
ポチョムキン
ポチョムキン
ポチョムキン
ポチョムキン
ポチョムキン
ポチョムキン

たくさんの失われた窓のために、はこのゴールデンウィークの旅でも観に来ていて、春と夏では風景がまた違っていて、山の雪がなくなっている代わりに緑が濃くなってきている。

ここから眺める里山の風景が本当に好きで、自分が生まれ育ったエリアでもないのに懐かしい感じがする。

近くの公園にも作品はいくつかあって、草月流がつくった竹のインスタレーションは、草月流の人たちっぽい作品だなと、トンネルをくぐっていくのもまた楽しい。

中里エリア中里エリアそして、なんといっても越後妻有の田園風景。きれいに整えられた棚田に実る稲穂は、はやくも秋の雰囲気が近づいてきている。しかし、本当に美しい風景だな。

このイベントがなければ来ることもなかった風景を見ていられるのは、なんという巡り合わせなんだろうって思う。この風景をみたインドネシアの作家がつくる「カクラ・クルクル・アット・ツマリ」という風車はまたよく馴染んでて、みていて面白いものだった。

カクラ・クルクル・アット・ツマリ
カクラ・クルクル・アット・ツマリ

中里エリアそれにしても、アートの作品ではないけれど、この田園風景は本当に美しかったなあというところ。

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015

Related Post

津南でひまわりをみる 一面のひまわり畑って観光スポットとしていくつかあって、山梨の明野が有名なのだけど、僕としては津南のひまわり畑の方をおすすめしたい。 理由としては、夏場の中央道ってばかみたいに渋滞しているし、まだ関越道の方がマシ。そして、津南の方が人も少ないし、全体的に暑すぎず(明野は暑い・・)、高原っぽい感じ...
上諏訪街道 呑みあるきに行ってきた 東京で桜が一気に満開になった頃、もうすぐ春がやってきそうな諏訪へと行ってきた。 目的は上諏訪で行われている日本酒の呑み歩きイベントでのんだくれるため。僕としては北アルプス三蔵呑み歩きの印象が強いのだが、イベントの規模としてはこちらの上諏訪で行われているものの方が大きいみたい。 なにせ五蔵...
伝統の森での蚕祭りに参加してきた はじめてカンボジアに来たのはもうかなり前で、そのときはアンコールワットを見ては感動し、回廊に銃撃戦の跡をみつけては戦慄し、ばらばらに壊れた遺跡のなかでガジュマルの樹木に驚愕し、という感じでものすごい体験だったなといまでも思い出す。 でも、それと同時に「もう、ここ来ることはないだろうなあ」ってこ...
いちはらアート×ミックス2014「飯給のトイレ」編... のどかすぎる飯給駅前 実質「世界一大きなトイレ」が千葉の田舎にひっそりとあるのです。今回のアートミックスがはじまる前からあって、この壁に囲まれたものは・・トイレなのか?と思っていたのだが、今回のアートミックスの開催でこれが作品なのだと初めて分かった。 ちなみに女子トイレで男性の利用は不...
アートアクアリウム2016へ行ってきた。... このブログをはじめるより前から、夏になると行っていたアートアクアリウム。2016年で10周年らしい。そんなにやっていたのか。 金魚をアート作品として宝石を眺めるようにみせるというのはすごく斬新でおもしろい。 過去のアートアクアリウム アートアクアリウム 2014ナイトアクアリウムをみて...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください