「新潟産ハートを射抜くお米のスープ 300円」
「新潟産ハートを射抜くお米のスープ 300円」

大地の芸術祭でみてまわった松代編。僕としては今回のトリエンナーレのなかで最も好きなエリアだし、最も印象に残ったエリア。

なにがすごかったって、スマイルズがやった「新潟産ハートを射抜くお米のスープ 300円」という作品。

スープストックTOKYOの人たちに、ばっちりハートを射抜かれた。今回の作品のなかで唯一、リピートしてまで体験しに行っちゃったものな。これがもう、みられなくて体験できないなんて寂しすぎる。しかし、これを体験できなかったのは不幸過ぎると思うので、この作品に出会えたことは僕にとって幸運だなということだな。それくらいインパクトがある作品だった。

この作品がある名ヶ山地区はかつては冬になると周囲から閉ざされてしまったエリアみたいだけど、いまではトンネルで十日町とつながっていて便利なエリア。しかし、昔の名残が残る建物は写真館になっていたりして、僕はここから眺める田園の風景がすごく好き。ここを訪れるときは充分に時間を作って訪れることにしている。

名ヶ山写真館
名ヶ山写真館
名ヶ山写真館のここから見える風景が好き
名ヶ山写真館のここから見える風景が好き

それ以外にも見どころはたくさんある松代のエリア。とくに、松代駅の周囲にある農舞台は芸術祭に関係がなくても訪れる価値がある。有名なのはイリヤ&エミリア・カバコフの「棚田」という作品なのだが、これはあまりにも小さくてびっくりするかもしれない・・。

農舞台のなかにはカフェがある
農舞台のなかにはカフェがある

松代エリア 農舞台草間彌生の「花咲ける妻有」

草間彌生の「花咲ける妻有」

僕としては草間彌生の「花咲ける妻有」は数ある草間彌生の作品のなかでも好きなもののひとつ。自然のなかであまりにも強くインパクトがある作品だけど、そこがまた強烈で好きだなあって思える。

農舞台のまわりにはこれ以外にも常設でいろいろあるので、ちょっと散歩をかねて見てまわるのがおすすめ。芸術祭に限らずいろいろ楽しめる。

松代エリア 農舞台松代エリア 農舞台松代エリア 農舞台

少し離れたところ、夜明けの風景で有名な星峠の近くには日大の彫刻コースの学生たちが作った「脱皮する家」がある。

ここも、来るたびに育っているというか体験できる面白い作品。前に来たときは彫刻刀持った女の子がお箸をコリコリと削っていて、自分の作品のできばえにすごい笑顔でやっていたのがすごい記憶に残っている。楽しそうな人たちをみると自分まで幸せな感じになることってあるよな。この作品にはぜひ裸足で訪れて脱皮を体験してみてもらいたい。

脱皮する家
脱皮する家

松代エリア松代エリア明後日新聞社

明後日新聞社

松代エリア大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015

Related Post

越後しなのがわバルで土産土法で地産地消なランチ... ランチのタイミングで十日町の市街地エリアにいたのでキナーレのなかにあるカフェで食事をしてきた。ここは駐車場も広いのと拠点になっているのでトリエンナーレのタイミングで訪れることが多いと思う。 キナーレのなかにあるのは普通のカフェかと思っていたのだが、地産地消ならぬ「土産土法」というキーワードの面...
川村記念美術館の大賀蓮と睡蓮の庭 いつの間にか梅雨もあけて、そういえばすっかり夏の装いになってしまった。 今年も千葉県佐倉市にある川村記念美術館の庭園に行ってきた。目当ては大賀蓮と睡蓮。 世界的なインク企業の研究所に併設しているだけあって、四季折々さまざまな色であふれている庭園はいつ行ってもわくわくする。 今回は蓮...
ベルナティオを拠点に大地の芸術祭をみてきた... 2015年夏のイベントでもっとも思い出に残った旅は3年に一度開催される大地の芸術祭をみてきたこと。 このエリアは宿泊施設が少ないのだが、僕は毎回このベルナティオに泊まっている。決して安いホテルではないけれど、それでも値段に見合ったいいホテルだなあって思う。 基本的には高原リゾートのホテル...
「北アルプス 三蔵呑み歩き2013」を体験してきた... 今回の信州旅行において、サイトウキネンと並ぶハイライト。信濃大町で毎秋に開催されている三蔵呑み歩きというイベントに行ってきた。 信濃大町の商店街を中心に半径500mくらいのところに日本酒の酒蔵が三軒あって、イベントの日には参加証を兼ねた専用のおちょこを購入して、各酒蔵を巡りながら、日本酒を飲ん...
越後妻有のポチョムキンは居心地のいい公園のような場所... 2016年の夏は日本国内の小旅行をしてきていた。8月は一年ぶりに越後妻有への旅。去年は大地の芸術祭で賑わっていたけれど、それ以外の年も新しい作品はないけれど、展示を楽しむことができるのです。 まず向かったのはポチョムキンという作品。大地の芸術祭ではここもずいぶん古くからある作品。2003年とい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください