「新潟産ハートを射抜くお米のスープ 300円」
「新潟産ハートを射抜くお米のスープ 300円」

大地の芸術祭でみてまわった松代編。僕としては今回のトリエンナーレのなかで最も好きなエリアだし、最も印象に残ったエリア。

なにがすごかったって、スマイルズがやった「新潟産ハートを射抜くお米のスープ 300円」という作品。

スープストックTOKYOの人たちに、ばっちりハートを射抜かれた。今回の作品のなかで唯一、リピートしてまで体験しに行っちゃったものな。これがもう、みられなくて体験できないなんて寂しすぎる。しかし、これを体験できなかったのは不幸過ぎると思うので、この作品に出会えたことは僕にとって幸運だなということだな。それくらいインパクトがある作品だった。

この作品がある名ヶ山地区はかつては冬になると周囲から閉ざされてしまったエリアみたいだけど、いまではトンネルで十日町とつながっていて便利なエリア。しかし、昔の名残が残る建物は写真館になっていたりして、僕はここから眺める田園の風景がすごく好き。ここを訪れるときは充分に時間を作って訪れることにしている。

名ヶ山写真館
名ヶ山写真館
名ヶ山写真館のここから見える風景が好き
名ヶ山写真館のここから見える風景が好き

それ以外にも見どころはたくさんある松代のエリア。とくに、松代駅の周囲にある農舞台は芸術祭に関係がなくても訪れる価値がある。有名なのはイリヤ&エミリア・カバコフの「棚田」という作品なのだが、これはあまりにも小さくてびっくりするかもしれない・・。

農舞台のなかにはカフェがある
農舞台のなかにはカフェがある

松代エリア 農舞台草間彌生の「花咲ける妻有」

草間彌生の「花咲ける妻有」

僕としては草間彌生の「花咲ける妻有」は数ある草間彌生の作品のなかでも好きなもののひとつ。自然のなかであまりにも強くインパクトがある作品だけど、そこがまた強烈で好きだなあって思える。

農舞台のまわりにはこれ以外にも常設でいろいろあるので、ちょっと散歩をかねて見てまわるのがおすすめ。芸術祭に限らずいろいろ楽しめる。

松代エリア 農舞台松代エリア 農舞台松代エリア 農舞台

少し離れたところ、夜明けの風景で有名な星峠の近くには日大の彫刻コースの学生たちが作った「脱皮する家」がある。

ここも、来るたびに育っているというか体験できる面白い作品。前に来たときは彫刻刀持った女の子がお箸をコリコリと削っていて、自分の作品のできばえにすごい笑顔でやっていたのがすごい記憶に残っている。楽しそうな人たちをみると自分まで幸せな感じになることってあるよな。この作品にはぜひ裸足で訪れて脱皮を体験してみてもらいたい。

脱皮する家
脱皮する家

松代エリア松代エリア明後日新聞社

明後日新聞社

松代エリア大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015

Related Post

Meta Houseのギャラリーはプノンペンのいまを知ることができる... カンボジアにある美術館や博物館は既に死んじゃった過去の人の作品ばかり。 それはそれで美しい作品も多いけれど、いまの人たちはどういう考えがあって、どういう感覚なのだろうっていうことは美術館や博物館ではよく分からない。 ちょっと前までは内戦でそれどころではないという話しもあったのかもしれない...
アートアクアリウム2016へ行ってきた。... このブログをはじめるより前から、夏になると行っていたアートアクアリウム。2016年で10周年らしい。そんなにやっていたのか。 金魚をアート作品として宝石を眺めるようにみせるというのはすごく斬新でおもしろい。 過去のアートアクアリウム アートアクアリウム 2014ナイトアクアリウムをみて...
【店名変更】津南ポークの「とん豚」にリピートしてきた... 小布施から千曲川沿いに国道を下っていき、越後妻有へとやってきた。 まずは!津南にある「とん豚」で腹ごしらえ。越後妻有のエリア内に津南ポークのお店は数あれど、ここが一番おいしいと思う(ここには書かないけれど、他にもとんかつ屋さんにいって悲しい思いをしたこと数度)。前回の訪問はこちら。 お店...
早春の秋山郷、見倉橋あたりを散歩してきた... 雪解けしたばかりの越後妻有、秋山郷のあたりをトレッキングというほどではないが、散歩してみることにした。このあたりは名水百選にも選ばれた龍ヶ窪とか豊かな自然や里山の風景が残っている。 ただ、冬は相当に厳しい季節なんだろうなあって思わせるものがあった。そして、この秋山郷を奥に進んでいくと山の向こう...
いちはらアート×ミックス2014「指輪ホテル」編... 2014年春に行われた「いちはらアート×ミックス」で最終日に観に行った作品なのだが、すっごい後悔した。もっと早くからこれを観ておけばリピートできたのに!という後悔。 本当にこれを観るだけでも「いちはらアート×ミックス」に来る甲斐があったなあ・・と思う。 舞台は、指輪ホテルという劇団の「あ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください