松之山エリア大地の芸術祭の松之山エリア編。

大地の芸術祭では最後に見てまわったところ。このエリアは僕のなかでは新しい作品ではあまり見たいと思ったものがなく、いままでみてきたものをもう一度見られればくらいの印象だった。

このエリアには大地の芸術祭の象徴的な作品であるクリスチャン・ボルタンスキーの「最後の教室」があるのだが、すでに何度もみていて、大地の芸術祭にあわせることもないかなというところ。なので今回は、やはりこれもまた有名な塩田千春の「家の記憶」という作品をみてきた。

家の記憶
家の記憶

黒い毛糸が廃屋のなかを縦横無尽に張り巡らせてあり、いまの奥には置物がある光景は、はじめてみたときは怖さすら感じる。

でも、この作品でつかわれている毛糸は地元の人たちから集めた「いらないけれど捨てられない」ものを編み込んでいたり、ちょっとした置物にもこの地域の人の思いがあったりすることを知ると「家の記憶」という作品のタイトルの意味も実感できるし、あたたかみのようなものを感じたりする。ものの見え方ってちょっとした視点の違いでこうも変わるのかと。

松之山エリア松之山エリア松之山エリアこの作品も何度も観に来ているのだけど、やはり人が住んでいない廃屋はちょっとずつ寂れて傷んできているなと感じる。

いつかこの記憶が形としてはなくなるときが来るのだろうなと思うと、それまでにまた何度か来てみて僕の記憶に残しておこうかなって思える作品。

こういうのがあるから、アートフェスって楽しいし思い出に残るものになる。

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015

Related Post

いちはらアート×ミックス2014「あそうばらの谷」編... 2014年春に行われていた「いちはらアート×ミックス」で訪れたところ。小湊鐵道の養老渓谷駅近くに車を停めて、そこから10分くらい歩いたところにある。 ここは普段は・・・なにしているところなのだろう。恒常的に存在しているような感じがするのだが。ここにあった大巻伸嗣の「おおきな家」という作品は撮影...
六本木でやっていたスヌーピー展をみてきた... ふるいチャーリー・ブラウンの人形 2013年10月12日(土)~ 2014年1月5日(日)の期間、六本木の森アーツセンターで開催されていた、「スヌーピー展 しあわせはきみをもっと知ること」というピーナッツのコミック原画展をみてきた。 このブログがアップされる頃にはとっくに終...
上郷クローブ座での地産地消ランチ 今回の旅で予約してまで行きたかったハイライトは津南にある上郷クローブ座でのランチ。市原湖畔美術館でみた「ロマネコンティ・ピクニック」とか、食をテーマに活動しているEAT & ART TAROの作品。 古い学校の家庭科室が会場、黒板には越後妻有の風景 今回の上郷クローブ座では、地...
棚田の夜祭り(鴨川)をみてきた 会場で食べる地元の味も楽しみのひとつ 去年訪れてすごく寒かったけれど、すごく美しい風景が心に残った棚田の夜祭りを今年もみてきた(去年のイベントはこちら)。 去年は台風で順延となってしまったので11月のもう寒い時期に行われたのだけど、今年は例年通り10月末に行われた。 場所は千葉の...
2013年のベストイベント5選 2013年のふりかえり。今年もいろんなライブやイベントに行ってきたのだが、なかでも印象に残っているのは旅先でのイベント。 どれもイベントそのものの魅力もあるのだが、それに加えて、運営している人たちのホスピタリティに感動した。旅って、色んな人のホスピタリティを感じながら続けているものだと思う。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です