松之山エリア大地の芸術祭の松之山エリア編。

大地の芸術祭では最後に見てまわったところ。このエリアは僕のなかでは新しい作品ではあまり見たいと思ったものがなく、いままでみてきたものをもう一度見られればくらいの印象だった。

このエリアには大地の芸術祭の象徴的な作品であるクリスチャン・ボルタンスキーの「最後の教室」があるのだが、すでに何度もみていて、大地の芸術祭にあわせることもないかなというところ。なので今回は、やはりこれもまた有名な塩田千春の「家の記憶」という作品をみてきた。

家の記憶
家の記憶

黒い毛糸が廃屋のなかを縦横無尽に張り巡らせてあり、いまの奥には置物がある光景は、はじめてみたときは怖さすら感じる。

でも、この作品でつかわれている毛糸は地元の人たちから集めた「いらないけれど捨てられない」ものを編み込んでいたり、ちょっとした置物にもこの地域の人の思いがあったりすることを知ると「家の記憶」という作品のタイトルの意味も実感できるし、あたたかみのようなものを感じたりする。ものの見え方ってちょっとした視点の違いでこうも変わるのかと。

松之山エリア松之山エリア松之山エリアこの作品も何度も観に来ているのだけど、やはり人が住んでいない廃屋はちょっとずつ寂れて傷んできているなと感じる。

いつかこの記憶が形としてはなくなるときが来るのだろうなと思うと、それまでにまた何度か来てみて僕の記憶に残しておこうかなって思える作品。

こういうのがあるから、アートフェスって楽しいし思い出に残るものになる。

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015

Related Post

エスカダリア ド セラロンはリオデジャネイロの新名所、美しい階段は必見... ラパ広場からサンタテレーザの丘に向かってのびている階段のうち、その美しさにおいて世界的に有名になった階段がある。 「エスカダリア ド セラロン(Escadaria do Selarón)」はポルトガル語で「セラロンの階段」の意味で、チリ人アーティストのJorge Selarón(ホルヘ・セラロ...
中之条ビエンナーレ2015 – 沢渡エリア編... 暮坂峠をくだってきて沢渡にやってきた。ここでは蛇野と丸伊製材のあたりがみどころのひとつ。どちらも広い駐車場があるのでアクセスしやすいのがいい。 蛇野のエリアは2年前と比べても廃墟感がましたというか、自然に還ってきているというか、建物が緑に覆われてきていたり、足場ががたついていたり。 なに...
とんかつ つまりへの再訪、やっぱり抜群に美味しい... 前回の訪問から3ヶ月ちょっと経って再び、とんかつ つまりへ訪問。近所のお店より来ている気がするな。 店名が変わっても食事の品質に変わりはなく、豚肉の美味しさを楽しむことができる。僕としては越後妻有エリアのなかで由屋とともにおすすめしたい地元のお店。 津南産の妻有ポークを熟成させたものは、...
台北ビエンナーレをみてきた 台北市立美術館 2014年9月~2015年1月にかけて行われていた台北ビエンナーレをみてきた。 会場となっていたのは台北市立美術館で、基本的にはここでだけビエンナーレが開催されている。複数会場とかでやっていてもう少し盛り上がっているのかと思っていたが、そんな感じもなさそう。というところ...
上郷クローブ座「ことばあそびうたレストラン」でランチをしてきた... 今回の旅の目的でもある上郷クローブ座でのランチ。2015年の大地の芸術祭で食べたEAT&TAROの料理の美味しさに感動して、ちょうど予約があいているというので来てみることにした。(2015年のランチ:上郷クローブ座での地産地消ランチ) 席数が限定されているので、かならず食べたいという場...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です