松之山エリア大地の芸術祭の松之山エリア編。

大地の芸術祭では最後に見てまわったところ。このエリアは僕のなかでは新しい作品ではあまり見たいと思ったものがなく、いままでみてきたものをもう一度見られればくらいの印象だった。

このエリアには大地の芸術祭の象徴的な作品であるクリスチャン・ボルタンスキーの「最後の教室」があるのだが、すでに何度もみていて、大地の芸術祭にあわせることもないかなというところ。なので今回は、やはりこれもまた有名な塩田千春の「家の記憶」という作品をみてきた。

家の記憶
家の記憶

黒い毛糸が廃屋のなかを縦横無尽に張り巡らせてあり、いまの奥には置物がある光景は、はじめてみたときは怖さすら感じる。

でも、この作品でつかわれている毛糸は地元の人たちから集めた「いらないけれど捨てられない」ものを編み込んでいたり、ちょっとした置物にもこの地域の人の思いがあったりすることを知ると「家の記憶」という作品のタイトルの意味も実感できるし、あたたかみのようなものを感じたりする。ものの見え方ってちょっとした視点の違いでこうも変わるのかと。

松之山エリア松之山エリア松之山エリアこの作品も何度も観に来ているのだけど、やはり人が住んでいない廃屋はちょっとずつ寂れて傷んできているなと感じる。

いつかこの記憶が形としてはなくなるときが来るのだろうなと思うと、それまでにまた何度か来てみて僕の記憶に残しておこうかなって思える作品。

こういうのがあるから、アートフェスって楽しいし思い出に残るものになる。

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015

Related Post

フランクフルト現代美術館へいってみた... Sバーン Konstablerwache駅前 フランクフルトでトランジットに時間があって、どこかひとつ観てみたいと思ったときに選んだ美術館はフランクフルト現代美術館。 街中にあってアクセスしやすそうだったし、ここでしか観られないものがありそうだったから。 フランクフルト空港からだ...
5月のオクトーバーフェスト(日比谷公園編)... なんで5月にオクトーバーフェストなんだよって思ってしまうのだが、数年前の10月に日比谷公園でやっていたオクトーバーフェストは、それはそれはうら寒い夜中に人の影もまばらで寂しいものだったので、それを考えるとビールがうまい季節に屋外で飲みまくろうっていう心意気は、祭りの名前さえ気にしなければいいんじゃな...
横浜トリエンナーレ2014をみてきた 2014年11月3日まで開催されていた横浜トリエンナーレを観てきたのでその記録。 とりあえず会期終わってからこれを書いているのだけど、まあそんなくらいの距離感でよかったかなというところ。 見に行けなかったとしても後悔はないと思うし、横浜の街も別にトリエンナーレで盛り上がるって感じじゃない...
アートアクアリウム 2013 ナイトアクアリウムを観てきた... 今年も日本橋のCOREDO室町でやっているアートアクアリウムを観てきた。夏といえば涼しげな金魚なのだが、これは金魚をプロジェクションマッピングやちょっと変わったライティングなどで展示している期間限定の水族館といったところ。でも、クラブみたいで面白い。実際にDJ入れてイベントをすることもあるみたい。...
「とんかつ つまり」で妻有ポークのとんかつを食べる... 津南の物産館の隅ある僕のなかでの人気店である「とん豚」がなんとリニューアルしていた。 場所もスタッフも、食事の内容も変わってなくて店名だけが「とんかつ つまり」に変更されている。どうやら、津南ポークから妻有ポークへとブランド変更したのかな?そんな感じ。 店名かわっても、このお店の人気は変...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください