今回の旅で予約してまで行きたかったハイライトは津南にある上郷クローブ座でのランチ。市原湖畔美術館でみた「ロマネコンティ・ピクニック」とか、食をテーマに活動しているEAT & ART TAROの作品。

古い学校の家庭科室が会場、黒板には越後妻有の風景
古い学校の家庭科室が会場、黒板には越後妻有の風景

津南エリア今回の上郷クローブ座では、地元の女性達が演劇仕立てで地元の食材をつかった料理を提供してくれるということ。イメージ写真ではなんだかコメディ風なのか、みたいな感じに思えたのだが実際はもっとまじめ。

そして、地元の人たちとの話を楽しみながら食事するという感じの体験だった。「トウモロコシは朝のうちに採っておかないと、クマに食べられちゃうんです」とか。

津南エリア津南エリア津南エリア

汁物につかわれていた野菜の説明してくれている
汁物につかわれていた野菜の説明してくれている

電話で予約をしていったのだけど、行った日には満席。当日券はなかった。団体のお客さんも結構来ているみたいだ。

料理は地元の野菜をつかった郷土料理。地味だけど、手間がかかっていて食べてみるとこれが美味しい。家庭料理の味だなあって思う。

茹でただけのトウモロコシなのに、なぜこんなにも甘みがあって美味しくて、幸せに感じるのか。

そして、メインは津南ポークを塩とクローブ(クローブ座なだけに)につけて、低温調理で作ったハム。肩ロースをつかっていて肉のうまみがぎっしりしている。あまりにも感動したから家に帰ってから何度も作ってしまった。

津南エリア津南エリア

デザートは雪の下にんじん
デザートは雪の下にんじん

つけ合わせにでてきた地元の野菜をつかったラタトゥイユも「これは・・うう、うまい」と、しみじみ味わっちゃうくらいに美味しい。そして、これもメインだろうという地元産コシヒカリのおにぎり。塩にぎりなのだけど、これもまたお米の甘みをひきたてていて味の奥行きが深いなあ・・贅沢な食事だ。

地産地消って贅沢で幸せな食事だよなって改めて感じるランチだった。

津南エリア

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015

Related Post

大松庵(鶴岡市)で地元の食材をつかった鶴岡御膳ランチ... 高柳果樹園でさくらんぼの朝食、腰掛庵で食後のデザート。鶴岡の方へ車で移動する頃にはもうランチの時間。今回の旅もしっかり食べまわりの旅になっている。 今回は鶴岡から今日の宿泊地である酒田とはちょっと逆方向にある大松庵というところへ行ってみた。鶴岡にあった古民家を移築してレストランにしているのだが...
和田浦の「笑福」は隠れた名店だと思う... 千葉の南房総にある和田浦地区、ここは抜群に美しいビーチがあってときどき訪れているのだけど、まさかこんなに美味しい料理店があるとは、と改めてびっくりした。 場所は和田浦港のすぐ目の前にある。小さくて鄙びた漁港は海の色も鮮やかで美しい。そんな漁港の片隅にあるのだが、緑色の建物は漁師小屋にしか見えない。...
Bistro Star Beam(バガン)は手頃でおいしいビストロ... お店はアーナンダ寺院のすぐそば ニャウンウーの郊外、というかオールドバガンのアーナンダ寺院入り口ちかくにある雰囲気のいいレストラン。 メニューはそれほど多くないものの、ランチ、ディナーともに結構いい感じの料理が出てくる。 とくにパンが美味しいので、パンを使ったバゲットサンドなどが...
ブルックリンラガーの樽生が飲める「BROOKLYN DELI」(清澄白河)でランチ... 清澄白河あたりを散歩しようかなというときに、ちょっと食事をするのにいいところ。 カフェのような手軽さで、ちゃんとした美味しい料理を食べることができる。そして、なによりも嬉しいのはブルックリンラガーのドラフトビールが置いてあるところ。 BROOKLYN DELIへのアクセス 地下鉄の...
遊佐の岩牡蠣を食べられる!「道の駅 鳥海 ふらっと」での朝食... 前日の夜にケルンで飲んでいるとき、バーにいるお姉さんに「この時期ならば岩牡蠣が美味しい、ここら辺であれば遊佐の岩牡蠣が絶品で道の駅で食べられる」という情報をもらって、すでに朝食を食べて酒田で岩牡蠣食べたばかりだが、朝食のハシゴをするため北へ向かうことにする。 酒田市街からは国道を30分くらい北...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください