今回の旅で予約してまで行きたかったハイライトは津南にある上郷クローブ座でのランチ。市原湖畔美術館でみた「ロマネコンティ・ピクニック」とか、食をテーマに活動しているEAT & ART TAROの作品。

古い学校の家庭科室が会場、黒板には越後妻有の風景
古い学校の家庭科室が会場、黒板には越後妻有の風景

津南エリア今回の上郷クローブ座では、地元の女性達が演劇仕立てで地元の食材をつかった料理を提供してくれるということ。イメージ写真ではなんだかコメディ風なのか、みたいな感じに思えたのだが実際はもっとまじめ。

そして、地元の人たちとの話を楽しみながら食事するという感じの体験だった。「トウモロコシは朝のうちに採っておかないと、クマに食べられちゃうんです」とか。

津南エリア津南エリア津南エリア

汁物につかわれていた野菜の説明してくれている
汁物につかわれていた野菜の説明してくれている

電話で予約をしていったのだけど、行った日には満席。当日券はなかった。団体のお客さんも結構来ているみたいだ。

料理は地元の野菜をつかった郷土料理。地味だけど、手間がかかっていて食べてみるとこれが美味しい。家庭料理の味だなあって思う。

茹でただけのトウモロコシなのに、なぜこんなにも甘みがあって美味しくて、幸せに感じるのか。

そして、メインは津南ポークを塩とクローブ(クローブ座なだけに)につけて、低温調理で作ったハム。肩ロースをつかっていて肉のうまみがぎっしりしている。あまりにも感動したから家に帰ってから何度も作ってしまった。

津南エリア津南エリア

デザートは雪の下にんじん
デザートは雪の下にんじん

つけ合わせにでてきた地元の野菜をつかったラタトゥイユも「これは・・うう、うまい」と、しみじみ味わっちゃうくらいに美味しい。そして、これもメインだろうという地元産コシヒカリのおにぎり。塩にぎりなのだけど、これもまたお米の甘みをひきたてていて味の奥行きが深いなあ・・贅沢な食事だ。

地産地消って贅沢で幸せな食事だよなって改めて感じるランチだった。

津南エリア

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015

Related Post

本庄うなぎ屋 – 佐賀で食べる鰻ならここ... 佐賀で夕食に鰻を食べるとなって、友人に連れてきてもらったお店。場所は佐賀市郊外にあり、車を使わなければ来られないところなので、旅行であればレンタカーなどで来るのがいいと思う。また、飲食店にしては閉店時間が比較的早いので注意が必要。 九州で鰻といえば柳川のせいろ蒸しなのだけど、佐賀で食べる鰻のせ...
市川一茶庵 – 古民家な佇まいのお店で老舗の蕎麦を楽しむ... 東京から20キロくらい離れた郊外の住宅地である総武線の本八幡駅近くにあって、旅行で来ることもあまりない立地なのだが、全国各地にある一茶庵直系の蕎麦屋で、蕎麦職人が集っている禅味会グループの中心的な存在でもある有名店。僕の蕎麦基準では、ここの市川一茶庵の蕎麦が基準になっている。 ということで、久...
中華香彩 JASMINEのよだれ鶏ランチ 広尾にある中華料理のJASMINE、手頃な価格でランチをやっているのでおすすめ。ランチの予約はコースのみなので、行けるかどうかはご縁に近いのだが、ちょうど入れ替わりのタイミングなんかだとスムーズに入ることができる。 四川といった辛めの料理が多いのだが、そんななかでランチで食べてみてもらいたいの...
横浜オクトーバーフェスト、10月のビアフェスは寒かった... "October"って語源からたどるともともとは8月だっていうではないか。8月に野外でビアフェスティバルをやるというのであれば、それはなんだか理にかなっているような気がする。 それに、本場であるミュンヘンでも9月中旬から10月上旬にかけて開催されているイベントだという。もはやオクトーバーじゃな...
越後妻有のポチョムキンは居心地のいい公園のような場所... 2016年の夏は日本国内の小旅行をしてきていた。8月は一年ぶりに越後妻有への旅。去年は大地の芸術祭で賑わっていたけれど、それ以外の年も新しい作品はないけれど、展示を楽しむことができるのです。 まず向かったのはポチョムキンという作品。大地の芸術祭ではここもずいぶん古くからある作品。2003年とい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください