今回の旅で予約してまで行きたかったハイライトは津南にある上郷クローブ座でのランチ。市原湖畔美術館でみた「ロマネコンティ・ピクニック」とか、食をテーマに活動しているEAT & ART TAROの作品。

古い学校の家庭科室が会場、黒板には越後妻有の風景
古い学校の家庭科室が会場、黒板には越後妻有の風景

津南エリア今回の上郷クローブ座では、地元の女性達が演劇仕立てで地元の食材をつかった料理を提供してくれるということ。イメージ写真ではなんだかコメディ風なのか、みたいな感じに思えたのだが実際はもっとまじめ。

そして、地元の人たちとの話を楽しみながら食事するという感じの体験だった。「トウモロコシは朝のうちに採っておかないと、クマに食べられちゃうんです」とか。

津南エリア津南エリア津南エリア

汁物につかわれていた野菜の説明してくれている
汁物につかわれていた野菜の説明してくれている

電話で予約をしていったのだけど、行った日には満席。当日券はなかった。団体のお客さんも結構来ているみたいだ。

料理は地元の野菜をつかった郷土料理。地味だけど、手間がかかっていて食べてみるとこれが美味しい。家庭料理の味だなあって思う。

茹でただけのトウモロコシなのに、なぜこんなにも甘みがあって美味しくて、幸せに感じるのか。

そして、メインは津南ポークを塩とクローブ(クローブ座なだけに)につけて、低温調理で作ったハム。肩ロースをつかっていて肉のうまみがぎっしりしている。あまりにも感動したから家に帰ってから何度も作ってしまった。

津南エリア津南エリア

デザートは雪の下にんじん
デザートは雪の下にんじん

つけ合わせにでてきた地元の野菜をつかったラタトゥイユも「これは・・うう、うまい」と、しみじみ味わっちゃうくらいに美味しい。そして、これもメインだろうという地元産コシヒカリのおにぎり。塩にぎりなのだけど、これもまたお米の甘みをひきたてていて味の奥行きが深いなあ・・贅沢な食事だ。

地産地消って贅沢で幸せな食事だよなって改めて感じるランチだった。

津南エリア

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015

Related Post

和泉庵わかや – 銚子で食べる本格蕎麦... 千葉の銚子といえば日本屈指の漁港があって、ここまで旅行に来たならば食べるものといえば、それはもう刺身とか海鮮料理ってことになると思う。 しかし、そんななかであえてここはひとつ蕎麦を食べてみるっていうのもおすすめしたいところ。銚子リピーターならばなおさら。 「和泉庵わかや」は場所は銚子駅か...
國立台灣美術館でアートにふれる 台中の市街地にあって、ひときわ巨大な建物の国立台湾美術館。 台湾アートの中心地であり、なにより驚いたのは入場料が無料であるということ。日本なんて、安くはあるけれど無料なことなんて、特別な日以外にはあり得ないよな。。 アートがもっている影響力を認識していて、それを重要なことだと思っているか...
ラマ島に来たらシーフードを食べるのは必須です – 天虹海鮮酒家... ラマ島に来た目的のひとつは美味しい海鮮料理を食べること。香港で海鮮料理といえば、有名どころなのは他にもいくつかあるけれど、ここラマ島のレストランはのどかな漁港の風景を眺めながら食べるっていう雰囲気含めていいところだった。 ラマ島ってどこだよ!って話しはまた後日。 天虹海鮮酒家 ...
福魚食堂 – 地元感、鮮度抜群の福岡で食べるおすすめ朝食... ジェットスターの早朝便で成田からやってくると、福岡の町中には9時くらいに到着することになる。これって、なんだか東京から福岡までその気になれば通勤できるんじゃないかと妄想してしまう。 それはさておいて、福岡まで来たならば朝食は長浜の市場で食べるのをおすすめしたい。 福岡市の中心部からはやや離れ...
佐賀の「花たろう」で佐賀的な地産地消を楽しむ... 佐賀の地元の人に連れて行ってもらったお店。今回で2回目なのだけど、豪華な食事といえばここっていう感じ。日本酒の種類も豊富だし、なにより佐賀の新鮮な魚を食べることができる。 食べログには全然クチコミないのだが、隠れた名店で、できればそのままにしておきたい存在であるけれど、あまりに美味しかったので...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です