石窯パン NAOZO紅葉シーズンに日帰りでちょこっと那須に行ってきた。小旅行というより本当の散歩みたい。あいにくの天気で紅葉は車のなかから見ているだけだったのだが、まさに錦繍の美しさだった。

那須ICのあたりはだいたい混んでいるので、手前の黒磯板室で高速を降りることが多い。

そして、向かうのは那須の中心街から西に離れたところにあるNAOZOのパン屋。

オープンしてすぐの頃に来て、最初みたときはこのエリアのカフェの名店であるSHOZOの関係性にあやかってるのか?とか穿った見方をしていたのだが、パンを食べてみて全然そんなことなく真摯にいいものを作っていることを知る。

アトリエみたいなお店の雰囲気や、入ってすぐに薪のオーブンがあるところなんかも、すごく暖かみのあるパン屋さんだなって思う。

食パンが人気で予約が必須だということだけど、僕は定番のパン・ド・カンパーニュが大好き。素朴でしっかりしたパンは安心する。

それ以外にもマフィンとかもいろいろあり、店内には小さいながらもイート・インスペースがあるのでコーヒーと一緒に楽しむこともできる。ちょっとオフシーズンにのんびりするのが僕としては好きなところ。

行ったときにはお店に柚子が大量においてあり「ご自由にお持ち帰りください」ってあったので、いくつか持って帰って早めの柚子風呂を楽しんでみた。

このパン屋さんは、たとえばそうだな、富ヶ谷のルヴァンが好きであれば那須までこのパンを買いに旅してもいいくらいだと思う。僕にとっては大事でおすすめのところ。

NAOZO
住所:栃木県那須塩原市西岩崎232-454
時間:9:00-18:00
休み:木曜日

Related Post

お土産だけじゃない、フラノマルシェの魅力について... 札幌から富良野までやってきて、そこから美瑛まであと少しのところ。唯我独尊でランチを食べて国道へ戻るところにショッピングモールみたいなものがあり、それがフラノマルシェというところだった。少し離れたところに二カ所あって、僕が訪れたのはオリジナル?の方みたい。 地産地消というか、富良野の特産物をあつ...
Elephant Factory Coffeeは裏通りにある隠れ家カフェ... 村上春樹の小説のタイトルから名付けられた京都のカフェ。ちょっとびっくりするような路地裏にあって、地元の友達と行っても「こんなところにカフェあるなんて知らなかった」というくらいのところ。 でも、雰囲気がよくて僕は好きなところだな。なにしろコーヒーが美味しい。 Elephant Factory ...
いちはらアート×ミックス2014「山登里食堂」編... いちはらアートミックスの開催期間中だけオープンしていた山登里食堂(やまどりしょくどう)に行ってきた。地産地消なラインナップで、地元の人も訪れていたみたいだし、通期でやってもらいたいなと思うくらいだった。 立地的にはかなり不便で古い食堂を居抜きで再活用している。入口にはテラスがあって大根がびっし...
2013年のベスト カフェ8選 普段の生活でも旅先でも、ちょっとした時間の隙間を埋めてくれるのはカフェの存在だと思っている。そこでは居心地がなにより重要で、2013年に僕が訪れたカフェのなかでもっとも印象に残った厳選8店を以下にまとめておくことにする。 今回のリストでは台北のカフェが半分を占めたのだけど、台北カフェのレベルの...
池袋の穴場、COFFEE VALLEYでスペシャリティコーヒーを楽しむ... 池袋というと、山手線圏内のなかでも治安が悪い方で、騒がしくてチェーン系のお店が多いという印象がある。 東口からサンシャインの方に歩いて行くとその印象は間違ってないなと思えるのだが、そこから少し路地に入ったところにあるCOFFEE VALLEY は落ち着いた一軒家のカフェでまわりの喧噪とは異なり...

Feature

Summary
Review Date
Reviewed Item
NAOZO
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください