石窯パン NAOZO紅葉シーズンに日帰りでちょこっと那須に行ってきた。小旅行というより本当の散歩みたい。あいにくの天気で紅葉は車のなかから見ているだけだったのだが、まさに錦繍の美しさだった。

那須ICのあたりはだいたい混んでいるので、手前の黒磯板室で高速を降りることが多い。

そして、向かうのは那須の中心街から西に離れたところにあるNAOZOのパン屋。

オープンしてすぐの頃に来て、最初みたときはこのエリアのカフェの名店であるSHOZOの関係性にあやかってるのか?とか穿った見方をしていたのだが、パンを食べてみて全然そんなことなく真摯にいいものを作っていることを知る。

アトリエみたいなお店の雰囲気や、入ってすぐに薪のオーブンがあるところなんかも、すごく暖かみのあるパン屋さんだなって思う。

食パンが人気で予約が必須だということだけど、僕は定番のパン・ド・カンパーニュが大好き。素朴でしっかりしたパンは安心する。

それ以外にもマフィンとかもいろいろあり、店内には小さいながらもイート・インスペースがあるのでコーヒーと一緒に楽しむこともできる。ちょっとオフシーズンにのんびりするのが僕としては好きなところ。

行ったときにはお店に柚子が大量においてあり「ご自由にお持ち帰りください」ってあったので、いくつか持って帰って早めの柚子風呂を楽しんでみた。

このパン屋さんは、たとえばそうだな、富ヶ谷のルヴァンが好きであれば那須までこのパンを買いに旅してもいいくらいだと思う。僕にとっては大事でおすすめのところ。

NAOZO
住所:栃木県那須塩原市西岩崎232-454
時間:9:00-18:00
休み:木曜日

Summary
Review Date
Reviewed Item
NAOZO
Author Rating
51star1star1star1star1star

Related Post

VVG Something 好様本事 – 独特の世界観がある美しい書店... たいたた旅行をする目的って色々あると思う。そのなかでよく(まあ、あれだテレビとか雑誌のインタビューとかで)いわれているのは「世界遺産を巡る旅」だったりするのだけれど、あれってもはやスタンプラリーみたいだし、日本でいうところ「グッドデザイン賞」みたいな存在なんじゃないか?と思ってしまう。旅の目的にする...
Cupping RoomのNitro Coffeeは全く新しい飲物である... PMQからほど近いところにあるカフェ。コーヒーが美味しくて有名なところで15:00過ぎにいったら店内は満席だった。 香港といえば、例えば美都餐室みたいな、出てきた時点でミルク入っているインスタントコーヒー、みたいなイメージだったのだけどすっかり変わったようだ。 ここでのおすすめは...
京都っぽいカフェだなって思う「丁の字 CAFE」... 一保堂茶舗からほど近いところにあって、ランチがてらに立ち寄ってみたカフェ。ちょうどランチのピークタイムが終わったばかりみたいでお客さんがおらず、貸し切り状態でゆっくりできた。 場所は二条木屋町になるのだけど、この辺は住宅街みたいで落ち着いた雰囲気。一保堂茶舗からはほんの数分のところ。 一...
方寸之間はカフェとして居心地のいい空間... 高雄で出発前に時間を過ごしたのは方寸之間という日本風なカフェ。現代的なインテリアで台湾らしさみたいなのはあまり感じないけれど、中国茶のバリエーションは豊富でそういうところで台湾を感じる。 朝は9時から営業しているので、朝食後にのんびりとした時間を過ごすのもいいし、ここで朝食を食べるのも美味しそ...
鳳冰果舖はいま一番台南でおすすめしたいフルーツ専門カフェ... いま台南でどこのエリアに興味があるかといえば新美街のエリアで、そのなかでも一番好きなのは鳳冰果舖というフルーツ専門のカフェ。ここで美味しい果物たちに出会ってからというもの、すっかり果物好きになった僕は日本でも美味しい果物屋さんを巡るようになってしまった。それくらい僕のライフスタイルにインパクトがあっ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください