2年ぶりくらいに、ひさびさに黒磯市内の方のCafe Shozoへ行ってきた。すごく好きな場所なのだけど、行くタイミングって結構重要だなと思っているところ。

黒磯の街自体はどうってことのない地方都市なのだが、このカフェがある通り数百メートルはちょっと違う世界観がある通りになっている(さらにその合間には、さらに面白いというか時空のゆがみみたいにレトロなお店があったりする)。

駐車場はCAFE SHOZOから東へ少し行ったところにまとめてある。小さいながらも看板が出ている。月極駐車場に混在しているので確認してから車をとめること。

Cafe Shozoはいつも賑わっていて、ピークタイムにはお店の外で待つことになるけれど、周辺にも魅力的なお店があるので、そのあたりをハシゴしながら見ているだけで時間が過ぎていく。

好きなのはカフェの斜め向かいにあるショップと、少し離れたところにある家具屋さん。どちらも統一された「レトロで暖かい」という世界観で出来ていて、これが好きであれば居心地のよいお店。そういえば、このお店で見かけて買ったものって結構あるよなって思う。

カフェはアパートの二階をリノベーションして作られている。この世界が始まった場所であり、店員さんの接客も含めてすごく素敵。店内は写真撮影禁止なのだけど、これって記念撮影しまくったり、フラッシュばしばしやられて、お店の静かな雰囲気が壊されちゃうのが嫌なんだろうなって思う。

カフェのメニューは那須の山の上の方にあるところと一緒なので、どちらに行ってもいいんじゃないかと。しかし、こちらの方は人の距離感とかも含めて大事なカフェだなって思っている。

1988 CAFE SHOZO
住所:栃木県那須塩原市高砂町6-6
時間:12:00~20:00
休み:第1金曜日

Related Post

salo cafe(サロカフェ) – 新宿での喧噪を逃れた癒やしカフェ... フィンランド語で「深い森」を意味する「salo(サロ)」の名前がついたカフェ。騒がしい新宿の街のなかにこんなところあるんだっていうくらいゆったりした雰囲気のカフェで気に入っている。 森や木をコンセプトにしていて、店内はアンティークな感じの家具とかで統一されていてヨーロッパのカフェっぽい印象もあ...
カカオ豆からシンプルにチョコレートを作る、蔵前の「ダンデライオン・チョコレート」が楽しい... 蔵前にあるDANDELION CHOCOLATEへ行ってきた。ここは、シングルオリジンのカカオ豆からチョコレートを作っているとか、古い倉庫をリノベーションした開放感あるお店の雰囲気とか、ブルーボトルコーヒーのチョコレート版みたいな感じがある。 と思ったら、ダンデライオン・チョコレートもブルーボ...
蘑菇 Booday – ナチュラルテイストの雑貨&アパレルショップ... 台湾のデザイナー集団MOGUが作った雑貨店で、帆布を利用した雑貨から藍染めのTシャツなど、ナチュラルテイストなラインナップのお店になっています。 場所は中山の駅から徒歩数分の立地。この辺はカフェもふくめて結構いい感じのお店が多くて一度でまわるにはもったいないエリアなのだが、蘑菇 Boodayは...
壁に描かれた絵が楽しい店内「SUNSHINE STATE ESPRESSO」ではフラットホワイトが美... 「この街はいったいどうしたんだ」と言いたくなるくらい、美味しいコーヒーの店が集まってきている蔵前エリア。夏場には昼間からすててこ姿のおじさんがうろついている風景はあまり変わっていないのだが、そんななかに妙に馴染むカフェができてきている。 蔵前から隅田川を渡ったところにあるSUNSHINE ST...
カフェ コチ – 老舗の京都カフェは居心地も最高によい... 京都で古くからあるカフェのひとつで、昔からスタイルを変えることなくやっている。 ちょっと外れたところにあるのに結構混んでいて、ハイシーズンはほぼ入れない。でも、ここで長居したくなる気持ちはよく分かる。昼も夜もそれぞれに気持ちがいいカフェだと思う。 アクセス 富小路通と姉小路通の交差...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.