2年ぶりくらいに、ひさびさに黒磯市内の方のCafe Shozoへ行ってきた。すごく好きな場所なのだけど、行くタイミングって結構重要だなと思っているところ。

黒磯の街自体はどうってことのない地方都市なのだが、このカフェがある通り数百メートルはちょっと違う世界観がある通りになっている(さらにその合間には、さらに面白いというか時空のゆがみみたいにレトロなお店があったりする)。

駐車場はCAFE SHOZOから東へ少し行ったところにまとめてある。小さいながらも看板が出ている。月極駐車場に混在しているので確認してから車をとめること。

Cafe Shozoはいつも賑わっていて、ピークタイムにはお店の外で待つことになるけれど、周辺にも魅力的なお店があるので、そのあたりをハシゴしながら見ているだけで時間が過ぎていく。

好きなのはカフェの斜め向かいにあるショップと、少し離れたところにある家具屋さん。どちらも統一された「レトロで暖かい」という世界観で出来ていて、これが好きであれば居心地のよいお店。そういえば、このお店で見かけて買ったものって結構あるよなって思う。

カフェはアパートの二階をリノベーションして作られている。この世界が始まった場所であり、店員さんの接客も含めてすごく素敵。店内は写真撮影禁止なのだけど、これって記念撮影しまくったり、フラッシュばしばしやられて、お店の静かな雰囲気が壊されちゃうのが嫌なんだろうなって思う。

カフェのメニューは那須の山の上の方にあるところと一緒なので、どちらに行ってもいいんじゃないかと。しかし、こちらの方は人の距離感とかも含めて大事なカフェだなって思っている。

1988 CAFE SHOZO
住所:栃木県那須塩原市高砂町6-6
時間:12:00~20:00
休み:第1金曜日

Related Post

蘑菇 Booday – ナチュラルテイストの雑貨&アパレルショップ... 台湾のデザイナー集団MOGUが作った雑貨店で、帆布を利用した雑貨から藍染めのTシャツなど、ナチュラルテイストなラインナップのお店になっています。 場所は中山の駅から徒歩数分の立地。この辺はカフェもふくめて結構いい感じのお店が多くて一度でまわるにはもったいないエリアなのだが、蘑菇 Boodayは...
清澄白河の古いアパートがおしゃれなカフェに!「fukadaso CAFE」でのんびりとした時間を過ご... 大手町まで地下鉄で10分で行けるところにこんな静かな街があったのかと思ってしまう清澄白河の雰囲気。ここが深川と呼ばれていた江戸から戦前にかけての空気感みたいなのが残っていて、ここだけ穏やかな空気が残っている感じがする。フカダソウカフェはそんななかで、古いアパート兼倉庫だった建物をリノベーションしてカ...
恋する豚研究所でランチを食べる 前回に訪れたときはそのネーミングの強烈さに驚いた「恋する豚研究所」。 成田空港の近くにあって意外な穴場なのだが、最近は近くの道の駅や高速道路のサービスエリアでも、商品をみかけるようになってきてちょっと嬉しい。 ひさびさに、そして今回こそはランチを食べてみることにした。前に来たときよりも確...
【閉店】カフェとアンティークショップが融合した「Love Lovely 美好生活古董行」... 店内のあちこちに骨董品のような雑貨が飾られていて、ヨーロッパの蚤の市のようなカフェ。おしゃれで面白い。でも、東京にもよくある雰囲気といえばそうなる。違いといえば、店員さんがメイドさんの格好をしているくらいかな。 女子うけするだろうなあ・・というエントランスから入ると代官山とかにあるよう...
春水堂 代官山店 – 本場のタピオカミルクティーを味わえる... 台湾で開発されたタピオカミルクティーの発祥のお店「春水堂」(チュンシュイタン) が日本に上陸したということでちょっと行ってきた。ランチタイム後に行ったこともあるのだが、店内はいっぱいであまり時間もなかったのでテイクアウトですませる。 場所は代官山駅から徒歩20秒くらいと近いのだけど、坂の下にあ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください