僕があちこち行くカフェと呼ばれるもののなかで、世界でもっとも好きな場所のひとつ。すごいなにかがあるってことじゃないけれど、あえていえば、いつの間にか時間経っているすごいところという感じ。

那須から山の方へ向かう一本道のロードサイドにあるのだけれど、まわりを美しい林に囲まれている静かなロケーション。季節のいいときにはテラス席がおすすめだけど、隣と充分に離れたゆったりとした店内で過ごすのもまた楽しい。

店内には、古い洋書や写真集のほかに、TRANSITのバックナンバーなどもあるので、ぱらぱらとめくったり、買いそびれたのを読みふけったり。

スイーツとかコーヒーのメニューは黒磯の本店と同じ。コーヒーだけを飲むのもいいけれど、ケーキとセットがおすすめだし、なんならスコーンもつけたいところ。ここのスコーンは本当に美味しい。

店内の写真がないのは撮影禁止だからで、まあ撮ってても咎められることはなさそうだが(実際結構写真撮っている人いるし)、こういうところでは、写真撮ってブログに載せるだけ無粋なことかなとも思う。

なので、外観の写真だけ。訪れたときは店内で過ごしたのだけど、あっという間に時間が過ぎてしまったのはカフェの空間のせいなのか。僕としてはとっておきの場所を書いてしまった気もするのだが、まあ有名なところなので、定番としておすすめ。

NASU SHOZO CAFENASU SHOZO CAFE
住所:栃木県那須郡那須町高久乙2730-25
時間:10:00-18:30(12-2月は17:30まで)
休み:不定休

Related Post

Chang Innでの朝食はルアンパバンでおすすめ... ルアンパバンでの朝食でこんな優雅な時間が過ごせるとはってびっくりした。ラオスでとれたコーヒー豆を使ってサイフォンコーヒーを淹れて飲むとか、なんだか時間がゆったり流れていてこの町らしいなあって思う。 そしてサイフォンコーヒーの機材は日本製だった、なかなか手に入らないらしくすごく丁寧に取り扱われて...
CAFE DE ROPE GINZA(カフェ ド ロペ銀座)のバタートーストは懐かしく新しい... THE PARK・ING GINZAと同時にオープンした地下にあるカフェ。1970年代に表参道にあったオープンカフェがもともとのイメージらしいのだが、そのときのことは知らない。 でも、地下にあるのに妙に開放的な感じはおもしろい。透明のアクリル板みたいなもので仕切られているのだが、お店の奥には使...
一保堂茶舗と喫茶室嘉木 煙草以外の合法的な嗜好品にはめっぽう弱い僕なのです。 ということで、嗜好品としての歴史も古いお茶について。台湾のお茶も好きだけれど、日本茶も大好き。 いままでは一保堂のほうじ茶を飲んでいましたが、このお店に併設されている喫茶室嘉木で緑茶のすごさを実感してからは好みが変化した。なにがすごい...
中山路99(Novantanove)はひと息休める涼しいカフェ... LCCで荷物も少ない旅、台南駅から今回の宿がある正興街までは歩いて行くことにする。しかし、3月に来たときと比べて5月下旬の台南は梅雨が始まるところで蒸し暑さがましている。 中山路を歩いていて、まだホテルにもたどり着いていないけれど、途中にあったカフェひと休みすることにする。中山路99という住所...
壁に描かれた絵が楽しい店内「SUNSHINE STATE ESPRESSO」ではフラットホワイトが美... 「この街はいったいどうしたんだ」と言いたくなるくらい、美味しいコーヒーの店が集まってきている蔵前エリア。夏場には昼間からすててこ姿のおじさんがうろついている風景はあまり変わっていないのだが、そんななかに妙に馴染むカフェができてきている。 蔵前から隅田川を渡ったところにあるSUNSHINE ST...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください