今年も信濃大町の北アルプス三蔵呑み歩きに行く信州の旅。例によってサイトウキネンフェスティバルのチケットはもはやとることができず。すごくいいイベントだと思うのだけど、もはやいいかな・・とも思い始めているところ。

信濃大町へ行く道の途中、ちょっと松本に立ち寄って散歩をしてみる。通りの両側に蔵が並んでいる中町通の商店街で気になっていたお店で買いもの。通りでひときわ目立つ古い建物のひとつが伊原漆器専門店。

伊原漆器専門店
伊原漆器専門店

伊原漆器専門店木製の扉は立派で、みるからに敷居の高そうなお店なのだが、なかに入ってみるとそんなことなくて、手頃なものから人間国宝が作った値段のつけられなさそうなものまで色んな漆器がそろっている。

手頃なものをそろえてもいいのだけれど、丼を新しくしたいなと思っていたので、ちゃんとしたものを買おうかとあれこれチェック。

地元ならではで木曽漆器が豊富にそろっていて、なかでも気になったのは丼の底に布をあてて作られている布目の漆器。風合いも素敵で、使って行くうちに段々と色味が変わっていくのを楽しめるのは自然なものならではなだなって思う。

木曽漆器の丼
木曽漆器の丼

ということで、ちょっと高かったけれど、ひとつ購入してみた。自分で所有できるものって限りがあるし、好きなものを選んでそろえていくのがいいなと思っている。今回この漆器で、これからの生活が楽しみなものが増えた感じがする。

伊原漆器専門店
住所:松本市中央2-10-16
時間:9:30-18:30
休み:水曜日

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です