排骨とは、豚などのスペアリブで、排骨料理とは豚バラ肉を揚げたものなのだが、ここ東一で食べる排骨料理はカツレツという感じで薄くのばした豚バラの揚げ物だった。これがビールにあってうまい。ごはん付きの排骨飯セットで数百円というところでビールをつけても1000円いかないという割安感。

お店の場所は西門の外れというか、西門からみると東側にあるエリア。MRTの駅からだと数分くらい。裏通りに面していて、お店の入口がちょっと奥まっているのだけど、それほど見つけづらいということもないとは思う。注意していけば問題なし。

店内はちょっと不思議な感じ。古いデパートのフードコートのようでもあるが、ところどころに思い出したように骨董品などが飾られていたりする。結構広いので、すごく混雑しても並ぶほどじゃないのかなあ・・とも思う。

朝イチで行くと、結構待たされることがあるのでご注意を。

東一排骨

台北市中正區北平西路3號2樓

保存

Related Post

長崎のランチは江山楼のちゃんぽんで決まり... 旅に出ればそこはもう一食入魂の世界。そう、おいしいものを食べるというのは旅を続ける大きなモチベーションとなっているのです。 ということで、長崎に来たのならば食べたいものは「長崎ちゃんぽん」。由来だとか語源だとかそういう学術的な話はWikipediaでもみておけばいいとして、なにはともあれ、長崎...
ウドンタニのクン ニット レストランで本場のイサーン料理を楽しむ... ウドンタニといえば、チェンマイからラオスにかけての東北タイ料理であるイサーン料理の本場の街。なかでも、有名店のひとつであるクン ニット レストランに行ってみた。 ウドンタニの市街地からは少し離れているので、トゥクトゥクで向かうことにする。 なお、レストランからの帰りはタクシーを呼んでもら...
チェンマイの朝市とお粥屋台での朝食... 今回泊まっているタニータハウスの朝食はおいしいのだが、ちょっと飽きたのでピン川をはさんで反対側にあるワロロット市場(Waroros Market)へ行って朝食を食べつつお土産物を探してきた。 この市場の歴史は古くて、だいたいはチェンマイで市場というと、こちらのワロロットということでいいんじゃな...
すずらんのラーメンは値段以上の価値がある... 恵比寿新聞ですこし大げさなんじゃないか?と思えるくらいの記事をみかけて、でもやはり美味しそう・・という誘惑に駆られて訪れたところ。(恵比寿新聞:全て手作り!素材に対する愛が究極すぎる恵比寿に引っ越ししてきたらーめん「すずらん」) 写真も説明も恵比寿新聞の方がしっかりしているので、そちらをごらん...
五反田の「おにやんま」でシメのうどん... 最近はお酒のんだあとにラーメンとかいっても、なんだか翌日ツラいとか思ってしまう。 ラーメンって暴力的な食べ物だよなっていう気持ちがある。しかし、飲んだあとには、ときとして「このままじゃ帰れない」みたいな気持ちになるときがある(ここでさっさと帰っていればダイエットも成功するのだが)。 で、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください