排骨とは、豚などのスペアリブで、排骨料理とは豚バラ肉を揚げたものなのだが、ここ東一で食べる排骨料理はカツレツという感じで薄くのばした豚バラの揚げ物だった。これがビールにあってうまい。ごはん付きの排骨飯セットで数百円というところでビールをつけても1000円いかないという割安感。

お店の場所は西門の外れというか、西門からみると東側にあるエリア。MRTの駅からだと数分くらい。裏通りに面していて、お店の入口がちょっと奥まっているのだけど、それほど見つけづらいということもないとは思う。注意していけば問題なし。

店内はちょっと不思議な感じ。古いデパートのフードコートのようでもあるが、ところどころに思い出したように骨董品などが飾られていたりする。結構広いので、すごく混雑しても並ぶほどじゃないのかなあ・・とも思う。

朝イチで行くと、結構待たされることがあるのでご注意を。

東一排骨

台北市中正區北平西路3號2樓

保存

Related Post

恋する豚研究所でランチを食べる 前回に訪れたときはそのネーミングの強烈さに驚いた「恋する豚研究所」。 成田空港の近くにあって意外な穴場なのだが、最近は近くの道の駅や高速道路のサービスエリアでも、商品をみかけるようになってきてちょっと嬉しい。 ひさびさに、そして今回こそはランチを食べてみることにした。前に来たときよりも確...
恵比寿の「しお貫」で食べる塩ラーメンは懐かしい味がする... 恵比寿界隈のラーメンを食べ歩いている。どこも特徴があるところばかりでラーメンの世界観の奥深さを感じるのだが、そんななかでシンプルで定番的な塩ラーメンを出しているのが函館ラーメンの「しお貫」というお店。 恵比寿で塩ラーメンといえばAFURIが有名だし、そっちの方が駅に近いし、僕としては美味しい塩...
「あらきそば」で味わう極太な田舎蕎麦... 山形の蕎麦といえば、大きな木の箱に入った板蕎麦という一風変わった田舎蕎麦が有名で、都内でもたとえば恵比寿の「間人」とか食べられるところが何軒かあって結構おいしくて、今回はじめて本場の板蕎麦を食べてきた。 行ってみたのは最上川蕎麦街道の終着点である十四番点店「あらきそば」。結構有名なところみたい...
築地で朝からホルモンでお酒を飲みたくなる。「きつねや」でホルモン丼。... いまでは築地場外は世界的に有名な東京の観光地になっていて、表通りは時間によっては歩くのもままならないくらい。で、表通りで営業している「きつねや」はそのなかの人気店で昔ながらの頑固なスタイルをまもっているお店。仲良くなればいいお店、空気読まないと厳しく扱われるお店。そんな感じ。 クチコミなんかを...
台北でおすすめの場所、Paper St. Coffee Companyでコーヒー飲んでひとやすみ... 7月の台北はもう真夏の暑さ。迪化街のASW Tea Houseでクラフトビール飲んだり、台湾の紅茶を飲んだりしていたのだけど、崋山1914のあたりを散歩していたらすっかり暑さにやられてしまった。 ということで、ランチタイムまでの時間をつぶす休憩にPaper St. Coffee Company...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください