なんだかちょっと山小屋っぽいエントランス。
なんだかちょっと山小屋っぽいエントランス。

去年も泊まった信濃大町の宿。去年はニュー竹乃家みたいな宿の名前だったのだが、今年来たら竹乃家になっていた。

なんかウェブサイトの更新情報につく「NEW!」のマークみたいだな。

似たような宿は信濃大町の駅の裏側に数軒並んでいるのだけど、どれも似たような雰囲気。どこ泊まっても同じだろってことで今年も竹乃家。これってどういうジャンルなんだろうって思っていたのだが、駅前旅館の派生形みたいなものなのだろうな、きっと。長期滞在されている方もいるっぽいし。

なので、チェーン系のビジネスホテルにはないおもしろさみたいなものがある。なんていうか、うまく説明できないのだが、距離感がゆるいなと。でも、こういうのって嫌いではない。

僕としては、呑み歩きで来なければ選ばないだろうなっていう宿なのだが、呑み歩きであれば、こういう宿が一番ラクでいいんじゃないかと思う。

竹乃家竹乃家
住所:長野県大町市大町仁科町3059

Related Post

信濃大町の食堂園は信州牛の焼肉が美味しい... 「北アルプス 三蔵呑み歩き」のイベントが終わって、結構酔っ払っていたけれど夕食を食べることにする。 信濃大町での夕食はいままで、「わちがい」の地産地消な食事や、「昭和軒」のソースカツ丼とかを食べてきたけれど、わちがいは閉店時間が早くて、昭和軒のソースカツ丼はこの前の会津旅でソースカツ丼食べたし...
シンプルな素泊まり宿「那須湯本温泉 遊季荘」に宿泊... 今回の尾瀬への旅では尾瀬をハイキングしたあと日帰りで戻るのはきついと思ったので那須あたりに泊まってみる予定でいた。ということで、那須湯本温泉というところにある宿に泊まってみることにしたのだが、那須って高原リゾートではあるけれど、この湯本温泉はあまり那須らしさはなくて、田舎の寂れた温泉地という感じだっ...
秋の信州、サイトウ・キネン・フェスティバルと北アルプス三蔵呑み歩き... この夏、僕にとってはフジロックにも行かず、サマソニにも参戦せず、サイトウキネンにフォーカスを絞ってチケットを確保していた。 小澤征爾と大西順子の共演は、僕にとってCUREやミスチルよりも大事な欠かせないものだったのである。ということでチケットを握りしめて松本へ。 途中で、東山魁夷の作品で...
「豚のさんぽ」でシメのラーメン 食堂園での焼肉がいまいち腑に落ちない結果となり、なんとなく足が向かったのがこちら。 結論としては信濃大町でこのお店だけが行列になっている理由がなんとなくわかった気がする。おそらくは、もっとも手頃でもっともまともなのだろう。 信濃大町駅のすぐ目の前にあるお店で、ラーメン店となっているけれど...
「旅館 叶家」 信濃大町温泉にあるちょっと不思議な老舗旅館... 信濃大町で開催された「北アルプス 三蔵呑み歩き2013」へ参加するときに泊まった宿。イベントは信濃大町の駅周辺で行われていて、こちらの旅館叶家はそこから車で20分くらいいった大町温泉にある。 移動はバスがあるのだが、宿からバス停まで徒歩7~8分かかるのと本数が少ないため、今回はタクシーで移動。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください